Wringer & Mangleで遅めのランチ

引き続きLondonイースト。
Palm Vaultsでお茶をした後はブロードウェイマーケットやらその周辺のマーケットをサクッと見て(もう終了間際だったのだ)そんなに混んでないところへ行こうとてくてくと。
Mちゃんはこのあたりのレストランをあれこれ知ってはいるものの、土曜日とあってどこも混んでいると思われ、少しメインストリートから離れたところにあるWringer & Mangleへ行くことに。
うん、確かにそんなに混んでなさそう


ちょっと肌寒かったけどお天気がまあまあだったのでテラスに落ち着くことに。
店内を覗くのを兼ねてちょいとおトイレへ


ここもなんとなくインダストリアルな雰囲気で、そこになんとなく田舎風な味付けがされてるような。
さて、ここの常連Mちゃんオススメはトリュフ風味のフリット。ほ〜トリュフ風味ね〜。すんごく美味しいのよ〜💖とMちゃんが大プッシュするのでまずはそのフリットを。
そしてナスとモッツァレラのコロッケ


ソースも微妙なスパイシー感で乙な味。
トリュフ風味のフリットは、うん、確かにトリュフの味がほんのりしましたね。トリュフだけにベルギーのガッツリ系フリットとは違ってお上品なんですの。でも、ちゃんとカリッと揚がってて良ござんした。
ナスとモッツァレラのコロッケもふんわりサクッと美味でして、このソースがナスにまた合うの(フリットに付けてもウマいのよ)。
そしてあと一つオーダーしたのはサラダ系


エビにマンゴーにネギなんかが入ったちょっとアジアンなサラダ。
小さな芽がいっぱい入ってたんだけどこれはどうやらコリアンダーのスプラウトだったらしく、コリアンダー(パクチー)苦手なMちゃんは一生懸命避けておりました。
実はシーザーサラダをMちゃんはオーダーしたかったんだけど、品切れでこのサラダにしてみた訳ですが、どうやらMちゃんは初トライだった模様。ワタクシパクチーは嫌いじゃないんだけどこればっかりってのも飽きるので少々残しちゃったけど、エビはプリプリで美味しかったかな。
料理もそこそこ美味しいのでマーケット帰りのご近所さんらしきお客で結構賑わっておりました。サタデーブランチやらサンデーローストもありできっと賑わってるんだろうな〜。

Wringer & Mangle
13-18 Sidworth St, London E8 3SD UK
tel: +44 (0)20 3457 7285

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です