Zeelandのビーチ – Vlissingen ビーチ編

ではVlissingenのビーチへ行ってみましょうか。
フェリー乗り場から防波堤沿いの道を行くと程なく駐車場が。Knokkeあたりと比べると駐車するのに全く困らなくて快適この上なし。Toussantのヴァカンスでこれならきっと普通の週末とかでも全然OKなんじゃないだろうか。オランダの人たちって冬のビーチをお散歩するのあんまり好きじゃないのかしら(いや、そんなことはなかろう)。
この駐車場は日曜日でも有料なのでパークメーターでお支払が必要です。そういうところはさすがケチで有名なオランダだけあるな〜(笑)。
防波堤をえっさえっさと登って道路に出るとその前にはビーチ。さすがオランダ、土地が海より低いだけありますわ。沿岸にあまりセンスが良いとは思えないでっかいビル(マンションかと思われる)が建ってるけど、それは一部だけで、海岸線にはベルギーのビーチのようにビル関係はなくてワタクシ的には非常に好み。
散歩道を歩きたいPaulを尻目にこの方はビーチに向かってダッシュ

dsc_0216
海が好きなんだよね、キミ。
しかし、はしゃぎすぎて海の中に靴はいたまま入りましてね、ワタクシから大目玉くらいました。だって、水で靴から靴下からべっちょべちょにしてくれて、お天気良くても寒いことには変わりないわけで、ここで風邪引かれたらたまんない。実はちゃんと長靴用意してきたんですが、ビーチに行く前にPaulに長靴必要かしらね?と聞いたらいらないかな〜とトランクに置いてきちゃったのだ。冬だから水に入らないと思っても予測不可能なお子ちゃまがいる場合はやはり長靴は必須ではないかと。
このビーチは結構遠浅で貝殻が沢山落ちておりました

dsc_0218
こんなもんじゃないくらいてんこ盛りの貝殻で、裸足で歩いたら足切っちゃわないように気をつけないと。
人が少なくて静かなビーチ

dsc_0219
5時半近くでだんだん薄暗くなってきたな〜と思ってると

dsc_0220
日没近し・・・。冬ね〜。
夕日をバックにカモメが

dsc_0222
フォトジェニックなのである。
ビーチの砂はかなり細かい様子

dsc_0226
足跡が綺麗に残っております。
どうやらSeanはコレが気に入ったらしく、足で文字を書いたりして遊んでおりました。
秋の夕はつるべ落とし。あっという間に暗くなってきたので堤防の道をお散歩しつつ車まで。しかしね、やはりココは自転車の国ですので対向自転車にはくれぐれも気をつけないと危ないですぞ。次は自転車積んできても良いかもね〜。
帰りの車窓からの夕焼けがそりゃもう綺麗だったのでした・・・

img_8330

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。