ソーシャルディスタンシング@ご近所

ソーシャルディスタンシング@ご近所

みなさ〜ん、ソーシャルディスタンシング守ってらっしゃいます?
ソーシャルディスタンシング、フランス語ではdistance sociale – ディスタンスソシアルですね。
どうやらソーシャルディスタンシングとソーシャルディスタンスがまぜこぜで使われているみたいですが実際ソーシャルディスタンスっていうのは特定の個人やグループを排除するという社会学用語で、ある意味村八分的な意味合いがあるみたいなんですね。公衆衛生のために人と人との距離を取るっていう意味ではソーシャルディスタンシングが適当なのかなということで。
今日のHuffington Postのニュースを見てたらフロリダでビーチを時間限定で開放したら待ち構えてた人達が猛ダッシュで海に走ってビーチがとんでもないことになったということで。いや〜写真見たらバレーボールしてるわ、犬の散歩してるわ、泳いでるわで写真ではほとんど誰もマスクしてない、っていうかマスクをしてる人を探すのが難しい状態。確かフロリダはウイルス対策が遅れたんで批判されたんじゃなかったっけ?懲りない奴らだね・・・。こんな風だからアメリカは感染が収まらないんじゃないのかしらね〜。神奈川みたいに湘南に遊びに来ないで、くらい言わないと無理よ(言っても来る輩はいるだろうが)。
さて、我が家はソーシャルディスタンシングどころか外出をほとんどしていないんで人との接触はお買い物の時に限られるわけですが、世の中すっかり春で良いお天気が続いてるんでご近所ではお散歩してる人達をよく見かけます。
昨日は風が少々強かったけどやっぱり外に出る人達は結構いた様子


こちらはウチの前の道を挟んだお向かいのアパートにお住まいの方々。
ガレージ前に座って日向ぼっこしながら椅子のお手入れ中。そこにバイクのおっさんがやってきて談笑してるんですが、しっかりソーシャルディスタンシングで3m以上は空けておしゃべりしております。
はたまたこちらでは


Parc Montjoieの前に去年末にOpenして現在閉鎖中(Open早々コレで継続していけるんだろうか)のレストラン前で立ち話中の女性お二人。
一人はベビーカーなんでお子さんがいると思われますが、先のおっさんよりは間隔が近いですが2mほどの距離を空けている模様。この辺では皆さんそれなりにソーシャルディスタンシング守っていらっしゃるようでよろしいよろしい。
それでも、規制が5月3日まで延長になったのを潮になんとなく外に出てる人が増えてるような気がするんですが、これは期限がはっきりして(今回は前回と違い更に延長する日付が出なかった)もう大丈夫だぜ、イエ〜イ!みたいな気持ちの緩みの現れなんでしょうかね・・・。これでまた感染者増えちゃったりしなけりゃ良いんですが。
そう言えば、今朝YouTubeでストラディヴァリで有名なクレモナで日本人ヴァイオリニストの横山令奈さんがクレモナの病院の屋上で演奏した映像を観たんですが、コロナウイルスの最前線でテントや病室から医療関係者が手を休めて彼女の演奏に聴き入ってる姿を見て泣けてしまいましたわ・・・

まさにワタクシにとっては反則技のエンニオ・モリコーネのニュー・シネマ・パラダイスと来たらそりゃもう泣くしかないというね。いや〜皆さんも彼女の演奏を聴いてみてくださいまし。

ワタクシはラストシーンの音楽でいつも号泣してしまうのである😭

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です