Le Pain Quotidienのタルティーヌ

海外で最も成功したベルギーのレストランといえばLe Pain Quotidienじゃないかと思うんですが、このパン屋さん&レストランはAlain Coumontが始めたパン屋さんが始まり。
ワタクシがブリュッセルに引っ越して来て、美味しいパン屋さんはないかとご近所で探していたところバターでギトギトしてなくてサクッともちっとそしてでっかくてしかも美味しいクロワッサンを売っていたのがこのLe Pain Quotidienだったのでした。ここのクロワッサンを食べたらもうなんだかよそのクロワッサンは食べられなくなっちゃいましてね。まあ、これも好みは人それぞれなんで一概には言えないものの、脂っこいのが弱いワタクシにはこのバター控えめのクロワッサンがベスト。そしてここのレストランというか軽食部門のオススメはやっぱりLe Pain Quotidienのパンを使ったtartine – タルティーヌ(オープンサンド)。
SeanのConfirmationの帰りにちょいと軽くランチでもということで我が家のご近所のLe Pain Quotidienへ。時間的にはなにげにブランチな感じなんだけど周りを見てもブランチしてる人がほとんどいないのであった。我々もそれほどお腹が空いてるわけでもなく、主役のSeanがサンドウィッチ(tartine)がいいと言うので、まあじゃあみんなでタルティーヌでもいただくことにしようかと言うことになりまして。ま、これにはおごると言ったPaulもさぞかしホッとしたに違いないね(笑)。
ワタクシのチョイスはアボカドトースト


なんとなく最近の流行りに乗ってみたかったのよね。
しかしね、ここんちのアボカドトーストはちょいと変わってる。なんというかこの上に散らしてあるのが昆布の佃煮っぽい’海藻’。アボカドに海藻ってのがかなりレアな組み合わせなんだけど、日本人的には佃煮系のお味を想像してしまいがちなところ、特に味らしい味もなく。要はヘルシーだから乗っけてみました的な感じらしい。
Paulは(ワタクシのせいで)普段食べられない肉系で


アメリケーヌ(フランスではsteak tartare – ステーキタルタルをベルギーではどういうわけかアメリケーヌという。要は欧風ユッケみたいなやつですね)にペストージェノヴェーゼがかかっております。
そしてこちらはPaulママの


スタンダードにスモークサーモン。
ま、これはどこがどうってほどでもないですが、スモークサーモンは結構たっぷり乗っかってます。
Seanは野菜のグリルのタルティーヌにしたんですが、食べ散らかすので写真撮るのが不可能あレベルにて写真なし。味見させてもらったけどおいしかったですぞ。この野菜のグリルのタルティーヌは定番で、ワタクシもよく食べましたわ。
それにしてもLe Pain Quotidienはボリュームありますね。ワタクシ、しばらくここで食べるのはご無沙汰しておりましたが相変わらずのボリュームでしたね〜。
ここではサンドウィッチはオープンが定番でして、挟んだやつが良ければここでパン買って自分で作るってことになります。でも、バゲットもカンパーニュも美味しいんで自分で好きな具を挟んで食べるのもまた乙なもんですね。

Le Pain Quotidien
515, chaussée de Waterloo 1050 Bruxelles
tel: 02 343 33 59

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です