Chateau La Canorgueのワイン

Chateau La Canorgueのワイン

プロヴァンスといえばワインの産地。
でもってロゼワインが美味しいんですよね〜。夏はキリッと冷えたロゼワインでクイッといくのがお約束。これに美味しいサラダでもあれば暑い夏もなんとか過ごせますわ。なんて思ってましたけど、今年の暑さ、特にプロヴァンスの暑さは冷えたロゼワインぐらいじゃどうにもならん暑さでございましたね。

みなさ〜ん、こちらを↓ポチッと応援お願いいたしますね✨

人気ブログランキング

こっちもね💕
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

ワイン関係はPaulの担当なんでヴァカンス前にコソコソと調べていた様子。ワタクシにはな〜んにも言ってなかったけどどうやら意中のシャトーがあった模様。
実は今回のリュベロンの村々を回るにあたって、だいたいの知られた村は抑えた、というか村をちゃんと散策したワタクシ達だったんですが、唯一有名どころで散策しなかった村があるんですの。それはBonnieux。しかしですね、このBonnieuxの村だけはもう嫌というほど通ったんで、もう歩かなくてもOKなんじゃないかという気分になっちゃったんですね。どうしてかっていうとリュベロンの村に行くのにこのBonnieuxをどうしても通らざるを得ないらしく、Seanと二人で「またBonnieuxか〜!」とぶーぶー言っておりました。いや〜少なくとも10回は遠たような気がするな〜。でもね、Paulが通るたびにガン見してたやたら見晴らしの良いテラスのあるレストランがあって、そこでちょっと1杯やりたいとPaulが言うんでついにセナンク修道院の帰り道に仕方なく下車をいたしまして


マンタロー(mante à l’eau・笑)でまさに1杯、のSean。
この1杯の後もここを何度も何度もそれこそうんざりするくらい通りまして、通るたびに「また1杯やるつもり?」と散々ワタクシ&SeanからからかわれてたPaulざんす。
そんなBonnieuxのはずれにあるシャトーがPaulが調べたChateau La Canorgue。

Paulの話を聞くと、どうやら彼の遠縁の叔父さん(本当の叔父さんかどうかは不明だがoncleと呼んでいるそうな)が若い頃このシャトーに泊まっていたことがあるという(間借りしてたのかも)ご縁があって、どうしてもここのワインが買いたかったんですって。
シャトーの敷地内にあるワイン直売所


この地下にカーヴがあるのかしらん。
お庭もなかなか素敵


ぶどうの樹が植わっておりました。
そんなにメジャーじゃないのかどうなのか、ワタクシ達が到着したときには一組のお客さんが帰るところ。平日は朝は9時から夜7時までノンストップで開いてるみたいなんだけど、ワタクシ達が訪れた日は土曜日、実は1時半過ぎに来たんだけどお昼休みで2時まで開かないって言うんで(お昼休みは2時間)出直したのでありました。
さて、お楽しみのテイスティング行ってみようか


赤・白・ロゼのオススメがずらり。
テイスティングをSeanも一緒にさせてもらったんだけど、何しろワインのテイスティングをどうやってするか知らないんで注がれるままにぐいっと全部飲んじゃってちょっと焦ったPaul&ワタクシ(汗)。
説明を軽く聞き流してたんですが、どうやら赤は数年寝かせたほうが良いらしいとのこと。寝かせておくのは白もロゼも同じなんだけど、こちらは2年ぐらいでOKだそうで、ワタクシ達は白とロゼをあわせて6本お買い上げ。
早速箱詰めしていただいております


ラインナップの並ぶ上にはワインボトルのランプが。
この暑さなんでワインが悪くなっちゃうから気をつけてね〜と言われましたが、幸いこの後は帰るだけだったんでトランクに入れれば大丈夫ということで安心安心。確かにこんだけ暑いとワインを売る方も味が劣化しちゃって売り物にならなくなっちゃうから気を使うのも当然ざんすね。
このワインたちは飲み頃まで我が家のカーヴで寝てもらうことになります。
さて、このシャトーがお昼休みだったんで待ってる間に暇つぶしでそのへんを周ったときに見かけた橋が大変なことになっておりましたびでご紹介


正確には橋の下、と言うべきか。
ええ、川があるはずが完全に干上がっちゃってるんざますよ。
こんなこともできちゃう


本来ならここは川底。
でも木が青々としてるんで、これは水があっても生えてるんだろうか。通常は土手と思われるあたりまでは水があるんだろうが、いやはやこれは酷い。
この端はPont Julienという紀元前3年に立てられたローマの石のアーチ


説明の絵を見ても元々そんなに水の量は多くなさそうですが。
奇しくもChateau La Canorgueの住所はRoute du Pont Julienざんす。
こんな風に川の水が干上がっちゃうくらい熱波で乾燥してたっていうことで、さすが熱波の危険地域ど真ん中だっただけありますわ。今頃は川の水はどうなってるのかしらね〜。

Chateau La Canorgue
Route du Pont Julien – D149, 84480 Bonnieux, France
tel: +33 (0)4 90 75 81 01

ランキングに参加しています!皆さんの愛あるポチをよろしくお願いいたしますね💖
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

人気ブログランキング

こちらも↓ポチッとヨロシク💖
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

読者登録もお願いいたしますね💖
ブリュッセル。超私的なブリュッセル・ベルギー案内 - にほんブログ村

Related Post

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です