Rixensart(リクサンサール)の森のキノコ

Seanがボーイスカウトで森でどろんこになっている間、ワタクシとPaulはせっかくのお天気だからちょっと出かけることに。
しかしSeanを迎えに行くまでの2時間程度でという時間制限付きなのでそれほど遠いところにはいけないということで、ブリュッセル近郊の近場でうんうんと考えて結局Paulの友人Philippeが住んでるRixensart(リクサンサール)にしようということになった。Rixensartはブリュッセルからも通勤圏内でまあまあ便利なロケーションではありますがここにはシャトーがあるんですね。
このシャトーはPrince de Merodeの居城でして、現在もプリンス(この土地のプリンスということだろうか)がお住いというまあ歴史のある由緒正しきシャトーです。
紋章なんかも立派でございますね

440px-Cimier_des_Merode
かなり昔の事になりますが、このシャトーをPaulと観に行ったことがあるような記憶があったので、今回もちょいとお散歩がてら観てみるべと思っておりましたら、なんとまさかのプライベート宣言が。
つまり私有地にて立ち入り禁止、写真もNGとなっていたのでありました。でもさ〜昔の名残かシャトー前の道を挟んだところにはそこそこのパーキングもあったりで知らない人はシャトー見学できると思っちゃいそうなんですが。近くには小川もあったりしてキレイだったような気がするのでPaulの後をついてそっち方面へ行ってみればやっぱりここも立ち入り禁止。
お貴族様達ってメンテナンスの費用が莫大なのでお城を開放して(勿論有料)メンテナンスに充てるというのがお決まりなんですが、ここんちはどうやらお金は間に合ってる模様です。でも昔来た時ってお金払ってなかったような。ま、中まで見たわけじゃないんでその辺りは非常に当てにならない情報ですが(汗)。
そんなわけでしょっぱなから出足をくじかれた我ら、じゃあどうするかとカーナビの地図をにらみつつ「じゃあこの辺の森に行ってみようか」とPaul。またまた〜アンタいい加減なんだから大丈夫なのかいと思いつつ、ここからどこかへ移動するのも時間がないしじゃあ森へ行ってみようと相成りました。Seanも森(どろんこ)我らも森(どろんこにはなりたくない)。想像力ないね〜(笑)。
車を森の近くに駐めていざ森のなかへ。なんとなくこの森もプリンスの敷地ではないかという疑惑はあるものの、立ち入り禁止にはなっていないのでどんどん行く。
そしたらですね、こんなものが続々とお出迎えだったのです

IMG_5788
毒キノコ。
なんか白雪姫とかそういうのに出てきそうな真っ赤なヤツですね。
ほらこっちにも

IMG_5790
毒キノコ。
そっちにも

IMG_5798
毒キノコ。
いかに〜もワシら毒持ってまっせ〜っていう風情ですね。
地味め〜なキノコもあちこちに

IMG_5799
これらは毒はあるんだろうか。
こんな風にキノコじゃキノコじゃと喜んでおりましたら前の方からカップルがやって来てワタクシの前を歩いていたPaulが彼らの手元を見てなにやら話し込んでいるので追いついてナンダナンダと見てみれば、なんとキノコ(勿論食用)が大漁節!30cm x 25cm位の紙袋3つにごっそりとセップやらそれ系のキノコがごっそりと入っておりましてね。中には赤ちゃんの頭くらいの大きさのが入ってたりでちょっと驚きました。女性のほうがキノコを見分けられるそうで、キノコ狩りはこの季節にはお約束♡ということでしたが、彼女曰くこんなに取れたのは初めてよ、だそうで。今夜はリゾットを作って残りは乾かしてからじっくりいただくわ♡ですって。いいな〜。思わずセップのリゾットを想像して涎が出そうになりましたわ・・・。
さて、そうこうしながらお散歩

IMG_5802
そりゃもういいお天気でした。
フンコロガシもお散歩中

IMG_5795
それにしてもあのカップルの採ったキノコが目に焼き付いて離れないんですが。
森の幸では他に栗もたくさん落ちておりました。でも落ちてるヤツは誰かが既にゲットした後。こういうの目当てだったら時期を見計らって早朝に来ないと無理ね、などと思いながらお散歩を終えたワタクシたちでありました。
この森はよく知らないのでルートとかが今一つで一本道を行って折り返してくるという余り楽しくないコースではあったんですが、大人の足で(ワタクシの足で、と言ったほうが正確かも)往復40分程なのでまあまあの運動になって、更にキノコやら栗やらをゲットできるとあればなかなかよさ気なお散歩コースではあるような。

Rixensart

Related Post

share... Share on Google+1Share on LinkedIn0Share on Facebook6Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。