父とうな神

ロストバゲッジが戻ってきて一安心のワタクシでございます。
いや〜、こういうのって心身ともに非常にストレスになりますね・・・。お陰で痩せちゃいましたわ。
さて、ワタクシの日本行きは両親の終活をするためではあったんですが、たった10日の日程ではもう全然時間が足りなかったですね。娘であるワタクシが代わりにやると言ってもやはり両親のサインやらなにやらが必要で、とにかくなんでもかんでも本人じゃないとダメでして。まあ、昨今の詐欺や搾取などの問題があるので仕方ないとは思うんですが、本当に身内で悪気も何もない場合はただただ迷惑なだけというか。そんなこんなでアポが一日中あったりすると椅子に延々座り続けてしゃべくりまくりでお尻は痛いわ、喉が枯れて翌日だみ声になるわで疲労困憊。時差ボケになってる間なんてありませんわ。時間の戦いということもあってなんかこういつもバタバタしているような状態で、でも母と一緒だと走りたくても走れないわけで、そのせいもあって遅々として進まなかったっていうのもあったりで。
そんな中、老健に入っている父の外出許可をもらい、うな神へお昼を食べに行って来ました。
父は鰻が好物で、その血シッカリを受け継いでワタクシもSeanも鰻が大好物。
いつも施設で味気ないご飯を食べているのできっと喜ぶであろうと、ご馳走いたしました。久しぶりのうな神は相変わらずの繁盛ぶり。
父はうな丼、ワタクシはひつまぶしを


良い照りざんす。
肝吸いもね


ここの肝吸いの肝は結構大きくてプリプリしててオイシイのだ。
そんなにたくさん食べられないからと言ってた割に父は美味しそうにペロリと平らげて満足げでした。
そんな風に美味しそうに食べてた父ではありますが、翌日母と一緒に訪ねていった時に「お父さん、鰻食べたよね〜?」と振ると「へ?食べたっけ?」とすっかり忘れちゃってるのがまた悲しかったりするんですよ・・・(泣)。こういう風にして近々のことを次から次へと忘れていっちゃうんですね・・・。まあでも美味しい美味しいと食べてくれただけでも良かったと思ってます。
また日本に帰った時に連れ出して鰻を食べさせてあげたいと思っているワタクシです。

うな神
〒509-0126 岐阜県各務原市鵜沼東町2丁目94
tel: +81 58-384-9209

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook6Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:2

  1. 日本での活動お疲れ様でしたー!
    いやぁぁ、この鰻の画。たまらないですねぇ><
    お父様記憶が曖昧ですか?実は私の父もそろそろきたという感じで
    数年前から自身で悔しくなるような思いをしていたようですが、
    押し寄せる波には逆らえないという感じでじわじわと。。。
    いつか私の事も・・・と想像すると涙が出そうです。
    お互い、海外に出てしまった身、頑張りましょうね!!!!!

  2. 海外で生きると決めた人間には必ずやってくるこの状況だとは分かっていても、近くで見ていられないことがもどかしいですね・・・。
    うちの場合は両親ともどもなので結構辛いです(泣)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。