Seanのピアノ発表会

Parisから戻ってまいりました。
いや〜今回は良く歩いたわ〜。どうしてこんなに歩いたのか自分でもよく分かりません(笑)。多分いつもより歩きやすいスニーカー(でもIsabel Marantのですけど・ムフッ)だったからか?などと思ったり。なにしろバレエシューズでも親指の爪が死ぬワタクシ、ラクな靴に越したことはないと実感しましたです。
さて、Parisネタはまた後ほどいうことで、先週土曜日にあったSeanの初めてのピアノ発表会をご紹介。
ダンスの発表会は去年経験済みだけど、あれは団体だったからね。一人でon stageってのは今回が生まれて初めての経験のSean。去年から発表会用の曲を先生に選んでもらって(2曲)一生懸命練習しておりました。曲の方は暗譜まで結構早かったんだけど、問題はお辞儀ね。半分ベルギー人だけあって日本人並みに頭低く45度位の角度でお辞儀するっていうのはなかなか難しいらしく、最後の1ヶ月位はお辞儀の練習も必死でマスターしてました。
土曜日は補習校があるので家に戻ってる時間がないのでそのまま会場に直行。Gare du Midi前の少々怪しげな場所にあるもののこのピアノ店、やけに綺麗でそれはもう素晴らしかったです。Paulが車を駐めに行ってる間にコンサート会場の方へ行くと、既に参加者&その家族がそこそこ集まっていてリハーサルの真っ最中。Seanと入って行くといきなり先生が「Seanくん、弾いてみる?」。おっといきなり来ましたね。この辺りはおこちゃまだけに躊躇せずさっさとピアノに向かうSean。
さあどうだ

DSC_4344
なかなか様になってるじゃないの(親バカ)。
リハなのでここぞとばかりに接写しまくり

DSC_4349
しかしですね、初発表会でSteinway&Sonsですよ、奥さん。ワタクシだってこんなピアノで弾いたことないもんね。Sean7歳、ううむ贅沢過ぎる、いや激ラッキーです。いいな〜ワタクシもこんなすごいピアノで弾けてたらもっと長続きしてたんじゃないだろうか・・・(15歳で止めましたのでね)。やっぱり音がいいんだこれが。Seanでも上手そうに聞こえるもんね。先生が耳打ちされたところによると、いつもはYAMAHAの普通のグランドピアノなんですが、今回はどういうわけかBozarとかに貸し出してるSteinwayだったんだそうで先生もビックリされたんですって。そりゃそうよね〜。
が!どうしたわけかSean先生今まで間違えたりしてなかったところでつまづく!オイオイ大丈夫?と心配しつつ本人は至ってクールで2回ほど練習してリハ終了。
発表会開始は2時半なのでそれまで休憩しつつ、この先生を紹介してくれたママ友Mibさんの息子くんYくんと一緒にふざけたりして開始を待つ。それにしても、Yくん、発表会の曲の一つが有名なアラベスクだったんだけどMibさんが「リズム感がないのよ〜」なんて嘆いていたので大丈夫かしらと思ってたらアッと驚く上手さでたまげました。彼はピアノ始めて2年目。来年はSeanもYくんくらい弾けるようになるのかしらん。頑張ってね〜。
さ、いよいよ発表会開始。
Seanは3番目。
ハイ、Sean、出番よってコラ!いきなりピアノに行っちゃたよ(汗)。ワタクシ焦りまして小声で「ちょっと、Seanお辞儀してないよ!」と呼び戻しました・・・ああ・・・(泣)。
気を取り直してエヘヘ・・・とお辞儀

DSC_4362
しょっぱなからやっちまたね、キミ。
よ〜し、じゃ頑張って弾くのよっっ!

・・・あ、ビデオご覧になってお分かりかと思いますが、Seanってばいきなり1オクターブ上から弾きはじめましてですね・・・。椅子の上でガク〜っとずっこけました、ワタクシ。先生はどういうリアクションされたんでしょうか・・・。いやはや。でもってSeanったら「アん!」って(爆)。あんだけ先生に間違えても声出しちゃダメよって言われてたのにまんまと出してるし。後でどうして間違えちゃったの?と聞いたら「(ピアノが)大きいから分かんなくなっちゃったの」って。そうなの・・・(ガックリ)。
しかし、ここからがSeanの肝っ玉の座ってるところなんですが動揺もせず、1回だけトチったけど最後まで落ち着いてちゃんと弾けたので、いやもうホッとするやら感動するやらで複雑な心境になったワタクシです。キミなんかやけに度胸あるんだね。感心したわ。
弾き終わってホッとしたのか満面の笑顔

DSC_4367
最後のお辞儀は忘れませんでした(笑)。
いや、良かった無事済んで。
それにしても、こっちの発表会って日本のピアノ発表会に比べると緊張感が少ないっていうか。なんて言うかアレですね、発表会なんだからさ〜もっと練習して来ようよ、と思わず言いたくなっちゃうレベルなんですね。これにはビックリしました。ワタクシがピアノやってた時は発表会といえばそりゃもう間違うのはご法度的な雰囲気があって、なんかこう独特の緊張感が漂ってたものですが、今回の参加されたお子さんたち、ま〜間違うわ間違うわ、ねえねえちゃんと練習してる?と突っ込みたくなるような出来でしてね。それを思えばYくんやSeanは上出来で、Yくんなんか前半の子供たち(12,3歳以下かな)の中ではダントツで上手でした。やっぱり、日本人は熱心さがベルギー人とは違うんでしょうかね。真性ベルギー人(日本人と言ってもハーフの子たちが大部分)の人達なんか自分の子供の出番が終わって途中の休憩時間の時にとっとと帰っちゃったもんね。日本だったらありえな〜いと思うんですが。
発表会が終わって記念撮影

DSC_4378
カメラ目線でニッコリ。実は本番中にカメラの方向くんじゃないかと内心ヒヤヒヤしていたのは内緒です(笑)。
これを機会にSeanもピアノ頑張ってくれるようになって欲しいものですね。少なくともYくんの演奏には少なからず影響を受けてくれたんじゃないかとひそかに期待している親バカのワタクシです。
ま、こんなことしてるうちはまだまだ・・・

DSC_4382
頑張ってくれたまえよ、Sean。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook2Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。