警戒レベル3ですが・・・

昨日水曜日、Paulの帰りを待ってMarks & Spencerへスコーンを買いに出かけたワタクシたち一家。先週はまだ警戒レベル4だったので人出も若干少なめ、ポリスやら軍隊やら総出でちょっと物々しい雰囲気だったavenue Louise近辺もレベル3に下がってきっと先週ほどじゃなかろうと思っておりましたが、一応先週はiPhone忘れて写真が撮れなかったことを反省しまして、今回はガッツリ持参して家を出ました。しかしね〜もうレベル3に下がってちょっと経つしきっと先週みたいな装甲車みたいなのはいないだろうと思っておりましたら

IMG_6192
あら、いたわ。(前のタイヤの空気がだいぶ抜けてるのが気になるの)
しかも先週と全くおんなじ場所、Urban Outfittersの前。もしや常駐してて動いてないとかね。
しばらく行ったToison d’OrとLouiseの交差点の角にも

IMG_6194
やっぱりいた。(車走行中につきボケボケですが)
でもね、こういうところがブリュッセルってのどかよね〜と思うんですけど、この装甲車にくっつくようにしてゴーフルのバンがきっちり営業中(笑)。写真の左の方にちょろっと見えてる黄色いのがバンですが。これってアレかしら、ウチでゴーフル買うともれなく装甲車におさわり放題のおまけ付きだぜ、みたいな感じで客寄せ効果を狙ってるのかしら。
M&Sの最寄りの地下駐車場に行く前のSofitel前にはポリスがわらわらと

IMG_6196
左のメルセデスに要人でも乗ってるのか・・・。
M&Sのエレベーターには相変わらずアラブ系の(黒服の)セキュリティがおりました。なんでしょうね、アラブ系のセキュリティというのもデフォルトなんでしょうかね。
さて今回は全粒粉スコーンを残ってた8個全部買い占めてニンマリしつつお買い物を終了し家路に着いた我ら、ブリュッセルではセレブや各国要人御用達のWiltcher’sの前を通りかかると兵隊さんがごっそりと

IMG_6197
偉い人でも泊まってるんだろうか。
ここんちにはマドンナとかティナ・ターナーなどのエンタメ系を始め国家元首級のエライさん達がお泊りになるのでそれなりの警備が必要なのかも。他の主要なホテルには今でも兵隊さんが2人組みで警備にあたっている様子。これも先週と変わらず。
なんかね〜こういうの見るとやっぱりまだ危ないのかしらね、ブリュッセル。などと思ってしまったりするんですが。先日も友人と話したときに、気をつけてね、と言っても向こうが無差別に来ちゃったらこっちが気をつけてたってもはや何の意味もないわけで、もうこれは何が起こっても驚かないくらいの覚悟で日々生きていくしかないのよね、と妙に悟りの境地になったのでした。
昨日もバタクランでコンサートをしたEagls of Death Metalのメンバーのインタビューを見たんですが、あまりにも生々しくて涙なしでは見ていられなかったというね・・・

ワタクシ、てっきり彼らはヘヴィメタバンドだとばかり思ってたんですが、実は彼らはシャレオツなお気楽系ロックンロールのバンドだったんですね。こういうちょっとパロった感じのユーモアってフランス人は好きなのでそりゃバタクランも満員御礼になるよな〜、と思いましたわ。インタビューを見てるとまだ立ち直れてないんだな〜というのがありありと分かって、キミたち本当によく無事だったよね・・・(バンドのフロントマンは逃げるときにテロリストの一人と鉢合わせしちゃったとか)。ワタクシ、彼らの曲なんて、いや彼らの名前すら知らなかったけど、頑張れよっ!と応援したくなりましたよ。
バタクランが再開したら彼らが望んでるように一番にステージに立って欲しいですね。

この新譜のツアーだったんですね

にしても、ずいぶんとエロなジャケですね(笑)。中にはデュラン・デュランのSave a Prayerのカバーが入っとります。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

share... Share on Google+1Share on LinkedIn0Share on Facebook6Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。