ビュッシュ・ド・ノエル マロンクリームバージョン

昨日のNoëlは我が家は3人だけでお祝いしました。なんか寂しいな〜とは思うんだけど、ま、しょうがない。こんなことはワタクシがPaulと結婚して以来初めての事だったんですが、Seanにはちょっとかわいそうだったかもしれない。
それでも、それなりにNoëlっぽくしようじゃないかとワタクシ、人生初めてビュッシュ・ド・ノエルを作ってみました。これはつまりワタクシはロールケーキというものを一度も作ったことがないという正真正銘のビギナーというわけです。でもさ、やっぱりNoëlにビュッシュを食べないってのはちょっとどうよと思ったので頑張りましたよ。今回は今年初め(随分前ですね・汗)に作り置きして冷凍しておいたとっておきのマロンクリームに秋にViroflayの森で拾った栗(同じく冷凍保存)を入れてマロンクリームのビュッシュ・ド・ノエル。さ〜どうなるか。
順を追って見ていくとしよう。
まずはスポンジね。ググッた時にとあるアメリカにお住まいのブロガーさんがなにやらケーキ用の粉(恐らくシフォンケーキとかその辺用)を使うと驚くほど上手くできるということを書いていらしたので、そうかポイントは粉ね、と今まで見向きもしなかったケーキ用の粉をゲット

IMG_6321
よし、これでベースは固めたと(単純)。
では、卵の白身でメレンゲ作るところから

IMG_6323
グワ〜ンと混ぜる。
やっぱり文明の利器があると便利です(笑)。最初低速で最後の方でサクッと高速にするのがポイントだそうな。
さ、混ざったね

IMG_6325
かなりしつこく混ぜたのでしっかりピンッと角立っております。
お次は黄身の方

IMG_6329
こちらはマヨネーズ状になるまで。
ここにさっきのメレンゲを3回に分けて投入

IMG_6333
これは3回めのごっそり入れたところ。
混ぜるときに下から起こすような感じで混ぜるんだそうな。勿論言われたとおりにやるビギナーのワタクシです。
なんとなく混ざった感アリなので天板にクッキングシートをセットしてオーブンへ

IMG_6335
実はこの天板がネックでして。
いえね、我が家のオーブンっていうかヨーロッパのオーブンのスタンダードがデカイの。だから日本人の方々のレシピだとちっこすぎてどうにもこうにも間に合いそうになくて、さんざ探しまくったらなんとか30x40cmの天板で作るというレシピを発見。おおこれよこれ!と喜んだワタクシだったのですが、生地を流してみればアライヤだ、薄っぺらじゃないの。全くどんだけデカイの。ま、自分ち用だからとりあえずこれで行くべと運を天に任せたわけです。
さあどうよ

IMG_6337
ま、ペラペラですわ(泣)。
薄いだけに端のほうが少々硬くなっちまいましてね。まあ、カットしちゃえばいいやととりあえず粗熱をとる。
その間に今度はフィリング用のマロンクリームを作ろうじゃないか。
材料はこちらの面々

IMG_6339
解凍したマロンクリームに栗、泡立てた生クリーム(砂糖入り)そしてバニラエッセンスとラム。これで美味しくなかったらワタクシの首を差し上げますわよ(自信)。
これらを全部混ぜるとこうなる

IMG_6341
ふむ、まあまあイイ感じ。
ユルすぎても硬すぎてもよろしくないということでビギナーには匙加減が非常に難しいところなんですが、一応程々の固さでやめておきました(それでもなにげにちょっとダレては来ちゃったんですが、ビギナーなのでね)。
生地の粗熱が取れたみたいなので早速巻き巻き

IMG_6343 (1)
巻くのは結構上手♪
あ、ここまででお気づきのかたもおいでかと思うんですが、クリスマスのビュッシュはココアのロールケーキではないかと・・・。ええ、ワタクシもそうしたかったんですの、ココア入りに。しかし、初めてでテンパってたのかココアのことなどすっかり何処かへ飛んで行ってたみたいでプレーンの生地になっていることにオーブンに入れてから気づいた次第です(汗)。だってね、参考にしたレシピはココア入りじゃなかったの(言い訳)。ま、デコレーションしちゃえば中身なんか見えなくなるし、いいのよこれで!と今度はデコレーション用のチョコレートクリーム。チョコレートをSeanに湯煎してもらってクリームを作り、いざ、デコ!

IMG_6345
樹の幹っぽくフォークで筋を入れたりね。
写真で見るとそこそこなんですが、実はこのチョコレートクリーム塗るのがえっらい大変だったんです。どうしてかというと、ユルさが足りなかったのかどうなのか(ワタクシは十分クリーム状だと思ったんですが)塗る先からどんどん固まってきちゃいまして最後の方はコロコロになってきて超焦るというね。最後の方は僅かに残ったクリームを再度湯煎し直して既に乗っかってるクリームを熱で溶かしつつ塗りたくるという荒業を駆使してやっとこの状態にしたというワタクシ。これだけでどっぷり疲れが・・・。しかし、ここで終わることが出来ないの。どうしてかって言うとこれ以上デコレーションが出来ないからでして(こういう時普段からお菓子作りしてないとデコする材料がなくて困りますね)頭を捻ったワタクシ、チョコレートを削って上から振りかけるということを思いついた。ま、無難ですね。振りかけるだけだから簡単でOK。
で、出来上がり〜

IMG_6359
初めてにしてはまあ上出来なんじゃないかと。
どうよこのチョコレートの振りかけ具合

IMG_6363
欲を言えばもう少しチョコレートが丸まって欲しかったんですが、欲を言えばきりがないので良しとする。
ちょっと味見をしてみたんですが、フィリングのクリームはめっちゃ美味しかった。これだけでもワタクシ満足です。
でもね、切るとね・・・

IMG_6365
生地ペラペラが丸わかりなんですの(爆)。
でもって生地に芯が入ってるというね。ええ、食べてみると若干固いんですわ。巻く前にラムを塗りたくっておいたんですがやっぱり応急処置は効かなかったみたいです。やっぱり天板がでかすぎて生地が薄っぺらになっちゃったのが敗因じゃないかと。これは次回の課題ですね。
さて、我が家の男子の感想はといえば、Paulは美味しい美味しいと絶賛。しかし、肝心のSeanは「甘くないからちょっと・・・」と半分でギブ。ちょ、ワタクシレシピ通りにお砂糖入れてるんですけども。しかも、マロンクリームにはもともとお砂糖入ってたし、更にそれに混ぜた生クリームにもお砂糖で、チョコレートクリームにもお砂糖とワタクシ的には死ぬほど入れたつもりなんですが、それでも足りんとな。いやこれはね、メインで食べたラクレットでフロマージュをたんまり食べたせいじゃないかと思いますよ。確かに、このビュッシュの雰囲気は大人系なのでおこちゃまにはちょっと物足りなかったかもしれないね〜。でも人生初のビュッシュ・ド・ノエルにしては上出来だったということで。次回リベンジ編を待て!

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。