セッション – Whiplash

なんだか寒いです、ブリュッセル。それでも辺りは花盛りで春ね〜という感じ。
さて、久々に映画ネタ。
今年のオスカーはワタクシ的にはノミネートされてた作品や俳優さん達が結構ツボだったので楽しかったんですが、その中でも一番好きだったのはやっぱり作品賞を受賞したバードマンですかね。マイケル・キートンがなにげにカムバックした感ありのこの映画、ううむ、好きだな〜。が、バードマンについてはまた今度改めて一筆と思っておりまして、今回はもう一つの作品賞候補になってた映画。
セッション

20150121_1003880
オリジナルのタイトルはWhiplash(鞭の一振り、またはドラム叩きすぎてなっちゃうというムチ打ち症状)。いや、これって言い得て妙なりのタイトルなんだけど、日本語のタイトルはどうしてこうなっちゃうんでしょうね。
実はどうしてお気に入りのバードマンじゃなくてこっちを先にしたかにはワケが。どうやらこの映画、前評判がやたら良くて、しかもオスカー3部門も獲っちゃったしってことで、みなさん期待してご覧になったみたいですね。でもって試写をご覧になった評論家の方々の中で「この映画はクソだ!」と「本年度上半期のベスト!」という真っ向対立の図があるそうで。へえ〜そんなに賛否両論の話題作ならちょっと観てみるかと、たまたまYoutubeでfull movieがUPされておりましたので(既に削除されちゃいましたがまんまとダウンロード済み)じっくりと観てみました。
あらすじその他は映画のサイトをご覧いただくとして、まずは感想ですが、「ま〜スゴい。」でしょうか。これがジャズの、音楽の映画であることをすっかり忘れてしまう根性ものですね、これは。皆さんたとえに出していらっしゃいますが「巨人の星」の星飛雄馬と星一徹の関係みたいなシゴキが延々と続くわけですが、これがまあイジメ以外のなんでもないというね。星一徹は我が子を巨人の星にするんじゃ〜!という親心がヒシヒシと感じられるところが、この鬼バンマスはパワハラ一直線でイジメまくる。

session_001
クソったれって。
主人公の男の子はドラムでボクは一流になるんだっっっという気持ちが強くてこの鬼バンマスのイジメを享受するわけですが、普通だったらこれは訴訟もんだよな〜と思ったりするの。だって、アメリカの話でしょ?アメリカはお前んちのハンバーガー食べてデブになったってマックを訴えたりする国なんだから、こんなことされたら速攻訴えるんじゃないだろうかと思うんですが。ま、そこんとこがMってことなんですかね。
何しろこれだから

m0000000765_X
むしろこうなるとホラー系

images

こんな顔して怒られたらコワいよ・・・
実際、ドラムを叩くのがもうこれでもかこれでもかと早叩き競争でもやってるみたいな、ほら、アプリの太鼓の達人みたいな(笑)感じなの。こんなに叩いちゃドラム壊れちゃうんじゃ?と心配するほどの叩きっぷりで終いには血しぶきで自分ちから舞台からスプラッタになるというね。
いや〜これって一生懸命っていうのを表現するのに血が出るまでやるってのは妙な達成感があるんですよ。ワタクシも子供の頃ピアノやってた時に指先が切れて血を出しつつ弾いてて、あ、でもワタクシの場合はあかぎれのせいだったんですけど(笑)なんとなくアタシ血が出ても頑張ったの!的な気分になってわざと血を拭かないで母が見るように仕向けたりしてましたっけね。きっと頭のなかで「苦しくったって〜悲しくったって〜」とアノ歌が流れるんですよ、こういう時って(笑)。
ほら、こんな風に

maxresdefault
ドラム〜の前では平気なの♪
まあ、でもドラムを叩きまくるように指導したり、その他の細かいところをプロが見ればちょっとそれはないでしょうよというところがあるのではないかと。こういうところがジャズ愛好家や専門家の方々から駄作とバッサリやられるということなんでしょうね。
ま、しかしですね、所詮フィクションですからね。有名なジャズ奏者の名前は出てくるにしたって実話じゃないわけだし、音楽根性物語と思えば楽しんで観られると思うけどな〜。だって映画ってエンターテイメントでしょ?誰もエイリアンとかゾンビ映画観てこんなのいるわけない!って怒ったりしないもんね。
だからそういう観点から言えば、この映画はすっごいハラハラドキドキして面白かった。このイジメっぷりとMっぷりがあまりに振り切れてるので観終わってなんだかもう一回観たいなあと思わせるというね。監督はまだ30歳になったばっかりっていうことですが、なかなか上手いんじゃないかと。
ところで、オスカーで助演男優賞をゲットしたこの鬼バンマス役のJ.K.シモンズさん、何かと半袖で上腕筋自慢してましたが、筋トレでもしたんでしょうか。Junoのときのいい父ちゃん役からはまるで想像がつかない役柄ですが

juno_3-770d5
渋い脇役俳優がオスカー受賞するのっていいですよね。
ワタクシ的には、セッション(個人的にはオリジナルの題名Whiplashの方が好き)はオススメですよ♪

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook2Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。