アロちゃん逝く・・・

アロちゃん逝く・・・

今朝2週間ぶりにご無沙汰していた日本の母に電話をかけたら、やけに元気のない声でちょっとびっくりしまして私が誰かもすぐには分からないような様子で「お母さん、どうしたの?}と心配して聞いてみると「アロが死んじゃったの・・・」と絶句。
なんと!
アロちゃんは父が溺愛しているボーダーコリーでSeanと同い年の11歳。一昨年の年末に私が日本に行ったときには元気そうだったんだけど、ついに寿命が尽きたんでしょうかね・・・。
まあ確かに犬の11歳といえばそれなりの老犬になるわけで、いつかはお別れするときが来るとは分かっていたものの。
今朝母はいつものようにデイサービスに行き戻ってきたら動かなくなったアロちゃんを発見したそうで、ちょうどワタクシが電話をかけたのが発見して間もない時間帯だったので動揺してたみたいです。母は「死んじゃって悲しい・・・」と言葉にもならないみたいで、ワタクシも慰めつつも施設にいる父に知らせたかどうかが気になって聞けば、ちゃんと電話はした模様。
しかし、父が愛犬の死を耳にして口にしたのは「まあ仕方ないなあ」だったそうな。ああお父さん、もうそんな反応しかできなくなっちゃったのか・・・。なんだかそっちのほうが悲しかったりしたワタクシです(泣)。まだアロちゃんが若い頃に行方不明になって半狂乱になってひと晩中探し回った父を知ってるだけにこのリアクションはちょっとショックだったり。
それにしても、アロちゃんをかわいがってたSeanはこの夏2年ぶりの里帰りでアロちゃんに再会するのを楽しみにしてただけにちょっと可哀相だな、と。
こんなにべったりだったんですがね・・・


Seanが最後にアロちゃんと過ごしたのは2016年の夏休み。
何枚か記念写真を撮ったもんです


この写真を載せたブログにはもしかしたらこれが最後かもしれない、なんて書いてたんですが、まさか本当に最後になるなんて😭。
でも、どうなんでしょうね、この2〜3年は母が満足に歩けなくなってお散歩にも行けず、庭で多少走り回る程度しか運動もできなくて、ぶくぶくと太る一方だったのでかわいそうだったアロちゃん。もともとお散歩が好きで元気な子だったので天国で思いっきり走り回れてこれで良かったのかもしれないな〜と思っております。やっぱりこの子の大きさはうちの母には手に負えない大きさになっちゃってたし、母にとってもアロちゃんにとってもこれで良かったんじゃないかと。
アロちゃん、安らかに・・・。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です