いつもとちょっと違うハルの森 2018

すっかり初夏のブリュッセル。
ParisショートトリップのUPにかかりっきりでもう数週間前の話になってしまったんですが、今年もハルの森のブルーベルをちゃんと観に行ってきたワタクシたち一家。今年は暖かく、というかやたら暑くなったかと思ったらガク〜っと気温が下がって寒くなっちゃったりでブルーベルがなかなか満開にならなかったので本当はParisに行く前の5月の第1週に行こうかと思っていたのが先送りになり、結局再び暑くなった4月22日にお天気が良かったのでお昼過ぎに行って参りました。
おそらく前の週が見頃でアナウンスされていたのか、思ったほど混んでなくて駐車もサクッと入り口付近にできて一安心。
早速ブルーベルを愛でに出発。
勝手知ったるハルの森。ポイントへ向かって行くとブルーベルが・・・


ああ、いい香り・・・
まだ盛りは過ぎていなかった模様です


きれいな紫色でそりゃウットリ。
Seanも恒例の記念撮影


男子花背負って立つ。
ところで、ここで質問。Seanの写真に例年と違うところがあるのだ。何だか分かります?
ハイ、正解はSeanの腰のあたり。なにやら紐のようなものが写ってますよね。
なんというか興ざめなんですが、ブルーベルの群生しているところ一帯(おそらくほぼ全エリア)に縄で囲いがしてあったんです。去年まではこんなのありませんでしたからね〜(去年の様子はこちら)。こんなことしなきゃいけないくらい心無い観光客がいっぱいいるっていうことなんでしょうね。
実際こんな不届き者が


自分の愛犬の写真を撮るために堂々と犬共々縄をくぐって撮影会。撮る方も撮られる方も縄の内側ですわ。ワタクシよっぽど何か言ってやろうと思ったんですけどね。なんとなくしゃべってる言葉を聞いてたらフラマン語っぽかったし、こういう輩は誰かに注意されても屁とも思わないのが常。無駄な労力使うよりは証拠写真でも撮ってこのブログで拡散してやれと思いましてガッツリ写真撮ってやったざんす。全く大したきれいでもない毛艶の褪せたフツーのゴールデンリトリバーなのにね〜。FBにでも載せるつもりなんだろうか。
それにしてもとにかく観光客がすごかったですわ。去年もやっぱりお天気だったので人出は結構あったものの今回ほど外国語飛び交ってなかったような。いやもうなにしろ中国人多いですわ。もうアレですね、中国人はどんなところにでも行くっていう感じなんでしょうかね。あと、イタリア人とかドイツ人とか英語圏の面々とか、って全部か(笑)。あ、もちろんワタクシのような日本人もいたのかもしれませんがどっちかっていうと少数派だったんじゃないかと。世界的にマナーの悪さで有名な中国人がこれだけ大挙して押しかけたらまあ柵で囲いたくなる気持ちも分からないでもない・・・。でも率先してルール違反してるのがヨーロッパの人間だったりするんだけど。
さ、気を取り直してブルーベル


満開。
こっちも満開


1年に1回のお花見なのであった・・・。
日本では桜でお花見なんだけど、ブリュッセルではブルーベルでお花見、ってことですね。
また来年・・・🌹

Hallerbos(ハルの森)
Vlasmarktdreef 4, 1500 Halle

シーズンになったら頻繁にチェックしたいハルの森の見頃がわかるサイト

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

Comments:2

  1. 毎年本当にきれいなんですよ〜。ただ、時期を外すとちょっと残念な感じになっちゃうのでタイミングを図るのがポイントなんですが。
    それにしてもこの縄は本当に残念で。さらにもっと残念な輩がいたりして。一度こういうふうにしちゃったらもう元には戻れないのかな〜。

  2. ステキー!うっとりしちゃう景色ですね。
    ところでこの縄・・・
    私なんてビビリなんでしたくてもこういう事は出来ないのですが
    ふとどき者はどこにでもいるもんで、、仰るとおりこういう人って
    注意してもものすっごく偉そうに言い返してきそうですよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です