年寄りの冷や水

なんてタイトルの今日のブログですが。
昨日あの浅田真央ちゃんが電撃引退発表をいたしましたね。いや〜びっくりしたわ。このところ世間でまおと言えば海老蔵嫁の麻央さんの方でしたが、昨日からは浅田真央一色みたいですね。さすが世界の浅田真央だけあるわと改めて彼女の人気に感心しております。かくいうワタクシも彼女のファンでしたので引退は寂しい・・・(涙)。ソチ五輪のフリー演技の時は思わず手に汗握って泣きましたよ・・・。
Youtubeでそれ以来お気に入りに保存してる映像ね

は〜何度見ても泣けるわ💦
そんな孤高のアスリートの真央ちゃんに引っ掛けて、なんて言うわけじゃないんですがワタクシ日曜日の午後に運動をしましてね。って言っても大した運動じゃないんですが、それは縄跳び。縄跳びなんてもう何十年もやってないような気がするんだけどお天気がやたら良かった夕方、お出かけ(これについてはまたのちほど)から帰ってきてまだ余力があったワタクシ、何を思ったのか自分でも未だに分かんないんですがSeanに「ねえねえ縄跳びやってみようよ」と誘いをかけてみたところ、え〜とか言いつつも乗ってきたのでちょいと縄跳び指南。実は我がSeanは縄跳びが苦手。と言うよりももはや縄跳びってどうやってするんですかレベルで見てるとこれがワタクシの息子なのであろうかと疑いたくなるようなどんくささ(ええ、ワタクシ運動神経が結構良いんですの)。普通縄跳びって言えば手首の返しだけで縄を回すんだけどSeanの場合はよっこいしょっと背負い投げ的に腕ごとぶんと回すので一回飛ぶとそこから復帰できないのだ。でもって足を揃えて飛ばないもんだから残った足が縄に引っかかる。う〜んキミ運痴なんじゃないのか・・・などと見てられなくなったワタクシ、「おりゃ、見てみなさい、コレが縄跳びってもんなのよっっ」と縄をむんずと掴んで軽やかに飛んでみせたところ、アラまあワタクシったらちゃんと出来るじゃないの。勢いに乗って後ろ回しから交差跳びから二重跳びまで一通りやって見せたらSeanが「ママ〜もっとやって〜」って。おだてられるとついその気になるワタクシですのでおおそうかカワイイ息子のリクエストならいくらでも!と二重跳びを数回やったら(昔は20回くらい軽く連続で出来たのが3回しかできなかったんですけどね・泣)心臓がバクバクしちゃって打ち止めですわ。だってまだ死にたくない(爆)。
結局縄跳びもSeanが全然出来ないのでワタクシだけ跳びまくって終了したわけですが、その晩パジャマに着替えるときにふと足を見下ろしたらなんと右膝の内側に結構な大きさの紫色の痣が!左膝のやっぱり同じところにも小さめの赤痣。ついでになんか腰も痛いわ・・・。一体どうしたっていうの、ワタクシどこにもぶつけてないんですけど?お風呂場に行って明るいところで見てみたらそれはもう見事な青タンならぬ紫タンなんだけど触ってもそれほど痛くない。こんなものが出来るようなことはしてないがどうしたんだどうしたんだと考えてみれば、おっとこれは縄跳びが原因なんじゃないだろうか。と思い至りましてね。ちょいとエア縄跳びをしてみたら二重跳びの滞空時間を稼ぐために膝をキュッと締めるときに確かに膝の内側が当たってるわ。しかし、たった数分でこれほどの痣になるなんてやはり歳のせいで血管が切れやすくなってるんでしょうね〜。これこそ年寄りの冷や水。ちょっと運動するにも気をつけないといけないよな〜と反省したワタクシです。アラフィフの皆さん、縄跳びするときには膝の内側の痣にお気をつけ遊ばして。

二重跳び用の縄もあるんですってよ

ウチのはフツーのこのタイプですね

なんとなくお手軽フィットネスで良さ気なので痣が癒えたら時々やってみようかと。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook4Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。