poisson d’avrilと面談

ついこの間新年〜♪なんて言ってたと思ったらもう4月ですと!なんてこと・・・。別に生き急いでいるわけでもないのに(笑)どうしてこんなに時が経つのが早いの。なんてことを嘆きつつ4月1日、エイプリルフールですね。フランス語ではエイプリルフールはpoisson d’avril – ポワソン・ダブリルと言いますが、今朝Seanを学校に送って行ったら校庭の監視係の女性の周りにわらわらと女の子たちが群がりつつ移動中。どうしたのかと思ったら彼女の背中に紙で作った魚をくっつけようとしてるんですね。ま、こうやって背中に魚をくっつけても気がつかないおバカさんを囃すってのが子供たち(大人もね)の習わしです。Seanもやるのかな〜。
で、今朝GoogleがGoogle mapでこんなことを

IMG_4817
検索したmapでパックマンが出て遊べるというね。
ただし、遊べる時間が限られているそうな。でもってパックマンが通れるような大きさの道でないと遊べないので(我が家の前の道はNGだった)そういう時はGoogle mapが勝手にどこかの道を表示してくるのでそこで遊ぶ、ということらしい。ワタクシこういうゲームってそんなに好きじゃないので大して嬉しくもないんだけど、エイプリルフールでからかっちゃおうという趣旨からするとその辺りは少々微妙なんじゃないだろうか。どうなんだろう。
エイプリルフールが来ればもうすぐPâques(パック – イースター)ということで毎年学校で何かしら工作ををする子供たち。今回はこんなの作りました

IMG_4819
あ、セロファンで良く見えませんね。
兎とイースター・エッグを入れるかご、ということらしいです。先週金曜日に仕上げをやったらしいんだけど、その日はSean発熱でお休みしたのでかごの部分はクラスのお友達が代わりに作ってくれたそうです。でもSeanが「でもね、兎はボクがちゃんと作ったんだよ」ときっちり念を押し。ま、そこんとこ大事だもんね。子供たちがこれを嬉々として作るのにはワケがある。なぜならこのかごの中にはタマゴ型のショコラが入ってるから。ま、花より団子ってことね〜(笑)。
これを受け取ったのはワタクシ。実は昨日は学年最後の先生との面談でして、毎年その場で手渡されます。Seanはお勉強の方は特に問題はないらしいが、生活態度の面でカーニヴァルのヴァカンス後のクラスでの態度がよろしくなくなってきたと先生から言われてしまった。カーニヴァルのヴァカンス前まではSeanは授業中でもおとなしくしていたのが、この頃はSeanが仲良くしている2,3人の子が徘徊を始めると一緒になって席を立ってしまうようになったとか。ううむ、それはマズイわ(汗)。でもって授業中に雑音を立てるので周りの子に迷惑をかけていると。え、それは先生もしや。
実はSeanはLegoのNinjago(ニンジャゴー)が大好きでLegoは勿論、TVのアニメやらiPadのアプリやらで毎日のように何らかの形でこのNinjagoに接しておりまして、キャラクターのニンジャが発する「ちょー」とか「しゃー」とかそういう掛け声的なものをひっきりなしにしゅーしゅーしょーしょーとつぶやいているのである。
ま、これですがね

lego-ninjago-animax
Seanの年頃の子供達には大人気、らしい。
で、それがまあ耳障りなことこの上なしなのでいい加減やめてくれといつも口うるさく注意してたんですが、案の定クラスでもその調子で授業中だろうがなんだろうがしゅーしゅー言ってたらしい。これであの雑音を止めるようにと強く注意するきっかけになったわいと先生には「授業中にしゅーしゅーやってたら遠慮なく怒ってやってください」とお願いしておきました。先生はお家であまりにやるようだったらNijago禁止令出すぐらいでも良いですよということだったので、早速Seanにはその旨伝えました。でも今朝もしゅーしゅー言ってたな〜(汗)。すっかり口癖になってるね、キミ。来週からのPâquesのヴァカンス中にこの耳障りな雑音を出さないようになんとかシメていきたいと思っております。

Seanのお気に入りはLloydだそうだ・・・。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。