Sean負傷・・・

あっつい毎日ざんす、ブリュッセル。
暑いだけなら良いんですけど蒸し蒸しして夕立が来そうで来ない、いや来る・・・みたいなはっきりしないお天気でいやすっきりしないわ。お天気はまあまあ良いんですが。この全仏Open(Roland Garros)やる頃って毎年やたら暑い。1年の暑さのピークが5月末っていうのがこの数年のトレンドみたいです。
さてこの暑いさなか、Seanが怪我しましてね・・・。
先週土曜日のコンフィルマシオンが無事終わり、日曜日はお友達とのバースデーパーティー(これについてはまた後ほど)も済んでやれやれ怒涛の5月もやっと終りね、と思っておりましたら月曜日Seanが学校でサッカーをしているときに足を引っ掛けられて足首を捻ってしまったという。その日の夜は痛いな〜というくらいで普通に歩けていたのが翌朝起きてみれば腫れて赤くなってる上に歩くと足引きずって痛いと訴えるくらいまで悪化。こりゃマズいわということでPaulに朝いちで病院の救急に連れて行ってもらいました。
そしたらやっぱり捻挫でギブスかテーピングか選んで、と言われてSean迷わずギブスをチョイス。どうやらギブスに松葉杖ってのに憧れてたらしい。いや〜ギブスなんてワタクシだって生まれてこの方したことないわ。
しかし、この憧れが仇になった模様・・・。
初日はまだ良かったもののこの暑さで昨日の夜はギブスの中が蒸れて痒くなったSean、かゆい〜かゆい〜とむずかるのなんのって。しかたないのでワタクシ孫の手を進呈


コリコリと掻いとります。しかし足の裏のへんはどうするか


痒いよね〜。気持分かるわ。
そして今朝。いつもより早めの8時ちょうどに家を出発してみたらこれがもう苦行以外の何物でもありませんでね・・・。我が家の前の道は学校へ向かう方は上り坂。なれない松葉杖と朝から少々蒸し暑く(20度)あっという間に汗だくになっちゃったSean。途中で隣家のドアの前の石段に座り込んで半べそかく始末。かわいそうになって「ママがおんぶしてあげる」と提案してみるも、小学5年生男子は少々恥ずかしかったのか拒否。そうか、イヤか(内心ホッ)。もうそのまま家に戻ろうかと真剣に考えたんだけど、気を取り直して立ち上がり健気になんとか歩き続けたSean、半べそかきかき学校到着。結局若干遅刻して教室へ。この教室がドンジョン(塔)の2階にあるんで階段を登るんだけどSeanったらお尻で登ってった(笑)。いやもう汗だくでしたよ、Sean先生。
ここで先生に会ったワタクシ、即座に「先生、明日はちょっと休ませようと思います」と。Seanの様子を見た先生も「確かにそのほうが良さそうです」と即答。明日は家で静養ということに。
そして下校時。またワタクシがお迎えに。Seanが朝の約束通り事務所の前のベンチでちゃんと待っておりました。どうやらクラスのみんなが何かと助けてくれたらしく、だいぶ元気になっていたのでホッと一安心。
帰り道も慣れぬ松葉杖でヨロヨロと


なんだか目がうつろだね。
ギブスの方の足が良い足の方に当たっちゃってまともな方の足首が痣だらけですがな・・・。
救急のお医者さんによると全治10日だそうで、来週の水曜日か木曜日にギブスは取れるそうなので、それまでなんとか耐えるしかないSeanではありますが、幸い明日学校休めば週末なので、まあおとなしくしてゆっくり養生してもらいましょう。
お大事にね、Sean。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です