初ガレット・デ・ロワ

Seanに風邪をまんまとうつされたワタクシ&Paul、2人で鼻かみまくりで少々ブルーです。うつした張本人のSeanはと言えばたまに咳をするくらいまで回復してすっかり良くなっちゃったみたいです。うつすと治るってホントなのね・・・ズルズル。
さて、今年のÉpiphanie(公現祭 – ガレット・デ・ロワをいただく日と言えばすぐ分かりますね〜)は6日。しかし火曜日なので自宅でまったり祝うというのにはちょっとね。
そんなわけで土曜日に買い出しに行ったCarrefour、思った通りガレットがてんこ盛りに山積みされておりました。そこになにやらちっこいお一人様と言っても良さそうなサイズのガレットが。
去年はTintinのフェーヴだったんでなかなか良かったんですが今年はアステリックスらしい。
アステリックスご存じない方々のために画像でも

ダウンロード
小さいのがアステリックスね。(デカいのはオベリックス)
ふ〜んアステリックスなの。今年新しい映画でもやるのかな(大体こういうのはプロモーションがらみでリンクしてる)。Seanに「ガレット欲しい?」と聞けば二つ返事で「うんっっ」と言うのでじゃ、お一つ買ってみるか。ま、失敗しても2ユーロしないし別に平気。
早速家に戻ってSeanのお昼ごはんのデザートにCarrefourのガレット。

IMG_4179
なにげにガレットの大きさがSeanの顔と同じサイズ・・・。Sean、キミって小顔なんだね。ウラヤマシイ・・・。
このまま手づかみでカプッと行くかと思いきや、「ママ〜フォークとナイフが欲しいの〜」って。なんだ一応切って食べたいわけね。ハイハイ

IMG_4181
そしたらですね、見事にボロっと壊れましてね。そりゃ子供用のよく切れもしないナイフで切れば壊れるよね〜とちゃんとペティナイフで切ってあげたら、ま〜ガッサガサなんだ、これが。さすが2ユーロしないCarrefourメイドだけあるね〜。
じゃ、食べてみる

IMG_4182
ん〜と何気に口の中でキレイにしているSean先生。
実は既に手で持った時に「あ、ここにある」って見つけちゃってたんですが。
さて、どんなフェーヴだったかって

IMG_4185
誰なの、コレ。ちっこい字で書いてある名前を見るとAnglaigusだって。イギリス系ってことですか。いや、全く見知らぬオッサンが出てきてかなりテンション下がったSeanです。
でもとりあえず当たったってことでお約束のコレですね

IMG_4188
一人で食べればもれなく王様になれるという(笑)。
ガレットの大きさに正比例して若干王冠のサイズが小さめだった模様。やっぱりこれは小さい子供用ってことなんでしょうね。
ところで話題に出てこないお味のほうですが。
ワタクシに似てスイーツがあまり得意ではないSean、半分でギブ。ちょっと端っこの方を味見させてもらいましたが、これが、ねえ。
まっず〜いのなんのって。
こんなにまずく作れるんですかというレベルです。安いしね、マズくても大目に見てよってことなんでしょうかね。あまりの不味さに今日のお昼に残り食べる?と聞いたら頭ブンブン振っていらないと。こういう時は自動的に生きた残飯処理機のPaulへと。ううむこれはちゃんと美味しいやつを食べさせねばなるまいねと思った次第です。
あ、自分で作るっていう手もあるわね?
いやいや危ない橋は渡るまいて・・・。(あらどうしましょうちょっとヤル気になってきたんですけど)

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。