残り物には福がある Palais des Thés

お暑うございます、ブリュッセル。
この暑さはまだまだしばらく続きそうな様子ですが、やっぱり夏ですから暑いとそれなりに夏らしくていいじゃないか、なんて思ったりもしますが、なにしろクーラーがない環境だけにそのへんが少々つらいですね。カラッとしてるので日陰は結構ひんやりするのがまだ救いですが。
さて、学校関係はすっかりヴァカンス。我が家はSeanだけじゃなく高校教師のPaulも一緒にどっぷりヴァカンスでぐうたら昼寝したりしております。
そのPaulが学校の最後の日に(こっちは終業式やら修了式なんてものはなし)学校からもらってきたものを差し出したので、なにかしらそれ?と見てみれば


お茶。
しかもそこらのお茶じゃないの。Palais des Thésのお茶。
Palais des Thésのお茶といえばちょいと高めのブランドティーだったりするわけですが、Charleroi(ベルギーでもガラが悪いので有名な市)の学校がカフェテリアで教師向けに出すお茶にしてはちょいと高級品なんじゃないですかね?っていうかCharleroiのフツーの住民(教師)が果たしてこのブランドを知ってるのかどうか(かなり失礼・笑)疑問だったりするんですが(これを買って来るってことはまあ少なくとも一人くらいは知っているのであろう)Paulにそのへんを聞いてみたら、どうやら学年最初の頃に色々とこういうカフェテリアの備品を買い求めるんだそうで、年度末になってこのお茶が余っちゃったから処分をどうしようかという事になったそうな。Paulが「処分するんならそれもらってくよ」とまんまとゲットしたらしい。ワタクシ毎朝1リットル以上のお茶を飲むお茶飲みなのでそれをよく知ってるPaulだけに、アンタたまには気が利くじゃないのと褒めて遣わしましたわ。
このお茶はPalais des Thésでもベストセラー(とサイトに書いてある)のVive le thé!という緑茶なんですが、袋を開けてみるとふわ〜っというかもわ〜っというか柑橘系の香りがしてこりゃさっぱりしそうな感じ。でも普通のお茶を欲する向きにはどうなんでしょうね、この手のフレーバーティー。ワタクシは好きなんでノープロブレム。
それにしてもこのお茶100グラム入りで8.70ユーロするんですが、ほとんど使ってない。一応封は切ってあるので誰かがちょろっと試したんだろうがおそらく1回か2回程度味見して終わったんじゃないかと。いや〜まさにこれは残り物には福があるを地で行った感じですね。
Paulの話だと毎年こんな感じで備品を買い求めるそうなので、9月の新学期にも是非こういう高級品を(誤って)購入してもらって誰も飲まないまま年度末を迎え、またまんまとゲットしてきてもらいたいもんだと目論んでいるワタクシです。

Palais des Thés
25, chaussée de CHarleroi 1060 Bruxelles
tel: 02 537 89 07

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です