Sakura Exhibition

今日は補習校で授業参観と懇談会がありまして4年生最初ということでガッツリ参加いたしました。いやしかし、毎回参観をするにつけ我がSeanの落ち着きのなさには本当に赤面ものの恥ずかしさでございますね・・・(汗)。当てられる前に発言しちゃったり積極的なのは良いんだが何でもかんでもハイハイと手を上げっぱなしだったりね。先生によれば参観の時間はことさらハッスルしちゃってたらしい。先生、申し訳ありませんでした・・・(泣)。ど〜もSeanはウケを狙いたいらしいんだな〜(2年生の担任の先生には吉本行ったらええやんと言われました・笑)。4年生になったんだからもうちょっと落ち着いてもらいたいものです。
さて、懇談会が終わってママ友Mibさんと一緒に帰るついでにGare Central直結のGalerie Ravensteinというアーケードで行われているSakura Exhibitionを覗いてみました。
こちらがそのポスター


このGalerie Ravensteinは昔からあったんですがそりゃもう寂れておりましてワタクシ20年ブリュッセルに住んでおりますがほとんど通ったことがないのである。それが去年の日白友好150周年記念の行事の一環と言うか日本に関するイベントを時折やったり和をテーマにしたお店が出来たりしていたみたいです。私が知っているところではGalerieに桜の植木が並べられてブリュッセルの街中でもお花見が出来るというイベントですかね。この手の日白友好関連のイベントは去年末で終了したと思ってたのでこのイベントの情報をFacebookで知って、へ〜まだ継続してんだねと早速興味ありをポチッといたしまして、ポチした以上はやっぱり見に行かないとねと帰り道のメトロでMibさんに行ってみる?と聞いてみればお友達も参加してる〜と。アラそれなら是非見に行ってみよ〜といそいそとお出かけしてみました。
さ〜着いたとGalerieを見下ろしてみれば

まさかの閑古鳥。
っていうか準備中ですか?いやそれよりもあの枯れ木はなんだろうか・・・まさかアレが例の桜でその成れの果て?いや〜枯れてるのはちょっと不味いんじゃないか。どうしちゃったんだと訝しがりつつ階段を降りて桜は咲いてないのかと見て回るも、Galerieにある桜はほぼこんな感じで枯れておりましてね・・・。いやちょっと、これはちょっと予想外でした。あの〜目玉の桜を枯らしちゃってもいいんですか?ちょっと桜がかわいそうになりましたがちゃんと外の土に植えてあげたら復帰するのかしら。とりもなおさずMibさんのお友達のいるスナックカフェへ行ってイベントのポイントを紹介してもらいつつフラフラと見学。
Mibさんのお友達がお気に入りは富山からいらしたシルクスクリーンのアーティストグループのHedonizm


快楽主義という名のシルクスクリーンを使ったオリジナルプリントのブランド。
なにげにこの周りを囲む黒い人物(?)が「千と千尋の神隠し」のカオナシに見えてしまうワタクシですがどうやら死神の様子。これ、スカーフだと結構素敵なんじゃないかしらん(残念ながらスカーフじゃなくてタペストリー)。
こちらも素敵なタペストリー


芸者さんがあちこちに。
ブランドの紹介が


この写真というかイラストの男性がこちらのお兄さんかしら


彼の着てるTシャツもイケてるねえ。
ワタクシはオーダーしなかったんですが、展示販売してる中で気に入っちゃったのがこちら


しらばっくれんなよ。
っていいなあこのエスプリ。そしたらこの拝んでる手のフレームは今回持ってこなかったんだそうだ。ううむ残念。このTシャツは110cmなのでSeanにもちっちゃいので諦め〜。
準備中と言うことだったのでしばらく待ってからMibさんのお友達のオーダーしたTシャツにプリントするとこを実演で見せていただきました。
お友達、相当お気に入りで前日も既にTシャツ1枚ゲット済みで今日も更に数枚オーダー予定だそうで。
まずは2枚作っていただきました。
こちらはカーキのTシャツにプリント。
まず選んだ最初のシルクスクリーンのフレームに絵の具を塗り塗り


プリントするとこうなる


そして絵の具をドライヤーで乾かして


っとこの行程を数回繰り返して出来上がったのがこちら


バロックのようなアラベスクのような。シンプルなH&MのTシャツがちょっとしたアートTに早変わり。
もう一つの方も


こちらは先程のお兄さんね。
まずは一つ目プリント


これまたドライヤーで乾かし〜のという作業を繰り返して出来上がったのがこちら


ピンクのスカルがイイ感じ。
他にもバッグにプリントしたりも


ゾウさん。
なんと下の文字はひらがな(!)でブランド名の「へどにずむ」をアラビア文字チックに書いてあるんですって。ワタクシ一瞬アラビア文字かと思いましたよ。ううむさすがアーティスト。
ひとしきりお兄さんたちとおしゃべりして楽しいひと時を過ごしたのでした。お兄さんたちイイ人達でね〜。ブリュッセルは初めてらしいですが、コレに懲りずまたイベント参加してほしいですね。その時は是非ワタクシも「しらばっくれんなよ」で一つ作っていただきとうございます。
さて、このイベントにはヘドニズムだけじゃなく他にも色々とアーティストが参加しております。
こちらは切り絵のオブジェ


シーラカンスと金魚。
こんなのも


狐のお面。ポエティックでいいですね。
こちらが日本から参加の切り紙作家の男性


ご苦労様です。
一応場所柄テロの標的になりそうなところだけに兵士さんたちも巡回しておりましたが、アートを前に思わず仕事を忘れたのか


ちょっと怪しげなお人形のオブジェを思わず写真に撮ったりして。ちゃんと仕事してや〜(笑)。
Mibさんのお友達はアーティストだったりするのですが、今回は和食のケータリングで参加


ちらし寿司でおにぎり。結構売れてましたよ。
5時も近くなりおっといけないそろそろ帰ろうかと言うところで来たときに寂し〜い感じだったステージで殺陣のパフォーマンスがあってそこそこ盛り上がっていた様子


ああそれにしても枯れ桜はちょっと悲しいわ・・・。
このSakura Exhibitionは明日まで。明日もパフォーマンスもあるみたいなのでブリュッセルにお住いの皆様もそうでない方々もこの機会に足を運んではいかがでしょう♪

ちなみに明日の予定はこんな風:
14:00 – 20:00 MUSIQUE LIVE Performance live du peintre. Body painting. Démonstration de combat de sabre japonais. “oui, it’s the last day, we’ll show you everything”

Sakura Exhibition
Galerie Ravenstein  18, rue Ravenstein 1000 Bruxelles
tel: 02 647 52 15

Hedonizmをお買い求めの際にはこちらで

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook2Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。