フライド大根

なんでも巷ではフライド大根が噂になってるらしいということで。
大根でフライドポテト的なものを、っていうかフリットを作るんですね。ま、前にワタクシ大根の皮でチップス作ったことがあるので特に目新しいという感じはしないんですが、噂になってるっていうんなら作ってみようじゃないかと、早速作ってみましたフライド大根。
単なるフライドポテトとの違いは下味を付けて粉をまぶして揚げるってとこみたいです。
私が参考にしたのはオレンジページのレシピ。

材料(2人分)
大根 1/4本(約300g)
にんにくのすりおろし 1/2かけ分
しょうゆ サラダ油 小麦粉 片栗粉

作り方
【1】大根を切り、下味をつける
大根は皮をむき、長さ8㎝、7~8㎜角の棒状に切る。バットに入れて、にんにくとしょうゆ大さじ1をからめて平らにならし、10分ほどおいて味をしみ込ませる。

【2】ころもをつけ、大根を揚げる
フライパンにサラダ油を高さ2㎝くらいまで入れ、中温(170~180℃。乾いた菜箸の先を底に当てると、細かい泡がシュワシュワッとまっすぐ出る程度。)に熱する。【1】のバットに小麦粉大さじ3を加えて練り混ぜ、さらに片栗粉適宜をまぶして余分な粉をはたき落とす。ころもをつけたものからフライパンに入れて2分ほど揚げ、くっついているところをはがしながら2~3分揚げる。強火にしてさらに1~2分揚げ、油をきって器に盛る。 (1人分200kcal、塩分1.4g)

2人分になっているのでこれを倍にして4人分にしました。
これがね〜我が家にはバットがないので若干多めの大根スティックに下味をつけるのにボウルでやったので結構難儀しましたわ。何度かひっくり返さないと全体に染み渡らないというね・・・。で、他のことをやってる間に10分以上、いやもしかしたら30分近く放置しちゃったので大根から水が出ちゃいましてちょっと青くなりましたが、そんなもん捨てれば良かろうとジョロ〜っと流しに捨て、片栗粉と小麦粉を混ぜたのをビニール袋に入れてモミモミ〜っとまぶしたらひまわり油でサクッと揚げて出来上がり。
こんな風になりました

IMG_6707
揚げすぎたかしらね(汗)。
カリッと行きたいばっかりにちょっと揚げ時間が長くなって色がきつね色じゃなくなったのは目をつぶるとして、お味はあっさりとしてなかなか良かったです。ただ、水が出たせいで若干薄味になっちゃったのが残念。やっぱり10分放置が肝心ですね。
当然ながら大根フリットだけじゃ何なので、他にも色々と作って出してみました

IMG_6711
ビーツ入りの赤いフュモス、クルジェットと豆腐のソテー、そしてタブレ。
クルジェットと豆腐のソテーは長尾智子さんのレシピです。これは長尾智子さんの初期のレシピ本「アメリカで見つけたナチュラルレシピ」から。

51FEYMGYGTL._SX258_BO1,204,203,200_
買ったばっかりの頃はこの本のレシピで良く作ったな〜。
フライド大根ですが、男子にも好評だったしそんなに油っこくならないので今度はちゃんと下味10分でやってみたいと思っております。

懐かしい長尾智子さんのレシピ本


なにしろ初版が1998年なので絶版しちゃってるみたいですね・・・。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

share... Share on Google+1Share on LinkedIn0Share on Facebook6Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。