Eric Kayzerがブリュッセルに進出!

もしかしたらブリュッセルにお住まいの情報通の方々はもうご存知かもしれませんが、Parisの有名ブーランジュリーEric Kayzerがついに5月13日、ブリュッセルにopenしたという話題を。ちなみに日本ではParisと同じくMaison Kayzerの名前で出店してますが、ここブリュッセルではEric Kayzerになっております。これって何か大人の事情でもあるのかしら。
たまたまこの情報をネットで発見しまして早速Mibさんを誘って偵察偵察。
場所はchaussée de Waterloo

IMG_7291
角地全部使用とかなりでっかい店構えですね。
実はここの店舗、ちょっと前までSony Centerだったんですが、最近のSonyは羽振りが悪くてあちこちのショップが閉鎖されておりましてここんちも然り。ワタクシここでかつてSonyの誇っていたVAIOの超大型サイズのラップトップをわざわざオランダから取り寄せて購入したものです(どうしてかというと、現地のパソコンを日本語バージョンにするにはUSキーボードが必要なんですね)。しばらく開店休業みたいな状態で大丈夫かな〜などと思っていたら何の前触れもなくKayzerになっていたというね。どうやら密かに改装していたらしい。
中を覗くとこんな風

IMG_7295
皆さん同じ方向をガン見しているのはふらりと入ってきた老女がなにやら大声で質問していたのを怪訝そうに見ているご様子。
お昼ちょっと前だったので次から次へと人が入ってきては並んでおります。持ってるバッグ(エルメス〜にヴィトン〜に)なんかからこの辺りのリッチ族、つまりここら辺に特に多いフランス人住民的な奥様が結構見受けられるのが特徴。しかしこの並ぶ人たちの多くがまずウィンドウを覗き込んでここは何だ?的な感じでジロジロと中を物色して入り口に周りおやブーランジュリーなのね、と列に加わるか、入口の前を通りすぎようとしておっ!みたいな感じで入ってくる、みたいなね。これはやっぱり告知をほとんどしてなかったせいなんじゃないかと。でもね、この場所だったらバス路線も沢山走ってるし嫌でも目に入るのでそのうちわさわさとお客さんが集まってくるんじゃないですかね。
ここではイートインもできる模様。なのでランチのセットとかティータイムのセットなんかもあるみたいです。お持ち帰り用にも勿論OK。
サンドイッチやサラダとか

IMG_7299
この付近のお勤めの皆さんには朗報かと。
パンはこちらのカウンターで

IMG_7301
大理石使用でリッチ感満載。
ちょっと軽くランチということでワタクシがチョイスしたのはコレ

IMG_7305
サンドイッチ+デザート+ドリンクで9ユーロのセット。
これだとサンドイッチは5ユーロまで、デザートは3.5ユーロまでの物からチョイスしてそれにドリンクをプラスするということでこれで9ユーロはお得かと(ドリンクがほぼタダに近いのね)。ワタクシのチョイスはツナサンドとレモンタルトにTaoというヘルシードリンク。お昼はあまり食べないというMibさんはクロワッサンとカフェ。
実はワタクシ、Kayzerのクロワッサンは東京の友人Y氏が「Kayzerのクロワッサン、めっちゃうめ〜よ」と言っていたのでそんなに美味しいっていうんならどれどれ一つ味見してみるべとJR名古屋タカシマヤのKayzerでお試ししてみたんですが、いや、なんというかね・・・うめ〜と唸るほどではないんじゃないかと。ワタクシ個人的にはLe Pain Quotidienのクロワッサンが質・量ともにベストだと思いましたね。Mibさんの感想はまあ可もなく不可もなく、といったところ。
しかし、お昼時だというのにパンとガトーの種類がやけに少ないの。工房の方、大丈夫ですか?サンドイッチは充実しておりましたがね。ワタクシ、ここんちのサイトを事前に見ておいたのでどんなガトーがあるのかは把握しておりまして、中にワタクシの好物Paris-Brestがあったのでこれは是非賞味してみたいものだと思ってましたが、なんというかガトーのショーケースが明らかに昨日の残りでしょ?的な感じだったので、仕方なく棚に並んでたのから箱入りのレモンタルトをチョイスした次第。

IMG_7309
バリバリ前日のですが(笑)なにげに昔懐かしい味わいでした。
そしたらですね、ワタクシたちが食べ始めてしばらくしたら出来たてのガトーが出てくる出てくる、なによ〜今頃〜と若干ムカつきましたわ・・・

IMG_7311
レモンタルトもワタクシが食べたのと比べると艶の良さがぜんぜん違いますわ。
食べ終えてしばらくしておトイレタイムとなったところで、なんとおトイレがまだ使えないという。え〜とopen後既に1週間経つんですけど(5月23日)。これは飲食店としては大失点ではないですかね?これはアカン、移動するべとお勘定。その際にせっかくKayzerに来てパンも買わずに帰るのは愚の骨頂ということで到着時より俄然量が増えたパンを前にあれこれと物色した末にワタクシがゲットしたパンはコレ

IMG_7323
オリーブ入りのツイストパン。生地はバゲットよりは多少柔らかめ。
切ってみるとこんな風

IMG_7327
グリーンとブラックオリーブの2種類が入っております。パリッとモチっと美味しいの♪
このパンに合わせたのはサラダ

IMG_7325
フェンネル、グリーンアスパラ、さやえんどうにブラックオリーブの輪切りとチェリートマトを少々。
半熟卵がうまく出来て嬉しい♪
このパンはおいしかったですね〜。Kayzserはヴィエノワズリーよりパンの方が美味しいってことですね。しかしサンドイッチのパンは硬かった(中もっちりで美味しかったけど)。このせいで顎関節炎になってしまったワタクシ、未だに顎が痛いです・・・(泣)。

Eric Kayzer
656, chausée de Waterloo 1050 Bruxelles
tel: 0477 23 86 30

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:2

  1. はじめまして。

    ブリュッセル在住のひきりんと申します。いつも楽しく拝見しています。

    やっとオープンしたんですね。3月に近郊をドライブした際に、ワーテルロー方面から下道で帰ってきたら、お店のロゴを見つけたのでチェックしていました。予定では4月中のオープンと言ってたような…。

    Eric Kayserはやはりパンが美味しいですよね。ヴィエノワズリーははっきり言ってそんなに美味しくないような(昔も今も)。僕の日本の友達も、日本ではここのクロワッサンがNo.1と紹介されているらしく…。もちろん、クロワッサンはパリから空輸されてはいないでしょうから、もしかしたら、日本製のものは美味しいのかもしれませんが…。

    当日のデザートにありつけたら、9ユーロのセット良さそうですね。僕も近々お店に出掛けようと思います。

  2. ひきりんさん、こちらこそはじめまして。日本ではあのクロワッサンがNo1と紹介されているんですか・・・。ううむ、日本人ってこれが一番だ〜というのに引きずられますからね〜(笑)。あの中がスカスカのはどうなんだろうかと思ってますが。ひきりんさんはあの近辺でお勤めなんでしょうか?お昼時は近隣の働いてる人たちが来てはサンドイッチを買って行くみたいでした。ただ、あれだけ大きい店舗にカウンターに二人しかいないってのはどうなのと思っちゃいますが、open早々でまだ人出が足りてないのかな〜なんて思ったり(揃えてからopenしないのがこちら風・笑)。でもパンは美味しいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。