Mont des Artsの辻チェス

先週はそりゃもういいお天気続きのブリュッセル。今日はガクッと気温が下がって初冬の雰囲気ざんすね。
昨日の日曜日、いいお天気なので友人Yちゃんから頼まれた写真を撮りにGalerie Saint Hubertへ渋るSeanを連れてお出かけ。
しかし、この週末はGrand Place方面へ行くトラム3番と4番がGare du MidiからRosierまで工事のため最寄りの駅Bouseに直接行けないので、92番のトラムでRoyal下車、Mont des Artsを下っていくことに。
この辺りは土曜日のAtelier des Tanneursの帰りに車でさ〜っと通り過ぎることはあってもわざわざ歩くということは滅多になくて、ブリュッセル在住21年のワタクシですらまともに歩いたことがない未体験ゾーン。まあ、この辺はもろ観光地なので避けていたということもアリ(Bozarは行くけどね)。
Galerie Saint Hubertの方へ行くにはこのMont des Artsの公園を横切るのが近道なのでSeanと手に手を取っててくてくと歩いていくと、人が座ってなにやらやってるではないの。
近くへ寄ってみればそれは辻チェス(辻チェスなんて言葉があるんだろうか)なのであった。
学校でチェスのクラブに入ってるSean、今年は最終学年でトーナメント優勝を虎視眈々と狙っておりますが、この辻チェスを前にしていきなり足に根が生えた。
まずは自分よりちょっと小さい男の子の戦いっぷりを後ろからガン見。時々ブツブツとああやったらこうなって〜とか解説したり。困ってるところをアドヴァイスしてあげたりしてるのを見て、この辻チェスを仕切ってると思しきロン毛のお兄さんが「キミもやる?」と。待ってましたとばかりSean先生「Oui!」の二つ返事で参加決定


ゲーム開始・・・。
実はこのお兄さん、4つ、5つの盤を同時に回って対戦しているというツワモノなのであった


手前のお二人さんはどうやら常連さんらしく何度もゲームに興じておりましたが、後はカップルで来ては各々お兄さんにお相手してもらったりという感じ。
お兄さんが別の盤に行ってる間に打つ


Seanはどうやら熟考タイプ。対するお兄さんはさっと見てさっと打つから早いのなんの。
でも時折Seanの打った手を見てん〜と考えて打たずに別の盤に移動することもしばしば。どうやらSeanがいいところに打ったのでちょっと考えたいというところか。
しかしツワモノ相手だけにSean苦戦中


結局クイーンをうっかりして取られちゃったのが災いして負けちゃいました。
でも、健闘したのでお兄さんからはよくやったね〜と褒められておりましたよ。まあ、時間制限付きのだとタイムオーバーで負けになるかもしれないけどね(笑)。結局30分近く対局したSeanです。
このお兄さん、毎日この場所に平日朝は10時から11時、夕方は6時から7時に来て辻チェスやってるそうな。土日はほぼ一日中いるのかもね。
対戦料はタダ。でも気に入ったら寄付してね♪と貯金箱みたいなのが置いてあって、気に入った人はお札を入れたりしてました(この人は勝ったのね)。
すっかり気に入っちゃったSean、あんなに出かけるのを渋ってたくせに来てよかった〜とご機嫌。お兄さんにはまたやりにおいでと誘われてまた来週も来る!とすっかり乗り気です。この場合ワタクシが連れてくるんだろうか・・・(汗)。

Mont des Arts(芸術の丘)

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です