雨の中で10km

雨の中で10km

ヴァカンス後半のL’île d’Yeu。
後半戦からあまりお天気が良くなくなっちゃって前半のあの暑さはどこへやら、いきなり20度前後の気温になっちまいました。こんなお天気でビーチで泳ぐのはちょっとねということで、雨が上がったところでお散歩へ行ってみようとお出かけ。
別荘からてくてくと歩いてしばらくすると菜園が


小雨の中で家族が収穫中。
結構な広さの菜園、というよりは畑ざんすね。フランス語ではla cueilletteと言うんですがこういうのが島にいくつかにあるらしい。
採れた野菜はどうするのかとあたりを見回しても誰かが見張ってるわけもなく、こんなんだとそのまま持って帰っちゃう人とかいるんじゃないの?と思ってたら、木がこんもりしてる場所があって入っていくと


お店開いてました。
Carpe Diem – その日を摘み取れ(転じて今を生きる) – ですって。シャレたネーミングざんすね。
奥を見るとのっそりとしたオッサンが古びたソファにどっかと座り込んでおりましたが、仕事する気全然なさそうなんだな、これが。質問されても立ち上がることもなく商売っ気全くなし。カゴの中の野菜には値段が付いてないんで一体いくらなんだろうかと思いつつ、オッサンのあまりの愛想の無さに聞く気が起きなかったんだけど、ふと小耳に挟んだ会話でイチゴが100グラム3ユーロ?とか言ってたんで、こりゃスーパーより高いんじゃないの?と。家族総出でいんげん豆を収穫してた人がいたんだけどでっかいカゴにてんこ盛りに採ってたのは一体いくらしたんだろうか。お支払いでビックリ仰天なんてことにならなきゃ良いんですがね・・・。
さて、この菜園で雨がどば〜っと降ってきたんで大木の下で雨宿りをして、雨がやんだら今度はPP姪っ子のLauraの乗馬のレッスンを予約しにポニークラブへ立ち寄り。そしてここから本格的に海の方へ向かってお散歩開始。
ワタクシたちが目指したのはLes Conches方面。
plage de la Petite Concheは最初に行ったビーチね

まずはplage du Marais Saléに到着


お天気悪いとビーチも全然違う感じになるのね。
お天気の良いときのビーチはこんな感じ

ここから小道を海沿いに歩く歩く


この辺の雰囲気はホントに南仏っぽい。
入り江もちょっとソヴァージュな


流石にこのお天気だと泳いでる人はいないざんすね。
海岸沿いは気持ち良いんでガンガン歩けちゃうんですけども、これが結構な距離歩いてるのだ。
このまま小道を行っても良かったんだけど、若干アップダウンが出てきたんでこのままビーチを歩いて行くことに


長靴履いてきたんで濡れても平気さ。
ワタクシたち全員雨合羽というかフード付きジャケットを着込んで来たんで雨が降ってもノープロブレム。
ビーチでは泳いでる人はいなかったけど、釣り人が遠くに


かなり長い釣り竿で釣りをしております。
Elisabethが釣り人のおじさんに聞いてみたところ、岸から120mくらいの糸を飛ばしてるんだそうな。ふ〜んと感心するんだけど120mもどうやって投げるんだろう。おじさん、力あるのね。サバやら何やらがガッツリ連れたらしい。もしかしたら名物のマグロの一本釣りができるのかもしれぬ。
そろそろ帰ろうか〜ということでビーチを離れて別荘をめざして行けばまたまた雨に振られて雨宿り。
雨がやんで後ろを振り返ったら


レインボー🌈
可愛いお家も右左


volet(雨戸)のひまわり色が眩しいわ。
お家に戻ったらでっかい虹がお出迎え


キレイ〜💕
いや〜それにしても歩いた歩いた。どんだけ歩いたのってこんだけよ


この地図じゃあんまり正確じゃないんだけど大体10km近く歩いた感じ(黒いライン)。
こんだけ歩くのって都会じゃなかなかできないんで自然を満喫しながら歩いたワタクシ達ざんす。

ランキングに参加しています!皆さんの愛あるポチをよろしくお願いいたしますね💖
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらも↓ポチッとヨロシク💖
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

読者登録もお願いいたしますね💖
ブリュッセル。超私的なブリュッセル・ベルギー案内 - にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です