セルフPCRテスト初体験

セルフPCRテスト初体験

いや〜日曜日のMade In Asiaの蜜さ加減はすごかったね〜とSeanと話しておりましたら、なんとその日のSeanのインスタでクラスの女子がまさかのコロナ陽性宣言。おっとこれは学級閉鎖か?と思いきや、Seanの学校はクラスに二人出たら閉鎖ということらしく、Seanのクラスメイトたちはぬか喜びをした模様(笑)。
そしたら翌日の月曜日学校からメールでSeanのクラスにポジティブ発生との連絡が。まあウチはSeanからの情報で知ってたんで、ハイハイという感じでその日はスルー。でも、Seanは先週末あたりから風邪気味で咳したり鼻水が出たりで(プール帰りに髪の毛が濡れたままで冷えた疑惑)クラスの女子の感染を聞いてからはちょっとこれは怪しいんじゃないかと思い出したワタクシたち。昨日はPaulが喉が痛いとかで学校を休むと言い出し、ますますコロナ感染疑惑が膨らんじゃいましてね・・・。
実は夏にドイツに行ったときにJさんが連れて行ってくれたでっかいマツキヨみたいなお店でセルフ検査キットが安く売ってたんで2箱ゲットしてきておりまして。

何かあったときにはコレで!みたいな感じでキープしていたものの、なかなか使う機会がなかったのである。でもって、この手のものにわりと懐疑的な反応をするPaulが「こういうのは自分でやるのは危ないからテストに行ったほうがいい」とか言うんでますますタンスの肥やしになりそうな勢いだったんですが、もうこれは使うなら今でしょってんで、まずはワタクシがモルモットになりますわと朝イチでテストしてみました。
これがドイツでゲットした検査キット


パッケージにはドイツ語と英語で表記。
中身はコレ


綿棒、溶液を入れるスポイト兼用の容器、溶液、そしてプラケット。
ワタクシ日本へ行く前とこっちに戻ってくるときにPCR検査をしたんですが、綿棒はもっと長いのでか〜な〜り奥の方までぐりぐりとやられましたが、これだと2.5cm入れれば良いらしい


トリセツはオールドイツ語でちんぷんかんぷん(笑)。でもイラストがあるんでまだマシ。
2.5cmっていったらそんなに奥まで入れなくても良いんじゃないの?と思ったんですけど、これはやっぱり鼻骨のあたりまでぶすっと突っ込んでぐりぐりやらないとダメよね(だってこの間France2でも入り口の方だけじゃ意味無しと専門家がバッサリ切ってたし)と涙が出るくらい突っ込んでこれでもかとグリグリやりましたわ。いや痛かった・・・(泣)。
次はその鼻に突っ込んだ綿棒を溶液を入れた容器に入れて5回くらいかき回して1分待つ。そしてその溶液を今度はプラケットに3滴垂らすのね


下の方に写ってるのが溶液垂らし済みのプラケット。
このプラケットなんですけども、液を垂らしてしばらくすると窓がじわじわとピンク色に変色してくるんですの。いや〜これが最初は、え?もしやこれはポジティブざんすか?と一瞬焦るものの、どうやらこれは準備段階らしく、窓が全体的にピンクに染まったらいよいよ検査開始ということみたいざんす。
そして待つこと15〜20分


ドイツ語読めないけど15-20 minってのは解るもんね。
取説によれば、プラケットにCとTっていうのが書いてあってネガティブだったらCだけにラインが出る。もしポジティブならCとTの両方にラインが出るとな。Tだけしかラインがでなかったりラインが全然出なかったらそれは検査失敗ということらしい。ふ〜ん。
さて、20分しっかり待って結果はどうよ


当然ネガティブ🎊
いやいや・・・ワタクシがポジティブだったら世の中の人全員ポジティブざんすよ(強気)。実はワタクシ気のせいかもしれないんだけどあのMade In Asiaの人混みを体験したあとでなんとなく喉がいがらっぽいようなそうでないような感じがしてたんでちょっと嫌な気分ではあったんです。まあでもこれでネガティブだってお墨付きになったんで一安心。
そこへPaulがのっそりとやってきたんで、ネガティブよ!と誇らしげに宣言してみたら「ボクもやろうかな」ですと。え、アンタこういうのは専門家に任せるべきとか鼻息荒かったじゃないのと言ってやったら、電話で学校の同僚にお休みするのを伝えたときに、その同僚の娘が自宅で検査キット使って調べたらポジティブで、そのときに綿棒はそんなに奥まで入れなくてもできると聞いたらしく、それで安心してヤル気になったらしい。ちょっと〜ワタクシがやっても大丈夫と言ってもヤダって言ってたのに他人が平気って言うとヤル気になるってどうなのよそれ。なんかムカつくわ。ワタクシがぶうぶう言う前でキットを前にえ〜とえ〜ととやってるんでワタクシイラッとしちゃいまして手伝ってやるつもりはなかったんだけど(だってムカつくじゃありませんの)仕方ないからホラ次はコレやってとか教えてやってなんとか終了。結局Paulもネガティブ。今日はPaulは学校へ行きました(トーゼンでしょ)。
じゃあ残るは肝心のSeanのみ。半日で帰ってきたSeanにパパもママもテスト自分でやってネガティブだったからキミも自分でやってみたらと言えばあっさりやると。しかもママやってくれる?なんていつも言うくせに自分でやるって。アラそうなの?もしやワタクシにされるのがコワいのね?(笑)
そんなわけでワタクシが準備してあげたキットを前に鼻に綿棒を


白目向いてるし(笑)。
Seanは鼻の奥の奥まで入れないといけないから怖かったらしいが、一応2.5cmだけだからと言ったら安心したらしく、それでも綿棒の2.5cmのところに印を付けて指をその印のところで持って指が鼻に触ったら到達したというやり方に。しかしね、それでもやっぱり怖かったみたいで超ビビりまくって採取するまでにゆうに10分くらい綿棒を出したり入れたりでそりゃもう大変でございましたよ。そんな苦労してやった検査の結果はめでたくネガティブでこれで一家3人全員ネガティブでやれやれ一安心。
このドイツのキット、ホントに安くて5回分入って一箱5ユーロかもしかしたらそれ以下で棚に残ってた最後の2箱をワタクシが買い占めたんですけども、もっとあったら爆買いしたかもしれないざんすね。だってこっちだったら1回分で3ユーロ以上するんで、さすがメディカル関係はドイツは安いざんすね。ウラヤマシイ・・・。こっちも早く安くならないかしら。

ランキングに参加しています!皆さんの愛あるポチをよろしくお願いいたしますね💖
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらも↓ポチッとヨロシク💖
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

読者登録もお願いいたしますね💖
ブリュッセル。超私的なブリュッセル・ベルギー案内 - にほんブログ村

Related Post

Comments:2

  1. Paulがやってるのを見てたらそれほど痛そうじゃなかったですよ。
    自分のはかなり奥の方まで突っ込んだんで涙ちょちょぎれましたが(笑)。

  2. うわー、散々今まで検査してもらったけれど自分でってのは勇気がいりますねぇ。
    2.5cmってのは全然痛くない長さなんですかねぇ?
    何度か痛い思いもしてるので怖くて自分ではできませーん><
    Sean君もお疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です