Ma Jolie

Ma Jolie

連日良いお天気が続くブリュッセル。
これだけお天気が良いと、夜暗くなるときのギャップがすごいの。なにしろ夜は7時半を過ぎるともう暗くなるっていうのはすっかり秋ってことざんすね。
そんな初秋のブリュッセルで久しぶりにレストランへ行ってまいりました。お相手はママ友Nさん。
コロナでなくなっちゃったレストランも多いんだけどオープンしたレストランも結構ありまして、今回ランチでお邪魔したMa Jolieもその一つ。

Ma Jolieってのは親しい女性に呼びかけるときに使う言葉で「ねえアナタ」みたいな感じですね(女性同士でも使いますね〜)。
レヴューを見てみたらどこも結構良さげな感じなので期待してGoGo。
場所はchaussée du CharleroiでJansonの交差点からplace Stéphanie方面へちょっと行ったところ。ここもまたブリュッセルの角地の鬼門を逃れられないらしく何度かお店が換わってたんだけど、さて今回はどうだろうか。
店名以外は以前の店舗とさほど変わってないような


建物自体はそのまんまなんで大きな改装はしなくて居抜きに近いかも。
予約は12時。92番のトラムが道路工事中で代替えのバスで向かったらバッチリ時間通りのはずがちょっと遅れそうになったんでメールと電話を入れておいたワタクシ。普通は少々の遅れは気にならないんだけど、ここを予約したときに時間厳守でみたいなことが書いてあったんで、ちょっとでも遅れたら予約取り消しなんてことになるんじゃないかとビビりましてね・・・。でも5分ちょっと遅れて到着して「電話とメールしたんですけど〜」と言うとスタッフのお兄さんは「あ〜電話の人ね〜、全然大丈夫!」と中でも外でも好きなところにどうぞと数分ほっといてくれまして、ワタクシ中の方を覗いてみたら


アラ素敵じゃありませんの。
奥の方も誰もいないんでこれなら味気ない道路に面したテラスより良かろうってんで中の席をチョイス


サイトのフロントページにもある特等席よ。
このちょっとダークな花柄と壁際にずらりと並ぶヴィンテージの置き時計がワタクシの好みにストライク。上を見上げれば天窓が。
お向かいの席も素敵


あちらは蝶の標本が並んでおります。
Ma Jolieっていうネーミングだけに店内がダークなガーリー系というかなにかとヴィンテージで統一されてて、このインテリアだけでもワタクシ大好きざます。
室内でも庭に出る窓が開いてるんで換気も十分


夜はここでアペロとかするのかしら。
Nさんもトラムがなかなか来なくて30分ぐらい遅れちゃったんだけど、ここのスタッフのお兄さんたちはとってもフレンドリーで親切でノープロブレム。
さてメニューを見てみよう


ボタニカルなイラストでこれがまたイイのよ。
サイトにはランチメニューがあると書いてなかったんだけど、どうやら2皿で18ユーロ、メインだけだと14ユーロというランチメニューがあるそうな。
ワタクシたちは色々悩んだ結果、ランチメニュー2皿とアラカルトからメイン1皿をとって、二人でシェアすることに。もちろんお兄さんは快くOKしてくれましてお皿もちゃんとサーブしてくれましたぞ。
まずはランチメニューのアントレ


エビとアボカド。
上に乗っかってる赤いのは梅干しみたいだけど、多分プラムのコンフィなんじゃないかと。どこがどう特別ってわけじゃないけどパンに乗せていただくと普通に美味しい。
お次はメイン


ランチメニューのガンバスのリゾット。
リゾットはちゃんとアルデンテでエビのお出汁がしっかり出ててコクがある。エビもプリプリしております。
もう一つの方メインのお皿は


タコ。
ワタクシ、焼いたタコには目がないんでここのタコを食べてみたかったんですの。で、いただいてみたら柔らかくて味付けもシンプルでこりゃまた美味しかった。snackéってあるんで鉄板でさっと焼いた感じ。下に敷いてあるポレンタとケイパーのソースも美味。やっぱりタコは柔らかくないとダメなんで、ここのはバッチリ合格。しかもちゃんと皮が剥いてあってエラい。ええ、タコの足の皮むきは大変なのは身を持って体験済みのワタクシざんす。

いや〜どれも美味しかった。量はそんなに多くないんで女子にはちょうど良い感じ。もしかすると男性だとフルコースじゃないとお腹が膨れないかもしれないざんすね。他のメニューも美味しそうなんで色々試してみたい気が。
ワタクシ的にはここのインテリアに興味津々でおトイレもまた素敵だったのだ


家具は全部ヴィンテージ。
この洗面台がかなり行っちゃってるヴィンテージで、こればっかりはもうちょっときれいなのを選んでも良かったんじゃないの?(笑)と思ったり。まあ味があるといえばそうなんですけどね。でもこの鏡とかワタクシ好みで大好き。
おトイレに向かう廊下も


フレームや青い陶器が並んでおります。
おトイレに至る階段や踊り場周辺はキリスト教系の壁掛けがずらりと並んでたり、場所ごとにテーマを決めてデコレートしているのが素敵。
プライス的にはそんなにお手頃じゃないんだけど(アラカルトでフルにすると多分50ユーロくらい)この雰囲気ならリピする価値アリ。
おまけ


ここにはこんなカワイイもふもふな子がいます💕

Ma Jolie
175/177, chaussée de Charleroi 1060 Bruxelles
tel: 02 319 74 27

ランキングに参加しています!皆さんの愛あるポチをよろしくお願いいたしますね💖
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらも↓ポチッとヨロシク💖
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

読者登録もお願いいたしますね💖
ブリュッセル。超私的なブリュッセル・ベルギー案内 - にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です