Aux Gaufres de Bruxelles

ベルギーのスイーツといえばゴーフル。しかし、ここではゴーフルっていうのは屋台で回ってくるバンで買うのがお約束。美味しいゴーフルが食べたけりゃ家で作るでしょ、ってのがベルギー人。だからおいしいゴーフル屋さんを見つけるのはなかなか難しいのである。Seanとゴーフル食べに行こうかということになり色々と探してみてもゴーフルの専門店はしょせん観光客用、超観光地のGrand Placeにしかなさそうだ・・・。と言う訳でブリュッセル在住17年目にして初めてAux Gaufres de Bruxellesへ行ってみました。というかですね、このお店に限らずわざわざゴーフル食べに専門店に行く、または立ち寄るなんてことをしたことがないわけでして。(いかに甘いもの食べないかって言う証明ですね)
ブリュッセルで観光するならそれこそここしかないんじゃないかって言うくらいの超観光スポットのGrand Placeだけにそれはもうスゴイ観光客がいるだろうと予想していたら案の定。しかし、観光客だから車で来る人たちは少ないのか近所のいつも停める駐車場はそれほど混んでなかった。
本当に駐車場のすぐ近くなんだけど、最初店舗の姿を見た時、あまりの俗っぽさに「いや、これじゃないよね〜」とどこだどこだと探して裏の路地の方まで行っちゃったけど、地図を下見しといたころでは、どう考えてもさっきの俗の権化のような店舗がそうじゃないかと言うことで引き返す。いや、そのくらい俗っぽかったの


これなんですけどね。でも良くみれば店名がでかでかと書いてあるじゃないか。ま、そういうこともありますね(笑)。
店の前にはお持ち帰りの人々が・・・


そこそこ行列。思ったより混んでなかったです。どうしてだろう?ピーク時間過ぎてたのかしらん?(到着したのは4時過ぎ)
勿論皆さんほぼ観光客でして、お店の前に並んでる写真やら見本やらを見て「Oh! That is THE Belgian food!」なんて写真撮ってる方々が沢山いました。ううむ、これこそがベルギーの食べもんだと思われちゃ困るんだが。ま、ベルギーのストリートフードの双璧と言えばゴーフルとフリットだもんね。そのフリットはここんちの道挟んだ隣にあってそちらも繁盛しているみたいでした。
じゃ、入ってみようか。
ここはゴーフル専門店なので当然オーダーはゴーフル。でもSeanはアイスが食べたい。でもゴーフルも。じゃ、ゴーフルのアイス乗せにすればいいじゃないのというのが普通の流れなんだけど、どうやらSeanが自らオーダーを入れたところによると「ゴーフルで〜アイスクリームを後でシルヴプレ」と。要するに混ざるのが嫌だそうだ。なんというか・・・Paulが評するに「Il est très méthodique.」訳すと彼はとっても組織的だね。まあ、そうだね・・・キミ、組織立ってるのね、Sean。
Paulはgaufre Liegeois。ゴーフルにはブリュッセル風とリエージュ風があるんです。バンなんかで売ってるのはたいていリエージュ風。何故かと言うとこっちのは生地がしっかりしてるので持ち歩いても平気。ブリュッセル風のは持ってもOKだけどでかい上に軽い生地なので崩れる恐れあり。ちなみにSeanはブリュッセル風のにしました。
私は勿論パス。だってこの胸やけしそうなサンプルを見たらちょっとね・・・


クレームシャンティイーがどば〜っと・・・うう。
さて来ましたよ。
ゴーフルたち。


でかっ。Seanの手と比べるとかなり大きい。Paulのリエージュ風の方が若干小さめ。
で、アイスクリーム


予想はしてたけど、後で、って言ったのにやっぱり一緒に持ってくるんだね。
Seanはお決まりのヴァニーユ・ショコラ。進歩したのはバニラオンリーじゃなくなったところ。後でスぺキュロースもあったんだよ、と教えてあげたら「ええええ!」と残念がっておりました。だってロクに種類を聞かずにのっけからヴァニーユ・ショコラでオーダーしちゃうから仕方ない。
アイスが溶けるのでまずはアイスから行くことにしたらしい・・・


で、ゴーフルと


こんな具合に交互に食べるのである。一緒に食べた方が美味しいんじゃないかなどと言うことは彼の頭には無いようです。
私は男子二人からちょっとずつ味見させてもらったんだけど、リエージュ風のはなんだか「ん?」と言う感じ。正統派のリエージュ風ゴーフルにはパールシュガーが入ってるんだけど、ここんちのには入ってない。そして生地がふんにゃりというか齧り応えがない。ううむ、これはどうだろうか。申し訳ないけどバンで買い食いするゴーフルの方がよっぽど美味しいと思う。一方ブリュッセル風の方は皆さんサクサク〜♪なんて評しているんだけど、私的には一体どうやったらこんな風にスカスカに作れるんであろうかという代物で。まぁ、良く言えばエアリーとでも言うべきか・・・。お味は薄め。だからトッピングがてんこ盛りなのかもね。
これでお会計が10ユーロちょっと。外で食べても大して変わらなさそうだし、中でまったりと食べた方がお得な気がする。でもって私的には、わざわざここで食べなくてもいいんじゃないかと・・・。そんなレベルでしょうかね。
よし完食!じゃ、行こうか(さくっと)。
お店を出たらさらに人がわんさかと・・・。〆にSeanをTinTinショップに連れて行ってみたら、ここもまた観光客の山。SeanはTinTinのおびただしい数のBDを見てコーフンしまくってたけど、とりあえず見た、ってことで早々に退散いたしました。
これにて、終了!いや~観光地って疲れるわ・・・。

Aux Gaufres de Bruxelles
113, rue du Marché aux Herbes 1000 Bruxelles
tel: 02 514 01 71

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。