On The Planetでのインタビュー

テロから2日経ちましてすっかり落ち着いた感のあるブリュッセルの日常です。
今朝ふと窓の外を見てみたらお向かいの建物のバルコニーにベルギー国旗が

IMG_6887
真ん中で絞って反旗にしてある様子。昨日は気づかなかったけどそれはワタクシに外を見るような心の余裕がなかったってことなのかしら。ベルギーは3日間の国喪です。
まだ公共の交通は朝7時から夜7時までと制限はあるものの普通に動いているみたいですし、学校関係もほぼ平常通りで一見して何も変わったところはないようには見えますが、さてどうだろうか・・・。実際ワタクシはほとんど外出してないですし変わってないというのもうちの近所に限ってのことなのではなはだ不確実な情報ではありますが、外からいつもより頻繁に救急車のサイレンが聞こえてくるような気がしないでもない。そして学校前の道路の車の交通量も普通よりも若干多いような。救急車は近くに病院があるので普通といえば普通、でもなんとなくけが人を転院させるための搬送を行ってるんじゃないだろうかとか、車の交通量が多いのも、公共機関を使いたくないがゆえなんじゃないかとか想像したりね。うん、これはなんとなく理解できるかも。だってメトロ使いたくないと思うのは誰しも同じなんじゃないかと。昨日RTBFのニュースでメトロの乗客にインタビューしているのを見たんだけど、やっぱり乗客はパラパラとしか乗っていなかったし、自分にとっての交通の手段がメトロしかないからやむを得ず、という人が多かったですね。
ちょっと気になったことがありまして、それはセンターのBourse(Grand placeの最寄りの駅)の前の広場で路上にチョークでメッセージを書いたりロウソクや花を捧げたりして自主的な追悼集会が行われていたんだけど、夜遅くなっても続いているのを見るにつけ、7時になったら交通手段がなくなっちゃうんだけど、キミたちどうやって帰るんだい?と他人事ながら心配してしまったワタクシです。
さてそんな中、昨日はワタクシなんとラジオでインタビューを受けてしまいました(!)。勿論お題はブリュッセルのテロに関する現地の状況をお伝えするということですね。いや〜初めてこの手のメディアに出演、というか露出してなんだかちょっと緊張しちゃいましたわ・・・(汗)。出演依頼のあったのはJFNという東京のラジオ局のOn The Planetという番組。放送時間帯が夜中の1時から明け方4時までなのできっと若いリスナー向けなのかもしれませんね〜。でも、お話を聞いているとなかなか硬派の番組の様子で好感が持てましたので出演させていただくことにしたわけです。そんなわけで午前中にお話を頂いて夕方5時過ぎからOn Air、ということでおそらく日本時間では夜中の1時頃だったのでは。担当の村上祐資さんからの幾つかの質問にお答えしました。まずは自分を含めまわりは大丈夫でしたか、ということから始まりテロ発生時はどこで何をしていたか、そしてこのテロについてまわりの人々と話したことなど。音楽を挟んでさらにテロ翌日の町の様子、政府から何か指示は出ているか、街の変化、などなどを前後5分ずつ10分程度でお話しました。
話しながら改めて今自分たちは大変な状況に身を置いているんだな、と・・・。昨日はテロリストの名前やプロフィール始めいろんなことが次々に判明してきたり、けが人の方々の状態とかニュースがどんどん入ってきて(ここに来て日本人の方が二名負傷者に含まれていることが分かって日本の報道も俄然熱を帯びたんではないかと・・・TVでも病院の玄関口でリポーターが「日本語が聞こえてきます」なんてリポートしてました)今は家にいる状態でもそのうちいつかは外出したりするわけで、その時自分はどんな気持ちになるのかしら、などと考えちゃいましたね。でもね、ワタクシたちがどんなに注意してても起こっちゃうものはどうしようもないわけで、これはある意味天災に近いというか。気をつけるにも対処しようがないのが現実なんですよね・・・。なんだかそういう今の状況が悲しい。

On The Planetのインタビューの感想をこちらに村上祐資さんが書いていらっしゃいます。このブログのリンクも貼っていただきました。ありがとうございます!

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:3

  1. 2016年4月13日からブリュッセルに行く予定になっています。
    在住者の日常がわかり、大変助かります。
    一緒に行く予定の子が怖がって、行かないと言い始めたので、日本の不安を掻き立てるニュースではない、本当の現状がどうなのか、これからも書いていただけると助かります。
    安全だとわかれば、気持ちもかわってくれるのではないかと。。。
    自分勝手な内容で申し訳ありません。
    でも、本当の情報がなかなか伝わってこなくて困っていたので、ありがとうございます。

  2. 4月13日となると確かにもうすぐなのでご心配なのはごもっともかと思います。ただ、日本ではベルギーやさらにヨーロッパへの渡航についてはできれば控えるようにというような指示は出ていないのでしょうか?ブリュッセルは警戒レベルは3に下がりましたが、引き続き警戒は必要な状況です。ご旅行については個人の責任となりますし、私がここで不用意な発言をしてそのせいで何かがあったりしたら、と思うと簡単に大丈夫ですとは言えません。無理をしていらしても楽しくないのではないかと思われるのならお止めになったほうが良いでしょうし、それでもやはり行きたいということならば、是非楽しんでいただきたいと思います。私のようにこちらに長く住んでいる住人にしてみると、人の集まる場所に行かなければ済むことですし、たまたまそういう場所に居合わせてしまってももうそれはしかたのないことと諦めるしかないのですが、旅行者の場合、まさにそういう人の集まる場所に行くわけで、そうなると個人レベルで渡航の際にテロに関する資料を良く読むなどして行動されるしかないのではと思います。このブログでも何かあればUPしますが、実際今のところ日常生活に支障をきたすようなことはないので(私の場合、ですが)不便さは感じません。ただ、繰り返しますが現地の住人と旅行者ではそもそもの行動範囲が違うのでその辺りは良く下調べをした上でご判断されるのが賢明かと思います。もし旅行を決められましたら、お気をつけてお越しください。ブリュッセルはショコラだけではない見どころが沢山ありますよ!

  3. ご丁寧なお返事ありがとうございます。
    あと2週間、情勢をみながら判断したいと思いますが、まずは日常生活に問題ない、とのことで、安心しました。
    もし観光地、というような場所に行かれるようなことがありましたら、他の観光客の量なども書いていただけると、とても参考になります。
    何年も行きたいと思っていて、やっと機会に恵まれたので、なんとか行く方向に出来れば、と思っています。
    これからもブログを拝見させていただきます(^^)
    本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。