グリーンアスパラのフリッタータ

外は寒いのに家の中、特に窓際の机は暑い・・・。背中から直射日光を浴びて汗かきまくりのワタクシでございます。でも8度しかないの。これって2月くらいの気温なんじゃないか。
さて春はアスパラの季節。この時期は我が家もそら豆と同じくらいアスパラをいただくのである。だってこの時期しか美味しいのが食べられないんだもん。でもホワイトアスパラは皮剥きに尋常じゃないほど時間がかかるのでもっぱらグリーンアスパラがお気に入り。ドイツ人の知人に聞くと、ホワイトアスパラは太さが半分くらいになるくらい剥くと美味しいとのこと。でも剥いた皮を捨てるのがもったいないな〜と思う貧乏性のワタクシ。そしたらこのドイツ人の知人はその皮を捨てないで出汁をとり冷凍保存してスープを作るときに使うんだそうだ。なるほど、それは無駄がなくて良いですな。しかし、どんだけ出汁が取れるかって、ワタクシやったことがあるんですが、保存用のジャムの瓶(我が家のはBonne Mamanの空き瓶)で3−4個分くらいにはなるんですね。で、それを冷凍保存して使うって、毎回コレやってたら1年分くらいになっちゃってスープをたくさん食べるお宅ならまだしも、それほどでもなければ冷凍庫の場所取っちゃって困るの。なので、気が向いたときにしか出汁取りはしないことにしております。でも美味しいお出汁が取れるので是非お試しあれ。
で、今回のおうちごはんはグリーンアスパラのフリッタータ。これはRiver Cafe Cook Book Twoのレシピ


ロンドンにある有名イタリアンレストランRiver Cafeのレシピ本ですが、これが結構ヘルシー&シンプルで使えます。
イタリアンなんだけどシェフの女性二人はイギリス人。サイトにはビデオでレシピも紹介されております。
フリッタータと言うとフリット系かと思いきや、これはオープンオムレツのような卵料理。本来ならオーブンに入れられる鉄のフライパンみたいなのでやるところ、我が家にはそんな洒落たものはございませんで、フツーにフライパンで。
でもなかなか良さ気に出来るんですぜ


フライパンがでっかいのでまんまその大きさになりましたが(汗)。
レシピなんてそりゃもう簡単で、グリーンアスパラと卵にパルメザンチーズがあればOK。
ポイントを強いてあげるなら最初っから卵を全部投入しちゃイカンということでしょうかね。半分ずつくらいに分けてアスパラを炒めたところに1発めの卵、その後に残りの卵を注いで本来はオーブンへ入れるんだけど、ワタクシは弱火にして蓋かぶせて最後に強火で終了。レシピではミントを散らす(これも卵同様2回に分けて投入)ところをたまたまあったバジリコで代用しております。
お一人様プレート


お供はSean大好物のポテサラ。
ちょっと蒸し焼きっぽいのでカリッと焼き上がるというわけには行かないものの、これはこれで美味しゅうございました。やっぱり春はアスパラだね〜♪

数あるRiver Cafeのレシピ本。重複してるレシピもあるのでワタクシが買ったのはTwo(当時はこれが最新刊だったんだよな〜)

コレ買った後にも何冊か出ててベジレシピなんかも出ております

良さ気なので試してみたい気も。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。