行列ピタパンサンドのMIZNONでランチ

YSLとAlaïaのエクスポジションの間に腹ごしらえをしたMちゃんとワタクシ。
AlaïaがMarais方面なのでまずはSaint-Paulまで移動。
日曜日なのでMaraisは大混雑が予想されるものの、asahi.comの&Womanに連載されている「パリの外国ごはん」に書いてあったピタパンサンド屋のMIZNONをガッツリ調べておいたワタクシ、ふふふお昼時を外してるからこれなら普通にランチできるであろうと踏んでイソイソとユダヤ人街の小道の方へ。
・・・え?ちょ、何この人混みは?なんだか週末の渋谷の交差点か原宿かと言わんばかりの人が四方から来るわ来るわ。ねえ、日曜日のMaraisってこんなんだったっけ?なんだか嫌な予感がしつつも、時間には余裕があるのでとにかく先を急ぐワタクシたち。ユダヤ人街のど真ん中にあるL’As de Fallafelはどうやら2つ目のピタパンサンド屋なのかテイクアウトを渡す場所なのかが出来ている模様で左右にとんでもない行列が出来てて思わず怯むワタクシ。いやいや今日はここじゃない、ワタクシが行くのはMIZNONよ。L’As de Fallafel手前の小道を左折してみるとおお!
行列じゃ・・・(泣)


現実逃避なのか行列の全体像を撮っていないワタクシ・・・。
いや仕方ない、せっかくだから並ぼう!とMちゃんを励まして(実は自分を励ましていたりして)列の最後に並ぶ・・・ともう既に後から後から人が来るのよ、並ぶのよ。そんなに人気だったのか、MIZNON・・・。確かに一風代わったピタパンサンドを出す店があるという話は知っていたものの、これほどまでの人気とは。
途中で何度か諦めてまだすんなり行けそうな隣のユダヤ食材店が出したサンドイッチ屋に行こうかと思ったけど、いやせっかくだから!とMちゃんが言ってくれたので20分位並びましたかね・・・やっと店内に入ってみたらこの混雑ぶり


とにかく抜かされないように見張りつつ、ワタクシたちはイートインなのでMちゃんに席取りを任せてワタクシの番が来るのを待つことしばし。そしてやっと来たわワタクシの順番が。先にメニューを見て決めておいたワタクシもMちゃんもpoisson doré(揚げ魚が入ってるサンド)をオーダー。
そこで、Mちゃんがワタクシにボソボソと(まあ周りは日本語分かりゃしないんでボソボソ話さなくてもいいんだが)「なんか奥の方にも席があるみたいなのIzumiちゃん見てきてそっち良ければ移らない?」そうね、たしかにフロントロウで賑わいを観察するのも一興だけど、行列で疲れたし奥の落ち着いてるところが良いわよね、と見に行けば余裕で座れるスペース


店先の阿鼻叫喚ぶりが嘘のよう。
早速Mちゃんに合図して速攻でバックステージへ移動いたしました。
テーブル横には生野菜の棚がど〜んとな


さて、ここのシステムはオーダーをしてから仕込むので待ち時間が結構あるんですね(その辺は「パリの外国ごはん」を参照くださいませね)。でもって名前をオーダーする時に聞かれるのでワタクシは自分の名前をIzumiでヨロシクと知らせておいた次第。バックステージというか裏の部屋で待ってると店先で「Rachel〜!」とか「Bruno〜!」とか大声が聞こえてくるんだけど、これは出来上がったのでオーダーした人に知らせてる呼び声なのであった。でもね、よく聞こえないのよガヤガヤしすぎてて。なので、ワタクシ何度もカウンターの方へ行っては様子を見ていたんだけど、お店のお兄ちゃんが「ちょっとキミ、こっちに来てみな」と私の手を引いて(本当に子供の手を引くようにして連れて行かれた)カウンターの横にあるソースが並んでいるところに連れて行って、これをこのカップに入れてと渡されたと思ったらふかふかのピタパンの切り落としを何枚かくれたのであった。おお、これが「パリの外国ごはん」に書いてあったピタパンね。とテーブルに戻ってMちゃんと二人でおいしい〜おいしい〜とふっかふかのピタパンをつまむ


左から時計回りに緑の唐辛子、トマト、タヒニのソース。
いや〜ピタパンがすすむすすむ。
15分位経ったでしょうかね、やっと「IZUMI〜〜〜!」とお呼びがかかったので取りに出向いたところ、別のお兄ちゃんがキミそれじゃ持てんだろう、ぼくが持ってあげようとピタサンド用のスタンドを片手にテーブルまで運んでくれましたよ。いや親切ね。
やっとありついたこれが噂のピタパンサンド


これに先のソースを代わる代わる付けていただくんですが、ま〜美味いわ。ピタパンが美味しいとこうも味が違うんだね。L’As de Fallafelは直球勝負のファラフェルサンドしか食べたことがないんですが(まあ皆さんもそうだとは思いますけども)メインのファラフェル以外にナスの素揚げやらビーツやら紫キャベツやら生野菜やらとそりゃもうてんこ盛りでワタクシはアレはアレで大好きざんす。しかし、ここのはファラフェルは敢えて置かずに肉・魚・野菜の3本立て。ワタクシたちのオーダーしたpoisson doréは白身魚をフライにしたものにトマトとコリアンダーがこれでもか!と乗っかってる。このコンビネーションがイケるんだな〜。・・・と感動してるとふとMちゃんがなにげにブルーになっているではないの。どうしたんだいと思えばMちゃんの天敵のトマトとコリアンダーがどっさり乗っかっていて避けるのに必死になっていたのであった。おお、これは想定外であったな・・・。まさか嫌いなもの2本立てでノーチョイスとは。他のにしてたら別の組み合わせだったかもしれず、先に何が入ってるかを聞いておくべきであったと後悔いたしました。
しかし、これだけ混むのも納得が行く美味しさ。だって魚もきっと揚げたてを入れてるだろうし、だからこその待ち時間。普通のファラフェルサンドもいいけど待ち時間があっても食べたくなる気持ち分かるな〜。これでまたMaraisのお気に入りが一つ増えましたわ♪

Miznon
22, rue des Ecouffes 75004 Paris
tel: +33 (0)1 42 74 83 58

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です