藤の季節

我が家のプチヴァカンス、Viroflay便りをちょっと小休止、最近のブリュッセルの様子など。
北国ブリュッセルも暖かくなったので(先週末はダウン無しでいられないくらい冷え込みましたが)花が一斉に咲いてそりゃもうキレイです。一年の中で一番良い時期ですね〜。
我が家のシャクナゲもあっという間に満開

IMG_7284
シャクナゲはフランス語でRododendron(ロドダンドロン)と言うんですが、ワタクシこの名前を聞くといつもウルトラマンに出てくる怪獣を想像してしまうんですの。ウルトラマンと言ってもワタクシのは昭和にリアルタイムで観ていた方ですがね(ウルトラQが怖くておトイレに行けなくなった記憶が)。
今一番の盛りと咲き誇ってるのは何と言っても藤。道を歩いてるとふわ〜んといい香りが漂ってきてお散歩したくなる。ワタクシがお気に入りの界隈place Brugmann方面へ行く道にはこの藤を這わせているお宅がやたら多い。しかもこの道だけ何軒も競うように這わせてるの。これってアレかしら、最初に植えたお宅の藤が素敵だったのでよっしゃワレも負けてなるものかと植えたんでしょうかね。
そのとおりとはrue Général Mac Arthur(ジェネラル・マッカーサー通り)というやけに勇ましい名前の通り。ちなみにこのマッカーサーってのをフランス語読みにするとマッカルチューって聞こえるのでいつも笑いを堪えるのが辛いワタクシです。あ、でも自分で言う時もそうやって発音しないといけないので何食わぬ顔で言ってますが。
そのrue Général Mac Arthurをトラムの操車場のあるロータリーの方から入って行くとまず最初のお家の藤

IMG_7208
ここんちの藤が一番立派できれいです。恐らく最初の藤はここではないかと勝手に想像。
お次はこちら

IMG_7235
1軒目を見た後では若干貧弱な感じは否めないものの、ま、とりあえずキレイです。
更に進んでrue Venderkindere(ヴァンデルキンデル通り)を越えると通りの名前が変わって今度はrue Edmond Picard(エドモンド・ピカール通り)。
1軒目

IMG_7233
ちょろちょろっとね。
2軒目

IMG_7231
立派なお掃除の行き届いた(壁がやたらキレイ)お宅ですね。
3軒目

IMG_7229
ここのはがっちり閉ざした門の上。でもよく見ると邸内にも植わってる様子。
実はこの2つ目の通りって瀟洒なお屋敷が多い通りでして、Venderkindereを超えるとセレブ度が俄然増してくるというね。恐らくこの界隈をブイブイ言わせてるリッチ族がお住まいなんじゃないですかね。
そんなわけで、この季節いい香りを放つ藤が沢山観られる通りをご紹介しました。この通りの先はショッピングスポットでもあるのでお散歩がてらプラプラするのもまた楽し♪

rue Général Mac Artur

rue Edmond Picard

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。