Catleyaのブーケ

ワタクシがブリュッセルに来てからず〜っとお花といえばココ!と必ずお願いするのがplace BrugmannにあるCatleya。
Catleyaと書いてカトレヤと読みます。ココは切り花ばかりではなく店名の通りカトレヤ、と言うか蘭系の鉢物がお得意でいつも沢山のコチョウランの鉢がキレイなガラスのポットカバーと一緒に売られております。
このところブーケをお願いする機会がとんとなくてご無沙汰してたんですが、先週土曜日にPaulの末妹のA-Fのところの長女がスペクタクルをすると、でもってその後に彼女の自宅でPaulパパのバースデーパーティーもやる(これは毎年の恒例行事になりつつある)と言うので、じゃあちょうどいいからお祝いついでにちょっとしたブーケを作ってもらおうとCatleyaへ。

IMG_5380
昔から全く変わらないロゴがウインドウに。
店内はちょっとアンティークな感じ

IMG_5370

IMG_5373
アンティークな感じというか、もともと建物自体が古いので生アンティークですね。
デコがガーデン的なところをイメージしていてシャレオツでございます。
これなんかも素敵

IMG_5374
ここのもう一つのスペシャリティがこのリース。クリスマスシーズンになるとでっかいのからそこそこのまで沢山リースが飾られていていつもこれ欲しいな〜とよだれを垂らして見ているワタクシですが、どこに飾るんだこれ、という問題がありまして未だにゲット出来ておりません(汗)。
ここではもちろん自分で予算を伝えて好きな花を選んでブーケを作ってもらうことが出来ますが、いや〜自分で考えるの面倒だし〜時間ないし〜というお客様の為に予め作ったブーケも並んでおります

IMG_5371
この辺で30ユーロから50ユーロ。
ブーケの大きさはかなりのボリューム(50ユーロのだと直径40cm位)。これがParisだったりしたらもっと高いお値段になるんじゃないかと。なので、このプライス設定は非常にリーズナブル。それはなぜかというと、もともとブリュッセルは花が安い。どうしてかというとベルギーにはGentという花の産地がありまして小国ベルギーゆえ運送費が大してかからない。さらにすぐ隣りのオランダ(国をあげての花の産地ですな)にも近いとあってフローリストは花が安く仕入れられるというわけなんですね。以前知り合いだったParisの日本人フローリストさんがParisは花の卸値が高いのでベルギーが羨ましいですよ〜と言ってました。
で、今回ワタクシがオーダーしたのは小ぶりなブーケ。名目上は5歳の女の子のためということでピンクで可愛らしく作ってもらいました

IMG_5382
ちょっとラブリー♡
大体20cmくらいの大きさでしょうかね。一応作ってもらう時に予算を伝えるんですが、これがはっきり言って「え、こんな安い値段言ったら無理って言われないかしら」と思うような予算でも「ハイ、分かりました〜」とそれなりのを作ってくれるところがスゴいの。このブーケでなんと15ユーロ!多分お店の設け的には若干足が出てると思うんだけど言い値通りでポッキリ15ユーロの明朗会計。いいわ〜。だからワタクシここんちが大好きなんですの。
実は、昨日月曜日はPaulの母方の伯父さんのお葬式だったんですが、ワタクシにとっては久しぶりのお葬式で、最後に参列したのはPaulの母方の御祖母さんの時でした。その時にこのCatleyaで大きな花輪を作ってもらったんですが、それはそれは素敵なそして立派な花輪をオーナーの女性自らが心をこめて作ってくださって、Paulの親類一同がとても喜んでいたことをふと思い出しました。
どんなブーケでも本当に丁寧に作ってくれるCatleya、ワタクシのお気に入りです。

Catleya
118, avenue Louis Lepoutre 1050 Bruxelles
tel: 02 344 63 64

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook3Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。