Les 2 Frères

我が家はまだお雛様を片付けておりませんが、今週はあの寒さは一体何だったのかしらというブリュッセル。それでも気温は二桁にはいってませんで、まだまだ油断は禁物。
さて、先週の土曜日、たまにお仕事をお手伝いしているe-commerceのオーナーカップルからご招待があってUccleにあるLes 2 Frèresでディナーをごちそうになりました。
いや〜それにしても夜のレストランなんてものすんごい久々でなんとなくウキウキしちゃったワタクシです。
このLes 2 Frères、もしかしたらワタクシがブリュッセルに引っ越して来たときくらいからず〜〜〜っとあるんじゃないかというくらい昔からあるレストランでして、以前ご紹介したBouchéryの道を挟んだお隣さんで、夏なんかにお庭でランチをしてるとお隣の建物のテラスでくつろいでる人たちが見えたりしたものでしたね。
とは言っても、このLes 2 Frères、レビューに載ってる写真を見るにつけなんとなく薄暗〜い感じがしてお昼のランチにはちょっとどうなのかしらという雰囲気だったのでトライするまでには至らなかったので、今回サプライズで連れて行ってもらって初体験と相成りました。
7時半過ぎにお店に到着してみれば既に結構人が入っていて賑わっている様子。
やっぱり店内は薄暗〜い


フラッシュ炊くのはエチケット的にちょっとね。
周りを見回してみるとなにげにアンティークっぽいのね。
ここのメニューはちょっと変わってて、Hypothèses(仮説)がアントレ、Thèses(論文)がメイン、Accessits(次席)付け合せ、Démonstrations(論証)がデザート。なんかややこしそうですわ(笑)。
黒板には本日のオススメもあって、ワタクシはアントレもメインも本日のオススメからチョイスしてみました。
まずはアントレ


小ぶりのムール貝(ムーコなんちゃらっていう名前だったんだけどすっかり失念)のカレー風味スープ仕立て。
このちっこいムール貝が結構美味しかった。で、スープと一緒に食べると更に美味しいんだが、これが味がやけに濃いのよ。ちょっとこの塩気満々のスープは最初の一口は美味しいじゃないか♪と思ったものの、食べ続けてると段々塩っ辛くなってきて結構ツラい。でもなにかしら、止めるに止められない何かがあって、結局完食してしまったのであった(後で激しく後悔しましたわ・・・)。
続いてメインは鰈(カレイ)


結構豪華版(量的に)。
上に乗っかってるのは野菜のダイスに更にその上に牡蠣が2個。
野菜てんこ盛りで鰈が見えないくらいですが、まあどっちかって言うと淡白な味の魚なので野菜と一緒に食べてちょうだいなということかしら。
アントレのちっこいムールの濃い味と比べるとこっちは至ってノーマル。野菜が珍しく結構アルデンテでワタクシ的には◎。
そしてせっかくだからとデザートも。
ワタクシはカフェグルマンを


左からクレームブリュレ、ムース・オ・ショコラ、そしてえ〜となんだっけ(汗)。メレンゲのようなムースのような。
どれもフツーの美味しさ。この中ではクレームブリュレがワタクシ好みでしたかね。
カップルはイル・フロッタンをオーダーしておりました


これが結構な大きさ。
お二人さんはこれが好物なんだそうな。ふ〜ん。
なんだかんだとお仕事の話をして、真剣なビジネスディナー的な感じで終了。
でもワタクシたちがいる間にどんどん人が入ってきて満席。しかも10時近くなってもやって来る人たちもあり、結構な人気なのでありました。
ただ、人気なだけに周りに人がいっぱいで話し声でざわざわしてるので、こういうビジネスの話をする食事にはちょっとどうかな〜と。まあでも、雰囲気は良いので仲間内でワイワイとディナーにはよろしいんじゃないかと。

Les 2 Frères
2, avenue Vanderaey 1180 Bruxelles
tel: 02 376 76 06

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です