Louvre 別館 @Lens

Louvre 別館 @Lens

この間Toussantのヴァカンスだと思ったらまたこの金曜日から連休のブリュッセル。
子どもたちはいつお勉強するんですかね。子どもたちはお休みが多くてそりゃ嬉しいでしょうけども。
我が家はお休みだろうがなんだろうがお構いなしですが(笑)小さなお子さんがいるお家はこうも連休続きじゃ大変なんじゃないかと。

みなさ〜ん、こちらを↓ポチッと応援お願いいたしますね✨

人気ブログランキング

こっちもね💕
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

さて、Sean念願のKFCで腹ごなしをした後はお目当てのLouvre-LensへGoGo!

このLensのLouvre別館のデザインを日本のSANAAが手掛けておりまして、SANAAの妹島和世さんはワタクシのあこがれの女性なんざます。彼女のファッションセンスはいつも尖ってて素敵で、comme des garçonsとかを着てらしてこれがまたカッコイイんざんす。そういう理由もあってワタクシこのLouvreにず〜っと行きたい行きたいと思っていたんだけどなかなか来るには至らずで、やっと念願かなったというワケ。

専用駐車場からちょっと歩いたところにmuséeが


このガラスとキューブが妹島和世!という感じ。
入館する前から期待で胸膨らむワタクシ。
荷物チェックでかばんからジャケットからマフラーまで全部機械に通すのはもうおなじみざんすね。
チケットは常設展も企画展も込で大人11ユーロ。支払うときにアラ随分安いのねと思ったら18歳以下は無料なのであった。おお〜これは良心的でよろしいざんすね。
チケット売り場の前にあるのはブティック


J’AI DIX ANSの文字が。
そうか〜ここができてからもう10年経っちゃったんだ。もっと早く来ればよかったと反省しきり(遠いと思ってたのよね〜)。
館内はガラス張りなのでとっても明るくて、ガラスの筒のように区切られた小部屋がブティックだったりカフェテリアだったりとリズム感のある配置になっております。この雰囲気、なんとなくcomme des garçons青山のブティックを思わせる。
とりあえずまずは常設展から観てみよう


パァ〜っと広い空間が。
真っ白な中に同じ色で柱が点々と置いてあって天井の白いパネルと相まってず〜っと先まで続いてるような感じ。
このスペースはLa Gelerie du Tempsと言うだけあって展示は紀元前のエジプトから5000年の時を21世紀まで追って行くという展示で(向かって右側の壁に年代のラインがあるのでソレを見ながら行くと分かりやすい)西洋もアフリカもアラブもミックスして見せております。どうやらアフリカのオブジェはParisのQuai Branlyとコラボしてるんだそうな。
古代と言えばお約束


ミイラちゃん。
ミイラはどこでも人気者ざんすね。
最初のあたりは親子3人固まって観てたんだけど、段々マイペースに突入。一応ワタクシはSeanがどこにいるかを目視しながら観ておりましたが、思ったより真剣にじっくり鑑賞していてちょっと意外だったり


お皿に見入るSeanをお隣のお姉ちゃんが思いっきりガン見(笑)。
何かしら、彼女珍しいものを見たようなそんな雰囲気がするんですけど。
途中で時々座ったりして休憩しつつ1時間半くらいかけて見学終了。そこそこ人はいるけど混み合ってるほどじゃなくてじっくり見れるのが良ござんすね。
ギャラリーを出たら建物の橋まで行ってみよう


ここは建物の正面から見て左側の先の部分。
ソファがいくつか置いてあって外を見ながら休憩ができるようになってます。もちろん屋外にも彫刻が置いてあったりして散歩もできますぞ。
さあではお次は企画展に行ってみようか


Champollion La Voie des Hiéroglyphes – ヒエログリフの研究者、シャンポリオンについての展覧会。
ヒエログリフはあの、エジプトの象形文字ざんすね。このシャンポリオンさんって方がヒエログリフを研究に研究を重ねて解読したということなんですが、いや〜ワタクシなんにも知りませんでした。やっぱりアレですかね、コンコルド広場のオベリスクもこういう研究があったからフランスに来たんでしょうか・・・。
会場はこんな具合


メインギャラリーとは打って変わって結構な人だかり。
テンポラリーの展示会場だからか窓がないのでこんだけ人がいると3蜜でちょっとコワイ。ワタクシ持参してきたマスクを早速装着いたしました。ここでは最初から3人3様のペースで見学したんだけど、会場が広いのと混雑してるんであっという間にみんな離れ離れに。
最初に終了したのがPaulでその次がワタクシ。二人して結構Seanを待ったような気がするんだけど、15分か20分くらいしてやっとSean登場。聞いてみたら説明を一つずつ読んではじっくり展示物を観察したんだそうな。まあ美術館慣れしてないから適当に飛ばす術をまだ知らないのよね。これはちょくちょく美術館に連れていくべきだなと思いましたわ。それにしても退屈で速攻で飽きちゃうかと思いきや一生懸命鑑賞しててワタクシ達はちょっと感心しちゃったのであった。こういうところで子供の成長を実感するのね〜。
このmuséeはブリュッセルからも近いし、館内もスッキリとして気持ち良いし、また是非見に来たいな〜と。これからは企画展をチェックしないとね。

Musée du Louvre-Lens
99 Rue Paul Bert, 62300 Lens, FRANCE
tel: +33 3 21 18 62 62

ランキングに参加しています!皆さんの愛あるポチをよろしくお願いいたしますね💖
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらも↓ポチッとヨロシク💖
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

読者登録もお願いいたしますね💖
ブリュッセル。超私的なブリュッセル・ベルギー案内 - にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です