Le 203のランチ

まだ夏は終わっていなかったらしい、ブリュッセル。
今週は結構暑いざんす。段々日が短くなってきたってこともあり、朝はなんとな〜く薄暗いような曇っているような感じなんだけど、これがお昼に近づくにつれ太陽がサンサンと照りつけてくるんです。まあ人間ってわがままなもんで、お天気悪いとチッ肌寒いわ、と文句を言い、お天気良すぎるとあっつ〜と文句を言い。でも、せっかくの夏だったらあっつ〜の方がウレシイですね。あ、日本の夏のあっつ〜は嫌ですけど。
てなわけで、あっつ〜い一日だった水曜日、ヴァカンスから戻ってきてたJasmineさんと久々のランチ。ワタクシがレストランを探す役なんですが、目をつけておいたところがことごとくヴァカンス中でお休みという憂き目を見ましてね・・・。で、リストの最後の方にあったLe 203というSt. Gillesにあるレストランへ行くことに。ここは前々から評判が良いと言うことは知っていたんだけど、なんとなくBobo御用達的な匂いがプンプンしまして、ちょいと避けていたところがあったワタクシ。FBを見たら営業中とあったので、12時過ぎに到着。
最寄りのトラムの駅はHortaで坂を少し登ったところに何の看板もなくレストランが


番地が看板代わり。
っていうか名前のLe 203は番地にちなんでいるので、番地のプレートで十分OKなんだね。
入り口にはカウンターが


実はこのカウンターの裏、というか左側はキッチンになっていたんですが、このカウンターが真ん中あたりに鎮座していて、ワタクシ思わずキッチンの方を通り抜けてしまいまして、腕のあたりがやけに熱いじゃないかと思ったら調理台で鉄板みたいなのが熱を発してたと。でもお店のお姉さんはぜ〜んぜん大丈夫よ〜とお気楽な様子。
12時過ぎとあってワタクシたちが一番乗り。
お店の奥にははテラスが


日焼けがコワいアラフィフのワタクシたちは窓際の席で十分満足ざます。
ここは夜になるとアラカルトのメニューが結構面白いものを出してるみたいだけど、お昼は本日のお勧めのランチメニューのみ。
お品書きは壁のロールペーパーに


メニュー(定食)にはなっていないものの、アントレ4ユーロと4.5ユーロ、プラは12ユーロと13ユーロ、デザートは4ユーロ、と超良心的。いいね〜これ。どうやらレビューとかを読んでみても夜のメニューも4ユーロかららしいのでタパス的にアントレを取り分けて皆でワイワイってのも楽しいかも。
グラスワインを飲みながら店内を見回すと、こんなプレートが


昔の視力検査表(っていうんだろうか)。
オーナーはどうやらコレをコレクションしてるらしく少なくとも3枚は飾ってありました。しかし、カワイイんだけど細かいところが見えなくても形でスルーしそうで、あまり正確な視力は測れないんじゃないかな〜。
などとおしゃべりしてるうちにアントレ


イチヂクにリコッタ、スペルト小麦。
さわやか〜。夏はイチヂクがオイシイですね。このスペルト小麦がまたプリプリしていい仕事します。ワタクシこれが大好きなのでリコッタと合わせてやってみようと思いました。
そしてプラはこちら


まずはJasmineさんの鶏。
Raz el Hanoutというクスクスに使われるモロッコのスパイスで味付けした鶏のモモがゴロンゴロンと3本(しかもでっかいの)。クスクスの下にはプルーンのピュレが仕込んであるそうな。これが結構美味しかったんですって。しかし、かなりのボリュームでJasmineさんギブアップ。ドギーバッグでお持ち帰りに。でもちゃんとお持ち帰りを勧めてくれて気が利いてるね。
ワタクシのはコレ


Maigre(コルビナって言う名前ですって)という白身の魚の蒸し焼きにロケットのペストとショートパスタ。
これまたなかなかのボリュームだけど、蒸し焼きなので結構サクッといただける。味付けもさり気なくて美味しかったんだけど一つ難を言えばケイパーがちょっと多かったのか塩分に敏感なワタクシには若干気になるところ。それを除けば13ユーロでこのボリュームにお味ならかなりコスパが良いんじゃないかと。
いやいや、ピンチヒッター的な感じと思いきや代打ホームランかっ飛ばした感じで大満足だったワタクシたちでありました。
さすがにこのお天気でテラスはあっという間に満席、店内もほぼ埋まってて人気のほどが伺えましたね〜。また来ようっと♪

Le 203
203, chaussée de Waterloo 1060 Bruxelles
tel: 02 539 26 43

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook3Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。