rue du Pageのお店探訪その2 – Nina bohême

rue du Pageのお店探訪シリーズその2。
と、その前に。今日はヨーロッパの各国では皆既日食が見られるということですが。というか見られたということなんですがね・・・。現在12時半を回って日食の予定は10時半と言う話だったのにもかかわらず、ここブリュッセルでは薄暗くすらなりませんで朝からずっと薄曇りのまま皆既日食終了した模様です。なんなんでしょうかね、やっぱり80%の皆既日食って暗くならないんでしょうか。それとも薄曇りだから気づかないで終わっちゃうとか?ワタクシこれまでに一度だけまともな皆既日食を1999年にフランスはLaonというピカルディーの町で体験しましたが、日食の瞬間はそりゃもう辺りが真っ暗になりまして不思議な体験でした。ま、そんなのめったに体験できるってわけじゃないんで、今回も残念!ってことで。
さて、rue du Page探訪。
お次のお店は2年ほど前に出来たNina bohême。この番地のお店ってなかなか定着しないのか良くお店が変わるのでここに変わった時も今度はなんだろうねと思って遠巻きに見ていたんですが、ウィンドウを見てるとなにやらアンティークっぽい雰囲気がプンプンと漂ってる。でもってなにげにgirlyだったりも。そうなるとこれはやはり見ておかねばなるまいと初めてドアを押したワタクシなのであった。
お店の外観はこんな感じ

IMG_4613
ウインドウに飾られてる古いマネキンのトルソーがなかなかイイ感じ。
店内に入ってみればそこはgirly度満開なのであった。
こんなのとか

IMG_4607
ミラー系に弱いワタクシにはそこそこにツボですね。白い陶器はオーナーの女性がデザインして作ってもらってるオリジナルとか。
こんなのもね

IMG_4606
これはカップケーキの形した石鹸。間違って子供とか食べちゃいそうなくらい本物に近く作られております。アブナい可愛さ。
どうやらBioの石鹸に力入ってるご様子

IMG_4608
フランス製だそうで香りの種類も色々あります。オーナーの女性はフランス人とのこと。なるほどね。
勿論真剣なアンティークもアリ

IMG_4605
このキンキラのちびっ子ジーザスが寝っ転がってるグローブ(ドーム状になったケース)がグローブ好きなワタクシには非常に気になったんですが、近年このグローブが値段高騰しておりまして怖くてお値段聞けませんでした(弱気)。今度行った時にまだあったら聞いてみようかしら。
結局ワタクシがここんちでお買い上げしたのは1800年台の本。写真の下の方に隠れてるので3冊で40ユーロ。なかなかイイ感じにボロボロでオブジェとして使おうかと。ビジューの写真撮ったりするときにも使えそう♪
お買い上げした物品はこんな風にリボンを掛けてくれます

IMG_4609
さらに古いものだからと絹紙で包んでくれました。
たまたまオーナーのママが南仏から訪ねていらしてて、この日は素敵なフランス人マダム2人とまったり談笑した午後なのでありました。
オーナーの女性によれば2週間毎くらいに商品を入れるので時々見に来てねとのこと。ハイハイ、伺いますわ♡

Nina bohême
36, rue du Page 1050 Bruxelles
tel: 02 5334 29 33

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook18Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。