秘密のレバノン軽食屋

ゲホゲホ・・・すっかり風邪をひいてしまったワタクシです。どうやらインフルエンザが流行ってるらしくてSeanのクラスでは8人も休んでるそうな。これ以上悪化しないように気をつけねばと思いつつ、ワタクシの喉のイガイガは既に2週間以上続いております。ああイヤだ。
さて、これは去年の話になってしまうんですが友人Kさんが安くて美味しいお店に連れて行ってあげる〜と誘ってくれたので尻尾を振って付いて行って参りました。
Kさんからは巷に知られちゃうと混んじゃうから名前や詳細は乗せないでね〜と釘を刺されておりますので写真だけで想像してくださいまし。
ザクッとエリアだけ申しますとLouise近辺ってことで。
Kさんの後ろを付いていくと、へぇ〜こんなところにねぇ〜という感じの場所にそのレバノン軽食屋はあったのであった。
どれどれ中へ入ってみよう


テイクアウト用のパックが山盛りのてんこ盛り。そしてこのそこはかとなく漂う場末感、いいね〜。
時間的にはまだ夜7時前だったので空いておりましたが、このパックのストックの量を見ても想像できるんですがピーク時には相当混むんではないだろうか。
ショウケースを見てみれば


おお〜おいしそうなレバノンのお惣菜達よ。ワタクシ個人的にはケースの上に並んでる揚げ物がかき揚げとかさつま揚げっぽくて妙に気になりましたね。
しかし、レバノンならばまずはファラフェルを食べたいワタクシ、結局Kさんオススメのタブレ(ここのタブレはフランス風のクスクスの入ってるのじゃなくてパセリメインの超ヘルシーなヤツ)とファラフェルサンドにいたしました。
これよ


スナック(所謂軽食屋のことで日本のお姉ちゃんのいるスナックとは違います)なのにちゃんと陶器の食器でサーブされます。しかもセルフじゃなくてお兄ちゃんがテーブルまで持ってきてくれる。
どれどれとかじってみる


野菜ガッツリ、ファラフェルも気前よく入っております。野菜多めにね〜とかリクエストも出来ますよん。
ここんちのファラフェルサンド、というかサンド系はピタパンじゃなくてクレープ状のパンをクルクルと巻いたタイプ。これが結構お腹膨れます。お味はわりと薄めなのでスパイス苦手な向きにもイケます。ワタクシはもうちょっとガツンと来る感じでもいいかな〜と思ったり。
そしてタブレも酸味がきいてて爽やかスッキリ、夏場とかきっと売れるだろうな〜。
一つだけここの残念な点はと言えばアルコールがビールくらいしかないってことでしょうか。後は入ってすぐのところにあるケースから自分で適当に選んでレジでお会計するという形。ワタクシ的にはせめてテーブルワインくらいあるといいのにな〜と思いましたが、なにしろスナックなので贅沢は言えまいね。
そして一番のポイントはですね、安いんです、ここ。もうね、安いってもんじゃないんざます。最初Kさんが安いからね〜と言ってたのでふ〜んそうなの安いんだ〜と漠然と「じゃあ15ユーロくらいかしらね?」くらいに思っておりましたら、レジでお会計をしてみてあらビックリ、お一人様お水込みでなんと10ユーロ以下!(確か8ユーロくらいじゃなかったかと)ワタクシあまりの安さに思わず聞き直しちゃったくらいざんす。この安さのおかげなのかワタクシたちが食べている間にもドンドコお客さんが入ってきてはテイクアウトして行き〜の、テーブルに付いてサクッと食べ〜のでそりゃもう繁盛しておりました。
実はこのお店、お隣はちゃんとしたレバノン料理のレストランでそこそこ繁盛している様子。これがスナックの方になるといきなり場末感漂う庶民派になるんですが、でもきっと同じ材料を使ってるはずで美味しいのも頷ける。こんなに安いんならお昼時なんてそりゃもうすんごい修羅場になるんじゃないかと。
いやそれにしてもKさんには良いお店を教えてもらいましたわ。また一緒に食べに行きましょうね、Kさん♪

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:2

  1. 基本テイクアウトはケバブやでもピタサンドでも中華でも同じだと思うんですが、その中でもやけに美味しいところってあるんですよ。フリットでも美味しいところとイマイチのところがあるし、そのあたりはやっぱりクチコミ情報をチェックするしかないですね〜。経験から行くと場末感漂うところって結構美味しかったりしますが、それでも清潔度は要チェックですね(笑)。

  2. お大事になさって下さいねー!げほげほ。
    というわけで私も喉から来てとうとう風邪をこじらせております、、

    レバノン料理ってあちこちで小さなお持ち帰りのお店があって
    実は気になっているのですがレバノン料理そのものを食べた事も無く
    なんか店構え的に衛生面とか、、、ときになってなかなかチャレンジ出来て
    おりません。こうやって誰かに教えてもらわないとねー。
    私の中ではあちこちに点在しているレバノンお持ち帰り屋さんってあのお持ち帰りの
    中華屋さんと同レベルという感覚なのだけれどそれは失礼な事でしょうか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です