ベルリンの壁を求めて良きサマリア人に巡り合う

ベルリンの壁を求めて良きサマリア人に巡り合う

さて、ポツダム広場でベルリンの壁のほんの一部を観たSean&ワタクシ。

ここからベルリンの公共交通機関を使ってほぼベルリンを横断する形であの有名なベルリンの壁に描かれたアートを観に行こうではないのということでポツダム広場の駅へ向かうべく地下へ降りていこうというところでSeanがお水がどうしても飲みたいと訴えまして、よしそういうのならきっとこの地下街に売ってるに違いないと階段を登ったり降りたりして行くと目の前に中国系スーパーが。おおこういうところならよそより安くお水が買えるに違いないと目指していけば入口付近に250mlのペットボトルがわんさか積んであったんで3本むんずと掴んでレジでお会計。いや〜安いわ。3本で500mlの値段より安いってどうよ。すっかり得した気分で良い気分でいたらSeanが今度はおトイレ行きたいのと。ったくも〜と言いながらおトイレはないかと見回したらスーパーにほど近いところに近代的なのがありまして、ここのおトイレって1ユーロを払ったらするりと入れたばっかりの1ユーロが戻ってきて代わりになんらかのバウチャーチケットも出てきた。これはなにかの間違いかもしれぬと慌ててドアを引いたらすんなり開いたんで恥もへったくれもなくSeanと一緒に入って用を足したワタクシたち。とにかくスッキリしたところで、よ〜しベルリンの壁観に行くぜ!とGoogle Mapで調べたルートで行くわよと地下鉄を待ってたら割とすんなり電車が来たのでよしよしと乗車。空いてた席にSeanと二人座ってホッと一息ついてたら程なくして電車が地上に出た。ふ〜んベルリンの地下鉄って外に出るのね?と思ってたものの(ヨーロッパの地下鉄は地上に出ることが多いんであまり驚かないのだ)なんとなく進行方向が逆のような気がしてどんどん郊外に向かっているような雰囲気なんざんす。こりゃおかしいと前に座ってたお兄さんにすいませんこれってどっち向かってます?と聞けばSpandauだという答えが(Spandauは西の端の駅)。アラいやだ、それって全然知らない駅じゃありませんこと?そこでワタクシ、いえワタクシたち東の方に行きたいんですけどもと言うと、ワタクシたちの会話を耳にした別のオジサマが「アナタこれは全く反対方向だから次の駅で降りてポツダム広場に戻ったほうが良いですよ」と。そこでワタクシ気づいたんざます。ワタクシたちが乗らなきゃいけなかったのはUバーンだったんだけどSバーンに乗っちまったみたいなんざんす。Sバーンでも方向が合ってたらまだなんとかなってたかもしれないんだけど逆なんでね・・・(汗)。あちゃ〜やっちまったな〜。ワタクシが青くなって「いえ実はワタクシたちイーストサイドギャラリーに行きたくてですね・・・」と地図を見せながら言うとオジサマったら「おっとそれはまた別の問題だね(ニッコリ)。じゃあ私が次の駅で一緒に降りるからどうやってポツダム広場に戻るか教えてあげよう」と。な、なんと親切なオジサマ・・・(泣)。思わずベルリン天使の詩のブルーノ・ガンツが目に浮かんじまったワタクシざんすよ。


戦勝記念塔に乗っかる天使のブルーノ・ガンツ。

この天使のようなオジサマ、次の駅に着いたらすぐに付いて来てと先に立って案内をしてくれまして、ホームに着いたら着いたで掲示板でポツダム広場に行く電車を探して「このホームで次に来る電車に乗ってポツダム広場に着いたらアナタの経路に書いてある通りに行けば到着できますからね」とまたまたニッコリ。そして「じゃ、私は行きますね。良い一日を」とオジサマは去っていったのでした。いや〜なんてまあ親切な人なんでしょうか、ワタクシ思いっきりお礼を言いまくって日本式に頭を下げまくりましたわ。で、後でふと考えたらこのオジサマったらワタクシたちのためにわざわざ途中下車してくれたんざんすね・・・。良きサマリア人とはこの人のことよ・・・。このオジサマの親切に報いるためにもなんとしても次は間違っちゃなんねえとふんどし締め直したワタクシざんす。でもね、案の定Seanがもうママは信用できないとか言っちゃってこの後公共交通機関に乗る度に何度も何度も確認するようになっちまいまして親の面目丸つぶれざんすよ(泣)。でもワタクシみたいな方向音痴がドイツ語オンリーの表示でGoogle Map片手に未成年の息子連れてナビするのって結構ホネだと思いません?(ダメ?)
まあとにかくなんとか教えてもらったとおりに電車に乗り込んで間違いなくポツダム広場の駅で降りて今度こそUバーンの方へ移動してGoogle Mapの経路通りに乗り換えなんかもしちゃったりしてなんとか間違いなく目指すSchlesisches Tor(読めない・・・)という駅にたどり着きました。
おおこれがあのピトレスクな高架線ね


ちょっとNYみたいな雰囲気だったり?
高架下も雰囲気あり


高架下は橋になってて下をシュプレー川が流れております。
橋を渡りきるとこの眺め


タワーの赤と電車の黄色。絵になるわ〜。
苦労して到着しただけあって感慨もひとしおざんす。
さ〜ここからやっと念願のベルリンの壁ざんすよ〜。

ランキングに参加しています!皆さんの愛あるポチをよろしくお願いいたしますね💖
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらも↓ポチッとヨロシク💖
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

読者登録もお願いいたしますね💖
ブリュッセル。超私的なブリュッセル・ベルギー案内 - にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です