プロヴァンスの鍾乳洞と泉でひと涼み

プロヴァンスの鍾乳洞と泉でひと涼み

エリザベス女王がお亡くなりになったというニュースが昨日の夕方ありまして・・・。
昨夜のニュースはもう追悼一色になっておりました。本当に人生を国民のために捧げた一生だったんではないかと。なにしろ付い3日前(亡くなった日からすれば本の2日前)にはニッコリと新首相を任命したばかりで、写真を見たらアラお元気そうと思った矢先に7日の予定が延期になったという話で、96歳ともなればお疲れなんであろうと思っておりましたが、まさかこんなにあっという間に逝ってしまわれるとは・・・。やはり衰え始めてあっという間に亡くなってしまった父のことを思い出して目頭が熱くなってしまったワタクシです。私事ではあるんですが、エリザベス女王の姿を見るにつけ、何となく雰囲気が似ている母を思い出すワタクシ、来年には90歳になる母を思ってまたまた涙がじんわりと滲んできてしまいました・・・。
女王が亡くなった時にダブルレインボーがロンドンの空にかかったとか。虹の橋を渡ってご主人がお迎えに来てくれたのかもしれないざんすね・・・。ご冥福をお祈りいたします。

みなさ〜ん、こちらを↓ポチッと応援お願いいたしますね✨

人気ブログランキング

こっちもね💕
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

さて、L’Isle-sur-la-Sorgueで掘り出し物をゲットしたワタクシ、お次はSeanのために次なるデスティネーションへ向かいまっせ。

Paul調べによるとプロヴァンスにも鍾乳洞があるという。でもね、秋芳洞を知っているワタクシにはちょっとやそっとの鍾乳洞じゃ驚かないんざんすよ。まあでも、鍾乳洞だったら涼しいし避暑には良いんじゃないの?ということでLes Grottes de TauzonへGoGo。

この鍾乳洞があるLe Thor(なんとマイティ・ソーと同じThor・笑)はL’Isle-sur-la-Sorgueのお隣の村。

到着したのは2時半近かったんですが、またしてもPaulが時間を調べておらず、後5分でツアー出発しま〜す!ってところで、おっとヤバい用を足してからじゃないと!と側溝でおトイレに駆け込んだSean&ワタクシ(汗)、なんとかギリギリ出発に間に合って冷や汗かきましたわ。
思ったより参加者が多かったんですが、やっぱりここでも全員フランス人またはフランス語圏の観光客。ガイドさんは思いっきりマルセイユ訛りのお姉ちゃん。
鍾乳洞はそんなに大きくないみたい


う〜ん、これ落ちてきたら痛そうだね。
流石に鍾乳洞の中は涼しくて外の35度が嘘のよう


この辺はちょっと幽霊屋敷っぽい雰囲気だったりして。
こういうアクティビティはSeanもノリが良いのね


ピース。
どうやらここが一番の見せ所という大きな広間的なスペース


ここではBGM入りででライトアップ。
ここの鍾乳石はどっちかって言うと細〜いのが雨のように天井から降りてきてるタイプが多かったかな〜。まあでも秋芳洞には足元にも及ばずという感じ。実はSeanはスタージュでベルギーの鍾乳洞も行ったことがあって(ワタクシは送迎だけ)ここはそこよりもショボかったそうな。まあでもこの付近には他にも鍾乳洞があるみたいなんで小ぶりのが点在してるという感じなのかもしれぬ。でも涼めたし、なかなか良かったざんす。
ツアーが割と早く終了したんで、じゃあ帰りがてらもう一箇所寄ってくか、ということで25分くらいのところにあるFontaine de Vaucluseへ行ってみようということに。

車でサクッと到着すれば結構な観光地。駐車場もなかなか大きくて人気のスポットの様子。ここはFontaineというくらいなんで泉があるんですね。どこの源泉かと言うとL’Isle-sur-la-Sorgueを流れるSorgue川の源泉なんだそうな。
街にはそれはそれはキレイな川が流れております


透明度ハンパない。
この川に沿って上流に向かって行くと神社の参道の如くアイスクリーム屋さんやら駄菓子屋さんがずらりと並んでてそれをスルーしてキレイな川を眺めつつ登っていくと目指す源泉にたどり着くんですが、柵があってどうするのかしらと思ったらみなさんフツーに乗り越えていくんで、そんじゃワタクシ達もとSeanとワタクシは作の向こう側へ。向こう側はちょっとした崖のようになっておりまして、後ろの方にいたPaulは高所恐怖症なんでやめとけ〜とか行ってましたがせっかくなのに見に行かないなんて!と我々は無視して崖を降りていくと


ぽっかりと洞穴が。
周りを見ると目盛りみたいなのがあちこちにあって、もしかしたら水が上がった位置なのかな、と思ったり。
しかしね、下に見える水は覗き込まないと見えないくらい下の方。これはこの夏の熱波で干上がっちゃったみたいなんですね。いや〜熱波もこんな源泉まで影響を及ぼしてたのね


ワタクシはサンダルで危険だったんで行かなかったけどSeanはかなりギリギリのところまで降りてます(でも降りるの禁止とは書いてなかったような)。
ここから石をドボンドボンと落とすと周りの岩に反響するんで、Seanを含む数人の命知らず(ちょっと大げさ)がこの際まで行って石を投げては楽しんでおりました。
Paulが心配して早く戻ってこ〜いと様子を見に来たんでハイハイ戻りますよ戻ったSean&ワタクシ。歩いて暑くなったんでちょいと一服しようじゃないのということで、麓にあるアイスクリーム屋さんで一休み


Angelaというアイスクリーム屋さん。
実はこのAngela、Roussillonでも見かけて気になってた目ざといワタクシ。Roussillonで食べれなかったんでちょっと残念だったんで、当然ここで見かけてこれは食べなきゃアカンとなりますわ。
53種類ものフレーバーからのワタクシのチョイス


マロングラッセとヴィオレット。
これが美味しいの💖迷った甲斐がありますわ。
Seanのはコレ


上の毒々しい色のはSchtroumpfs。下のはよく見えないけどキャラメルかなんかだったような。
Schtroumpfsってのはアレですよ、スマーフ


この色を表現するってどんな着色料なんだろうか。
ワタクシはSeanにやめときなさいと言ったんですけどね。まあおこちゃまなんで(笑)。味見させてもらったら微妙なバニラ味でしたね。
ここには他にはないようなフレーバーがあって選ぶ楽しみがあってオススメ。
このFontaine de Vaucluseはプロヴァンスの村の中でもワタクシのお気に入りの一つになりました(アイスクリームのせいだけじゃないざんすよ・笑)。

Angela glacier
41 Chem. de la Fontaine, 84800 Fontaine-de-Vaucluse, France
tel: +33 (0)6 20 42 83 06

ランキングに参加しています!皆さんの愛あるポチをよろしくお願いいたしますね💖
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらも↓ポチッとヨロシク💖
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

読者登録もお願いいたしますね💖
ブリュッセル。超私的なブリュッセル・ベルギー案内 - にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です