ワンダーウーマンはかっこええ・・・

6月の封切りからSeanと観たいね〜観たいね〜と念仏のように唱えておりましたが、今週初め、やっと念願かなってシネマへ観に行ってまいりました、ワンダーウーマン


「美しく、ぶっとばす。」て・・・。
日本のキャッチコピーってどうしてこうなっちゃうんだろうか。日本のオフィシャルサイトを見るとどうも、アメコミ色を全面に出してる感じですが、こっちではもうちょっと大人の感じ


こっちのほうが断然強そうだし映画のテーマに添ってると思うんだけどな〜。
ま、いっか。
いやそれにしても、世界中で大ヒット上映中で本国でも封切りから一月以上たってもなかなかBox Officeのベスト10から落ちないという人気ぶり。
去年SeanとバットマンVSスーパーマンを観て彼女のワンダーぶりを目にしてからと言うもの、Seanとワタクシは彼女にフォーリンラブでして、映画封切になったら絶対観に行こうね〜と固く約束しておりましたので、やっとその約束を果たしたという感じです。いや、良かった。シネマは封切りからかなり時間も経ってるし夏休みということもあり、ガラガラでSean以外はすべて大人。でもってやっぱり女性客が男性客より断然多かったです。
映画についてはそこらじゅうで色々と書かれているのでワタクシがあれこれ言っても特に参考になるわけでもないんですが、とにかくワンダーウーマンがかっこええわ・・・ってコレだけですわ。ヒーロー物なんで現実味は全くないんだけど、分かっていながらすげ〜すげ〜とただただ感心するばかり。世間知らずのねんねなだけにやたら天然なところもカワイイんですが、それだけにあの強さとのギャップがスゴいの。主演のガル・ガドットはイスラエル人で兵役経験者ならではのアクション!などと書いてあったりするんですが、イスラエルの兵役だからって戦場に一人でスタスタ歩いていって砲弾をバシバシ跳ね飛ばすなんてことはしないだろう(しない)。
でもね、若干ネタバレなんですが、一つだけガッカリしたのはラスボスがどうしてあのおっさんなんですか?っていうところでしょうか。まあ確かにヒーロー物にありがちなへ〜んし〜ん!っていうことになるんでおっさんがいきなりやたら強くなるのは仕方ないんだけど、どっから見ても強そうに見えないあのおっさんはないんじゃないか。予想を外したっていうところでは成功したと言っても良いんでしょうがね。
何はともあれ娯楽超大作、楽しかったです♪

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook11Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。