女子会@KAMO♪

ワールドカップの日本ロスからだいぶ癒えた今日この頃・・・。
Seanはあの晩夜中の2時に目が覚めて悔しくて泣いたそうで、もうベルギーなんか応援しない!と宣言したんですが、やっぱり応援する国がないとつまんないということに気づいたのか、はたまたそういや自分は半分ベルギー人だったなと思い直したのか(笑)やっぱりボクはベルギー応援するよと。こうなったらディアブルルージュに優勝でもしてもらわんとイカンよね。

さて、毎日暑いブリュッセル、先日この夏から家族で日本でしばらく生活することが決まったマロニエ祭委員仲間のEさんのお別れ会ということでこぢんまりと女子会を開催いたしました。
場所はミシュラン一つ星に輝くKAMOの女将、Mさんから直々に提案をしていただきKAMOでランチ。
今回は6月末だったこともあって日本へ里帰りするメンバーが多く、集まったのは主賓のEさん、KAMO女将Mさん、ママ友Mibさん、そしてワタクシの4名。でもね、KAMOに決まった後他のメンバーに「うふふ、KAMOよ〜ん💖」と自慢したら「えええええ〜うそ〜ずるい〜!」と後悔の悲鳴が上がっておりましたよ(ちょっと大げさ・笑)。
女子会当日もピーカンで快晴。
早速ワインやビールやお茶(若干1名飲まぬという女子あり)で乾杯をしたらシェフからのサーヴィスの一品が


タコの磯辺揚げ。
ああ・・・これが、このタコがもう柔らかいのなんのって、噛めばとろけるような食感で絶品なんざますよ・・・。もうワタクシこれだけでもOKなんですけど!丼でいただきたいくらいでござんしたよ。
そして本日のランチはやっぱりシェフの十八番の鯛茶漬けを


小鉢はサラダにイワシ(アジ?)のつみれ、ビーツの葉っぱのおひたしにそばの実和え


ビーツの葉っぱのおひたしのそばの実がコリコリといい味出しております。
以前にランチをいただいたときも確か小鉢にそばの実が使ってあったのでシェフはそばの実をアクセントに使うのがお好きな御様子。
そして鯛茶漬け・・・


これは混ぜる前ね。
ごまがたっぷり入ったゴマダレがワタクシ好み♪
最初はご飯に乗せないで鯛を味わい、2杯めのご飯には乗っけてお茶漬け。ああ、シアワセ・・・💖日本人はこういうコクはあるけどあっさりとした味わいが好きなのよね。
ちなみに主賓のEさんは本日のランチメニューからイベリコ豚をチョイス


脂が乗っていい色してますわ。
ガッツリ肉を食べたい向きにはヨロシイんじゃないかと。
ふと店内を見渡すと相変わらずの満員御礼


日本人はワタクシ達ともう1組くらいであとはほとんどが現地人のお客さん。男性のお一人様ランチも結構多いのだ。
以前もこのブログで話題にしたんですが、ここブリュッセルってどういう訳か角地の物件が流行らないという不思議な都市伝説がありましてね。このKAMOの物件も角地でそれまで何回かレストランが入っては長続きせず撤退を繰り返してたんですが、さすがのKAMOにはそんなジンクスは通用せず。毎度繁盛しております。
最後の〆はデザート


抹茶アイス。
上品なお味ざんす。
一人アイスが苦手なMibさんはこちら


黒ごまプリン。
まったりねっとり。(アイスもおいしかったがこっちのほうがワタクシは好きかも)
和食ではあまりデザートは重要ではないというか、水菓子と言えば季節の果物にアイスクリームあたりが定番なだけにこっちの最後までデザートをガッツリ食べる現地人に対応するのはなかなか大変だと思うんですが、プリンやムースっぽいのだったら和のお味を出しやすいと思うので頑張って欲しいですね。
ワタクシは食後の飲み物にはお抹茶を


うん、ポリフェノール・・・。
いや〜久しぶりのKAMOランチ、堪能いたしました。Eさんの送別会にはピッタリ、Mさんありがとうございました!

KAMO
550A, CHaussée de Waterloo 1050 Bruxelles
tel: 02 648 78 48

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です