fête de travail – メーデー

なんともう5月1日ですね。この間エイプリルフールなんて言ってたのにあれからあっという間に1ヶ月経っちゃったとは。光陰矢のごとし、でしょうか・・・。
さて、5月1日と言えばメーデー。フランス語ではfête de travail(フェット・ド・トラヴァイユ、つまり労働祭りってことですね)。この日はすずらんを贈るのが習わしです。この時期はすずらんの季節ということなんでしょうか、5月1日にすずらんを贈られると幸せになれるそうな。これはすずらんの花言葉が「幸せの再来」ということから。
そんなわけで朝起きてみるとテーブルのワタクシの場所にすずらんの小さいブーケが置いてありましてね。どうやらPaulがUccleセンターのPain Quotidienにクロワッサンとパン・オ・ショコラ(これはSeanとPaulの分)を買いに行ったついでに気を利かせてmarchéで買ってきたらしい。縁起物なのでありがたくいただきました。
早速飾ってみました

IMG_7110
空き瓶でもすずらんだとなにげにカワイイ♪
Paulが買ってくれたのはバラが入っておりました。ワタクシ個人的にはすずらんだけの方が好みなんですが、頂いたものにケチを付けるのは野暮ですので何も文句言わないでありがたく頂戴しました(笑)。バラの分だけもっと沢山すずらん入ってたほうが良いのにね〜。だってまとまったすずらんの香りの方がバラ一本だけより良いじゃありませんの。
この日に限っては誰でもすずらんを売ることができるというわけで街角にはどこで調達したのかすずらんを売るにわか売人が(なんて言うといかがわしい物を売ってるように聞こえますが)わらわらと出現するのである。まっとうな花屋さんが出店として売ってる場合もありますが、元締めみたいなのが売り子に配って売らせてたり、森に入ってホントは採っちゃいけないすずらんを採ってきて家族で売ってたりね(この場合はきっちり罰せられるのか縁起物だから見て見ぬふりで収まるのかは不明)。
こんな風習で春の訪れを感じるブリュッセルですが、今日は久しぶりにいいお天気で気持ちが良い一日になりそうです。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。