なんちゃってうな丼

なんちゃってうな丼

ワタクシ食べ物で何が好きってもうな丼が好きざんす。
うな丼だけじゃなくてうな重、ひつまぶし、ええ、あのうなぎの蒲焼きが好きなんざます。これは亡き父ゆずりですかね〜。ワタクシがうなぎ好きなんでSeanまでうなぎ〜うなぎ〜と日本に行くとうなぎを必ず食べに行くワタクシたち。
しかし残念ながらブリュッセルには鰻屋さんがないの。Parisには野田岩があるのにどうしてブリュッセルにはないの?だって、あの野田岩で使ってるうなぎはオランダで養殖されてるやつだって昔聞いたことがあるんだけど、オランダなんて言ったらベルギーのすぐ近くじゃありませんの。誰か鰻屋さん始めてくれないかしら。まあParisにはあって隣のブリュッセルにはない和食のお店っていっぱいありますわね。例えばうどん。あんなにParisでは大人気だってのにブリュッセルにあるという話は未だに聞いたことないし(あります?)ワタクシの大好きなお蕎麦屋さんもない。EUの本部やらNATOの本部があるコスモポリタンな街だってのにいいのかこれで。
ブリュッセルでうなぎを食べようと思ったらもうこれはスーパー田川で真空パックのうなぎの蒲焼を買うしかないんですが、いや〜これが値段を考えると伸ばした手を思わず引っ込めたくなるようなやつでしてね・・・。それでも1回は購入してお酒をふりかけて蒸し焼きにしてはみたものの、ううむやっぱりあの脂の乗ったうなぎの蒲焼きには程遠く(泣)。どうしようもなく食べたくなるときがあるんだけどなかなか買う気になれないのである。ちらし寿司とか手巻き寿司の具で使っても良いかな〜とは思うんだけどちょっともったいないしな〜と悩ましい。
そんなうなぎ好きなワタクシたちなんですが、ドイツはJさん宅の夕ご飯で内容を知らされずにサプライズで出されたご飯がなんちゃってうな丼だったんですね。要は白身の魚を蒲焼きにするんですが、Jさんはうなぎの皮を模して海苔を貼り付ける徹底ぶり。うん、この皮を模して海苔を貼り付けるテクは「MODOKI菜食レシピ」のもどきうなぎの蒲焼でもありましたわ。

このJさんのなんちゃってうな丼がなかなか美味しかったんで、Seanが「ママ、ウチでもやってね〜」と言ってたんでちょっとやってみました。
Jさんは蒲焼きのタレがあればだいたいなんでも蒲焼きっぽくなると言ってたんだけどやっぱりレシピがないと不安なんでググってみたところ、みなさん同じようなことを考えるらしく色々とレシピが出てきましたね。一番多かったのがパンガシウスというなんか古代ギリシャの王様か哲学者かみたいな名前の魚を使ったレシピ。

ワタクシこのパンガシウスなんていう魚は見たことも聞いたこともなかったんですが、どうやら日本では良く見かける魚の様子。調べてみるとナマズ系の大型の淡水魚なんだそうな。へ〜え。でもそんな魚は当然ブリュッセルではお目にかかることなんてまず無理なんで(大体フランス語でなんていうのやら)魚屋さんでぐるっと見回して長くて白い魚lieu jaune – 助惣鱈(だったかな〜)を20ユーロくらいで購入。ちょっと散財しちまった感があるんだけど、ホラ、うなぎの蒲焼っぽくするんだったらこのぐらい出さないとダメよね?とずっしりとした重みを感じつつお持ち帰り。
さて、これをどうしようかってまずはお酒を振って臭み抜きを十分してから小麦粉と片栗粉を混ぜたのをまぶして焼くだけ。ええ、それだけなんですけども、これがね〜焼いてるうちに身が崩れてくるのよ。このlieu jauneってわりと柔らかいお魚だったみたいざんす。でもレストランでたまに食べるのはフツーに身がしっかりしてたような気がするんだけど、あれはシェフの腕によるものか・・・。
悪戦苦闘してなんとか出来上がったのがコチラ


良く分かんないっすね(笑)。
結構崩れちゃったんでネギでごまかしております。でも流石に量だけはガッツリあったんでご飯の中にも潜ませてあるのだ。
お一人様はこんな感じ


付け合せはベジ肉じゃが(大豆プロテインでそぼろですが)。
え〜と、お味は自家製の蒲焼のタレが殊の外美味しく出来て市販のと混ぜてたっぷりかけたらなんとなくうなぎを食べてるような気分になりました(笑)。でも魚自体がちょっとお上品でこれはもうちょっと庶民的な魚、例えばイワシとかでやったほうが良いんじゃないかなと。特に脂の乗ったイワシなら臭みをちゃんと取ったらなんとなくうなぎ食べてるような気になるかも(皮も付いてるしね)。あ、今回作ったのには海苔で皮を貼るところまで気持ちの余裕がありませんでうなぎっぽくは見えないのがちょっと残念ではありますね。ま、でも次回はイワシかサバで再度トライしてみようと思っとります。

ランキングに参加しています!皆さんの愛あるポチをよろしくお願いいたしますね💖
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらも↓ポチッとヨロシク💖
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

読者登録もお願いいたしますね💖
ブリュッセル。超私的なブリュッセル・ベルギー案内 - にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です