鯖の缶詰でご馳走

やっと寒波が収まったブリュッセル。
寒波収まる前にガッツリ雪が積もったので土曜日はSeanは補習校で雪合戦して楽しんだ模様です。そして今日はやけに温い・・・とは言え11度。北国暮らしがすっかり板についてしまったワタクシです。
さて、本日はおうちごはん。ちょいと前に鯖のフライをしたらSeanに不評だったのでリベンジしてみました。んが、今回は生の鯖じゃなくて缶詰。ねえ、奥さん、安上がりざますよ♪
名付けて鯖缶の重ね焼とでも言おうか・・・。
作り方は簡単なんてもんじゃありませんの。
鯖缶は日本みたいに鯖がぶつ切りになったのが水煮になってるのはあまり見かけないので(もしかしたらあるかもしれないんですけども)ワタクシがゲットしたのは鯖のフィレの缶詰。缶詰自体の大きさはオイルサーディンよりちょっとだけ大きめという感じ。
なので、ワタクシ最初は缶詰ごとマヨネーズとポン酢かけてオーブンで焼いて万能ねぎかなんかをパラパラっとやったら良くないかしらなんて思っていざ缶を開けてみたら、あら。結構立派なフィレが4匹分ほど入っておりましてね。こりゃマヨやらポン酢やらかけたら溢れちゃいそうだわと当初のプランを断念いたしました。
じゃあってんで、普通にオーブン焼きにするかな〜とゲットした缶詰3個を耐熱皿に入れることに。でもせっかく耐熱皿に入れてオーブン焼きにするんならもうちょっと何か足してみるべとじゃがいもの薄切りをニンニクと軽くソテーしたのを下に敷いてその上に鯖のフィレ、そしてその上にブラウンシャンピニオン(これって生椎茸の代わりになって何かと便利)を薄切りにしたのを生のまま並べたら当初のプランどおりにマヨネーズをにゅるにゅる〜にポン酢をふりかけてオーブンへ。
どや!


美味しそうざんしょ?


万能ねぎ(こちらでは万能ねぎは売ってないんでjeune oignon – 直訳すれば若い玉ねぎ、まあ芽が出ちゃったら若くはないと思うんだけどこれの細めのを使えば十分万能ねぎ的な感じに)はオーブンから出した後にたっぷりと乗っけ。
大体15分位で焼きあがりまっせ。よもやこれが鯖の缶詰とは思うまいて(ウシシ)。
しかし、いくらなんでもコレだけじゃ献立的にどうよということで卵焼きをプラスしてみました


ご飯は黒米入にしたので黒々としておりますがもっちりとして美味しいのだ。ただ、Seanにはイマイチだった模様。でもマヨ大好きなSeanはお代わりもガッツリしてそれはそれは美味しかったみたいです。また作って〜とリクエストもらっちゃったしコスパが半端なく良いんでまたそのうちやってみようかと思っております♪

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:1

  1. おわ!卵焼きの方に目が行っちゃいましたぁ~。
    もしかして卵焼き用のフライパンお持ちですか?
    私は次回帰国時に購入しようか思案中です。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です