ケルンの大聖堂

ケルンの大聖堂

ベルリンから戻るとき、実はケルンで下車したSean&ワタクシ。
別にブリュッセルまで電車で帰っても良かったんだけど、あのドイツの鉄道のいい加減さに辟易してたのと、マスクしたまま電車の車内で延々7時間もず〜っと座ってるのはちょっと耐えられぬと思ったからなんです。ブリュッセルからケルンまでは2時間半くらいなんでPaulに「あの〜もしできればケルンまでお迎えに来てもらってもよろしいかしら?」と超下手にお願いしてみたらあっけなくOKだったんで、良かった、これでマスクしたままの移動は避けられるのねと大喜びしたもんでした。
ベルリンからICEでケルンまでは5時間くらい。最初は時間もそんなに遅れないように見えたものの、ケルンが近くなるに連れ段々遅くなっていきましてね。結局思ったよりPaulが早くケルンに到着しちゃったんで20〜30分くらい暇つぶしをしてもらうことに。
駅に到着する寸前まで1分遅れ、いや3分遅れ、みたいなことをじりじりやってなんとかケルンの駅に到着。このケルンの駅がまたデカイのよ。
とりあえず待ち合わせのコンコースでPaulと再開してやれやれ。せっかくケルンにいるんだからと歩くのはヤダ〜とブツブツ言ってるSeanをなだめてちょっと街をお散歩してから帰ろうと車に荷物を置いて散歩にGoGo。
駅のホームからも見えてたケルンの大聖堂はすぐ近く


デカイわ〜。
デカすぎてフレームに収まりきらないのよ。この大聖堂、か〜な〜り黒々としててキレイにするには相当な時間がかかるんじゃないかと(キレイにする前に修復する場所も一杯あるみたいだけど)。
階段には若者がみっしりと


そこそこ蜜ざんすね。
写真ではそうでもなさそうに見えるんですけども、あとからあとから若い衆がやって来ては階段に座り込んでだらだらとなにするでもなくダベっておりました。こうやって階段があるとなんとなく座りたくなっちゃう若者たちってのはどうやら世界共通みたいざんすね。
大聖堂は見学できるんだけど、夕方6時を回ったところだったんで時間切れ。まあ、ベルリンででっかいの見てるからいいか。
じゃ、ちょっと街を見て回ろうとライン川の方へ行ってみると、やっぱりここも人出が多い。でもね、上流のほうのライン川と比べてここのライン川はキレイとは程遠い感じ。同じ都会を流れるベルリンのシュプレー川のほうがよっぽどキレイに整備されていたような。
所謂旧市街の細い路地をプラプラと歩くと


いかにも〜なドイツ的アイアンワークの看板が。
しかし壁にくっついてる樽に乗った坊さんに肩車されて一杯やってる兄ちゃんは一体(笑)。
古い建物もあちこちに


年号入りの建物。
この建物は年季が入ってるんだけど年号も3段構えで(笑)下から1721年、1914年、1954年。その順番で上に建て増ししたのかしら。
夕食時でみなさんレストランでビール飲みながらご飯を今から食べるぞ〜という雰囲気でザワザワした中をお散歩いたしました(ワタクシたちはブリュッセルに戻ってからPicardの冷凍食品でおうちごはん・笑)。
まあケルンには大聖堂くらいしかないんでサラリと流した感じなんだけど、美術館もあるしもう少し時間があったらゆっくり見て廻るのも良いかも。

ランキングに参加しています!皆さんの愛あるポチをよろしくお願いいたしますね💖
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらも↓ポチッとヨロシク💖
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

読者登録もお願いいたしますね💖
ブリュッセル。超私的なブリュッセル・ベルギー案内 - にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です