kinéにかかれば・・・ 続五十肩疑惑その後

ワタクシの五十肩疑惑、結局疑惑で終わったんですが、その割になんだか痛みがどんどん増しているような気がする今日この頃。ううむ、おかしいな〜。先生は大したことないからね♡と言ってくれたんですがこれは一体。なにしろ先日ビジューのサイト用に写真撮影をしたら痛くなっちゃってまあ。写真撮影って肩肘張るから結構来るみたいなんですね。でもってその後もやれハルの森だの、ラーケンの温室だのと写真撮りまくってたら更に痛くなり〜ので段々ブラのホックを留めるのも少々つらい状況になりつつあるのであった。
マズいよね〜これ〜と思ってた一昨日(月曜日ね)Seanをお迎えに行って家に戻る途中、学校にある大きな木の枝がだいぶ下の方に下がってたので「ねえSean、これ届く?えいっ」とよせばいいのに痛い右腕を伸ばしてジャンプ一番。おおおっっいきなり激痛がぁっっっ!

images
(注:写真はイメージです)
あまりの痛さに思わずしゃがみこんでしまったワタクシです。これこそ年寄りの冷や水と言うものか・・・(汗)。思い起こせば少し前にやっぱりSeanに見せようと逆立ちのデモンストレーションをしたところ同じような激痛が走ったってことをすっかり忘れておりました。ああおバカ・・・(泣)。この馬鹿な行いのせいでまたしても上腕部の問題の場所が更に痛くなってしまった。
でも。火曜日にはkinéの日だしね。しかも自宅訪問kinéだからね♪ととりあえず我慢して火曜日。
この自宅まで来てくれるっていうkinéがいるというのは初耳で、いいわ〜ラクで〜と実は楽しみにしていたワタクシ。11時から11時半の間に来てくれるということで待ってたら11時10分すぎ頃にアラフィフ(もしくは50−60歳の間)と思われる長身女性が御到着。
さ〜kinéやってもらいましょうか。kinésithérapie(キネジテラピー)と言ってもまあ平たくいえばマッサージでリハビリするってことですね。自宅なのでソファに座りTシャツ脱いでまたしてもブラ一丁で(外から見えやしないかと一瞬怯みましたがそんなことはあまり気にしなくなるお年頃・笑)kinéの女性にモミモミと痛いところ全体をマッサージしていただきました。終了してみれば12時頃。結局40分程の施術をして頂いた感じでしょうか。これで35ユーロ。普通保険適用だと後で全額をまとめてお支払いだったりするんだけど(Seanのkinéがこのタイプ)この方はニコニコ即決現金払いがお好みの様子。でもそういうタイプとは露知らず現金を全く準備しておりませんでしたのでお恥ずかしながら次回に精算ということで、速攻で次のアポを木曜日にフィックスしたワタクシなのであった。
そして夜。6時過ぎ頃Paulが帰ってきたのでこれこれ云々でとkinéの話をしたところ、料金のところで「35ユーロって高くないか」といきなりダメ出しが入った。普通のkinéに30分で35ユーロは高すぎると。ちょっ、アンタ、40分位って言ったの聞いてなかったんかい!ね〜ちょっと〜保険で一部返ってくるんだからさ〜しかも家まで来てくれるのにラクじゃないの、なんでダメなのよとワタクシプンプン来ましてね。この辺りからPaulが保険でいくら返ってくるのかとか何回やるのかとか色々と難癖をつけはじめたので何なのよ一体〜とワタクシブチギレました。そんなに文句言うんだったらこのkinéのアポ取り消して別のアンタに都合のいいkiné探して提示してみろ〜!と丸投げしてやった。
そうは言っても肩は痛いしkiné受けるのは自分だし、なにげに調べてみたらどうやらkinéの料金は一応決まっているらしいということが判明しまして

スクリーンショット 2015-05-06 10.29.32
これは診療所で診てもらう場合。
ワタクシもよく分かんないんですが(汗)表の左が個人で施術を受けた場合という記述でその隣から患者が支払う金額、通常還付される金額、一番右のは老人、障害者、生活保護受給者みたいなカテゴリーの方々への還付金、という感じですね。障害者からもお金取るのね〜。まあその分保証されてるから仕方ないのか・・・。
で、こちらは訪問の場合

スクリーンショット 2015-05-06 10.29.52
ま、診療所が30分で22.26ユーロ、訪問だと22.65ユーロと0.39ユーロしか違わないのでどっちもどっちというところ。問題は診療費がこのフィックスされた料金でやってる人と自分で料金設定が出来る人がいるということなんですね。で、今回のkinéの女性は後者の自分で設定してる方だったと。さらに自分で設定してるkinéだと恐らく還付される金額は同じ(この辺りは今ひとつはっきりせず)なのでこちらが支払う金額が多くなる=高い、という図式ですね。
ワタクシの場合は一応9回の施術を週2回で、という先生の処方なので、訪問で還付されるのが17.80ユーロなのでとりあえずこの方も同じだけ還付と想定して35ユーロから17.80ユーロを引けば17.20ユーロ、それを9回となると家の負担金は154.80ユーロとなる。フィックスだと22.65ユーロから還付の17.80ユーロを引くと4.85ユーロ。9回分で43.65ユーロ。ま、110ユーロの差は大きいわね・・・。
そんなわけでワタクシのkinéは待機となったのである。Paul、早くいいkiné探してよね〜。ワタクシ痛いざます。シクシク・・・(泣)

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。