今年のガレット・デ・ロワ

今年のガレット・デ・ロワ

今日は成人式だったみたいざんすね。ワタクシが成人したときは1月15日が成人の日だったと思うんですけども、2000年から1月の第2月曜日になって既に22年(ハッピーマンデーだそうな)。いや〜時の経つのは早い。

みなさ〜ん、こちらを↓ポチッと応援お願いいたしますね✨

人気ブログランキング

こっちもね💕
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

さて、カトリックの国では1月6日はépiphanie(公現祭)でガレット・デ・ロワを食べ、7日にはクリスマスツリーを片付ける、というのが大体の流れざんす。んが、6日は冬休み中でガレット・デ・ロワをウチで食べても何ら問題はなかったんだけど、Seanがお友達のお家にお誕生日会&お泊りで留守だったんで日曜日に延期いたしました。そこで、せっかくだから長らく会えずじまいになっていたPaulの母方の伯母さんに会いに行って一緒にガレットを食べようじゃないのということに。
Paulのおじおばは現在この伯母さんただ一人でして、齢94才なんですがそりゃもうお元気。一人暮らしであまり遠くに出かけることができないんでこちらから訪ねていくしか方法がなく、かと言ってこのコロナの大変な状態でむやみに訪ねていってもマズいということで去年からいつ会いに行くいつ会いに行くと延ばし延ばしになって2年近くが経ってしまったのであった。2年も会ってなけりゃSeanがやたら大きくなってそりゃびっくりですわ。日頃からおしゃべりが大好きな伯母さんなのでとってもうれしそうでした。良かった良かった。
今年もPatisserie Sasakiさんのガレットを予約。Seanも食べるのが楽しみ〜とウキウキ。
4人分のガレット


また今年も良い照りざんす。
4等分するだけなんで切るのは簡単。ただ、切るときにフェーヴに当たっちゃうと面白みが半減するんでフェーブに当たりませんようにと念仏唱えつつ切ってみればなんとか当たらないでカット成功。一番歳の若いのは当然Seanなんでテーブルの下に隠れてもらって最初のは誰の分〜とコールをしてもらいました。こういうの嫌がらずにやってくれるところはまだおこちゃまなSeanざんすね(笑)。
切り口からはフェーヴが見えないんで誰が当たったのかは分からないサスペンス。ウチでは90%くらいの確率でSeanが当たるんで今年もまたSeanかしらと思ってたら


アラ?
今年は珍しくワタクシがフェーブを当てたのであった。新年早々なんだか縁起が良いじゃありませんの。
コチラが今年のSasakiさんのフェーヴ


これはフクロウかな?
顔がハート型でちょっとお茶目。
いい年して王冠をかぶるワタクシ(笑)


なんだか良いことありそうな💕
ガレットは相変わらずのサックサクで甘すぎず安定の美味しさ。こういうのはまず自分では作れないと思うんでありがたく毎年頂いております。
ただね、パイ生地が歯列矯正器に引っかかって引っかかってワインやら水やらで口の中をお掃除しながら食べなきゃいけませんでしたの(泣)。Seanは1週間位で慣れたという話なんだけど、ワタクシは口の中がザックザクに傷だらけで既に矯正したのを後悔しております。ああ早く10ヶ月経ってほしいざんす・・・。

Patisserie Yasushi Sasaki
10, av. des Franciscains 1150 Bruxelles
tel: 02 779 05 68

ランキングに参加しています!皆さんの愛あるポチをよろしくお願いいたしますね💖
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらも↓ポチッとヨロシク💖
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

読者登録もお願いいたしますね💖
ブリュッセル。超私的なブリュッセル・ベルギー案内 - にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です