隣人との攻防 – 未遂

新年明けて既に2週間近く、早いですね・・・。
旧ブログでは連載記事になってしまった感のある去年から始まった上の住人たちとの戦い(これは旧ブログの記事その①その②その③でチェックしてみてくださいね!)は一応一段落した様な感じではあるものの、奴ら – 主に女性 – のコンコンカンカンという靴音の騒音は相変わらずうるさくて、ま〜ほぼ一日中聞こえてくるのである。聞こえないということは留守ということ、ってくらいはっきりしております。それを証拠にフランス人というPaul情報から、ヴァカンス中は帰省していたのかそりゃもう静かなもんでして束の間の静寂を楽しんでいたワタクシでありました。が、ヴァカンスも終わるときは来ますわね・・・。上からのコンコンカンカンが聞こえてきて「む、奴ら帰ってきたな」と少々身構えたものでございます。
さて、その隣人たちとの攻防、今回はタイトルにある通り、未遂に終わったのであった。
それは今朝のこと。直近の奴らとの戦い「隣人との攻防③」で我が家の洗濯機が轟音を轟かせた一件を踏まえていただきまして。ええ、またしてもウチの洗濯機がやらかしたんですの。スヤスヤと眠っていたところを突然のゴンゴンゴンゴンという何かを叩きまくるような音で目が覚めたワタクシ、あ〜これはまた洗濯機だな〜と思いつつ惰眠を貪りたいばっかりにそのまま横になっていたところ、第二弾のゴンゴンゴンが轟いた。ちょっと〜何なのよ、コレ〜とすっかり目が覚めてしまった。頭は一応冴えていたのでおっとマズイこのまま前回のようにこの音が続いたら上の奴らが過剰反応するやも知れぬとさくっと起き上がり洗濯機のある小部屋へと急行。そしたらですね、洗濯機が20cm近く前にせり出してきちゃってるじゃないの。オイオイ、どんだけ動くのよコレ。ガンガン動いてる洗濯機を両腕で抑えこんで元あった場所まで戻す。この間も洗濯機はかなりの振動で動いております。幸いにもまだ奴らは反応していない模様で、これはもうワタクシが自ら犠牲になって洗濯機を抑えこんでいるのが一番の得策ではないかと判断したわけです。タイマーを見ると5分とある。そうか5分位なら寒さも耐えられそうだ。しかも今日はそんなに寒くなさそうだし。
ってなわけで我が洗濯機に上半身の体重を思いっきりかけた上に両腕でサイドを抱え込んでまさに柔道の抑え込み状態に入った。
「抑え込みッッッ」

oae0808151358006-p11
まさにこんな感じで。
柔道で抑え込み一本取るのって25秒でしたっけ。ワタクシは5分抑え込み。一本勝ちどころじゃないの(笑)。
いや〜それにしてもスゴい振動でしたわ・・・。まだ寿命が来てるとは思えない我が洗濯機(恐らく7−8年・日本ではそろそろかとは思いますが、こちらではまだまだ現役でイケる年なのだ)、しかしこの振動で「これは換え時かもな・・・」とちらりと頭によぎりましたね。ま、予算ぐりとか大人の事情がありますゆえすぐにハイッとは換えられないのが実情ではありますが。
そんなわけで、ワタクシの身を挺した抑えこみのお陰で今回のバトルはなんとか回避するに至ったわけです。その代償としてワタクシの上腕は筋肉痛ですが(泣)。
今年も隣人との攻防は続く・・・。

もしかしたらこういうので技を磨くべきなのかもと一瞬考えたワタクシではあった・・・。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。