Frederique Blondeel

どっぷりと梅雨ですね、日本。雨が降り、ムシムシと・・・。洗濯物が乾かないっていうのに相変わらずSeanはおねしょしております。いや、困るね〜(泣)。
片や、出発の日まで猛暑続きだったブリュッセルは今やすっかり涼しくなりどんよりしたお天気らしいとはヤモメ生活中(ワタクシまだ死んでませんが・笑)のPaul情報。やっぱりね、あれで夏は終わりだったのよ。フッ・・・。
さて、猛暑前のブリュッセルで、ママ友Mibさんとランチした帰りにお茶するべと向かったのはMibさんオススメのショコラティエ、Frederique Blondeel(フレデリック・ブロンデール – この名前から言ってどうやらフラマン系)。
冬場はショコラショーがめっぽう美味しいんだそうだが、一応気分的に夏ですからお茶ってことで。
場所はChicago Caféからちょっと行った先にあるplace Sainte Catherine

IMG_5314
わりと地味な店構えなのね。
でもってやたら空いてるし

IMG_5311
古い梁を残しつつモダンに改装してあります。
ショコラはど〜んとカウンターに

IMG_5312
プラリヌを見る限りでは正統派のショコラみたいですが。
Mibさん情報だと飲み物をオーダーすると自動的にプラリヌが2個付いてくるという。ほ〜それはお得よね〜どうせ2個タダで付いてくるならと単品でショコラ4個をオーダーできるのをパスしてお茶だけオーダー(ケチね、ワタクシ達って・笑)。
てなわけでお茶

IMG_5310
お茶うけのショコラは二人共海の生物シリーズでした。
ベルギーのショコラってこの手の海の生物(特に貝殻やタツノオトシゴ系)をかたどったショコラが多いんだな〜。なぜだろうか。
え〜とお味はガナッシュで、ま、普通ですね。他のプラリヌを食べてみないと真価のほどはううむという感じでしょうか。でもおまけで2個ってのは太っ腹ではないかと。だってなかなか大粒だしね。年々小粒化が進むマルコリーニなんかと比べたらかなりの大粒でこの辺りはお得ですわよ、奥さん。冬になったら美味しいというショコラショーを頂いてみたいような。

Frederique Blondeel
24, quai aux Briques 1000 Bruxelles
tel: 02 502 21 31

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:2

  1. そっか~!夏は日本へっておっしゃってましたもんね。
    もう美味しいもの&懐かしい味を食べまくってきて下さいね~♪

    うんうん、飲み物頼んでチョコがついてくるなら私も飲み物だけオーダーしちゃいますよ^^;

  2. あら〜cocoさん、お久しぶりですね〜!早速名古屋名物ひつまぶしを食べましたよ〜♪これは後日レポします♡
    ところでここんちのショコラ、美味しさは要確認ですが、お茶請けに2個ショコラが付くって言うのはベルギーでもかなりポイント高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。