秘密の細道@Parc du Wolwendael

まだこんなに寒くなっちゃう前の10月初め頃、お天気が良かった土曜日にせっかくだからお散歩しようぜと渋るPaulの背中をグイグイ押してちょこっとお出かけ。
行き先はSeanが大好きなParc du Wolwendael – パルク・デュ・ウォルウェンダル(これはフランス語式発音ですが、ヴォルヴァンダルと書いてあることも。多分これはフラマン語式発音かも)。この公園、というにはかなり広大な緑地、Uccleの真ん中辺りに位置していて近所に住む住人(近所に住んでなくてもわざわざ車で子供を遊びに連れてくる家族も)の憩いの場になっております。
家からも歩いていけるのでなかなか便利。でもPaulがSeanを連れて行く時は車なのでグルっと遠回りして裏から行きますが、今回はavenue de FréをUccleのセンターに向かって下っていったところから公園に入ってみました。実は前に一度Seanと2人で歩きでお散歩に来たことがあるので家からの距離感は把握しておりましたが、今回Paulは入り口の門からは入らずにその手前の古〜いレストランのある細い脇道から責める模様

IMG_5848
奥の方に明るく見えるのがavenue de Fré。
avenue de Fréはバス路線で交通量も多い通りなのにちょっと小道を登ってくればすっかり森の風情。
かなり古い石畳の小道をえっちらおっちらと登る

IMG_5851
お散歩してる人にすれ違ったのでなにげに知る人ぞ知るという感じなんだろうか。
おっと分かれ道だ

IMG_5852
これを右へ。左に行くと多分住宅街に出るんじゃないかと想像・・・(方向音痴なので想像だけ・汗)
暫く行くと小さな橋が

IMG_5854
橋の下をくぐって出たところを左に曲がりちょっと上り、この橋を渡った先に公園の入口があるのでした。
いや〜こういう行き方があるとは知らなかったな〜。ちょっとした気分転換に(お天気のいい日限定)お散歩するにはちょうどいいかも。
さて、公園内に入るとこんな橋があったり

IMG_5856
普通に入口から入るよりずっと素敵な景色に遭遇できます。
この日は本当にいいお天気でした。
ね、この通り

IMG_5857
大人だけならこの辺りでまったりとひなたぼっこと行きたい所ですが、おこちゃまが一緒なのでね。
Seanの目的はこれ

IMG_5862
蜘蛛の巣タイプのいわゆるジャングルジム。(Seanはまんなかへんにおります)
Seanは高いところに登るのが結構苦手で、自分より小さい子達がガンガン頂上まで登って行くのに超慎重にそろそろ〜と登っている(というか横ばいしてるというか)ので見てるこっちがイラッと来て「ホラっママがお手本見せてあげるから見てなさいっっ」と思わず自ら登ってしまいそうな所を、保護者のギャラリーが多いので顰蹙買うだろうな〜とぐっと堪えるワタクシです(笑)。
それでもSeanなりに頑張って5段目辺りまで登ったのであった

IMG_5864
ちょっと得意げ。
で、どうして頑張るかといえば、Seanの本来のお目当てはここにあらず。
これよ

IMG_5866
ご褒美と称してアイスクリームとCapri-Sunという小学生にはお馴染みのフルーツドリンク。
どうやらPaulと2人で行くと必ずコレを買ってもらうのがお約束らしいということが判明しましてね。なるほど、このせいでパパと(ここ強調)Parcに行きたいって言うわけだ。読めたわ(笑)。
Seanの後ろに見えてるのが売店でそこでこまごまとした物を感じの良い老夫婦が販売しておりまして、売店の隣にはおトイレもあります(60セント・ちと高いね)。
まあおやつ目当てなんだけど、高みを目指して頑張るという気持ちは買ってやりたい(大した高みではないにせよ・笑)親バカの我らなのであった。
始まったばかりの紅葉が眩しい秋の午後だったのでした・・・。

IMG_5871

Parc Wolwendael
Dieweg 1180 Bruxelles

Related Post

share... Share on Google+1Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。