Bowery

お隣のリッチな小国リュクサンブールの大型セレクトショップ(きっとオーナーは大金持ち)が初めてベルギーにopenしたというSMETS内にあるダイニングスペースBoweryへ友人とランチ。
さて、大型セレクトショップというだけあって中心部空少々離れた立地でワタクシにとっては未開の地と言ってもいいSchaerbeek(スカルベーク)地区のMeiser(メイゼ ー- 全くどうしてこういちいち発音しにくいの、ベルギーの地名って)というところにあり、これがトラムで家の最寄りの駅から30分かかる。気合い入れて行かないと行く気になれないロケーションなのであった。
初めての場所なのできょろきょろしちゃったけど意外と分かりやすい場所にあったので一安心。これなら一人でも来れるかも。レストランの入り口は向かって左にあって、エレベーターで2階まで登るとどど〜んとだだっ広いスペースが開けます。ちなみに地上階はcafé、1階はbarになってます。このレストラン月曜日に営業(月曜日にお休みじゃないレストランは結構レア)してるわりに土曜日はプライベートのイベントオンリーだそうで、なるほどそれで広いスペースなんだ、と納得。でも土曜日に普通に営業しなくて平気なのかい?と心配しちゃうくらいの入りでしたけど。それでも、「予約されてますか?」と聞かれてしてないと伝えたら一応予約なし用の席に案内された。ま、ルーティーンね。
店内はこんな感じ。


おっしゃれーな感じになってますが、暗いムーディーな感じにしてあります。で、12時半ちょい前でお客は私たちと後から来たカップルの2組だけ。メニューを渡されて選んでるとあっという間にアミューズが出てきた。は、早っ。


ランチは2皿のコース(アントレ&プラ、またはプラ&デザート)か3皿のコース。ここはメイン(プラ)に魚か肉かの選択肢があってお肉NGのワタクシには嬉しい限り。
迷った挙句結局プラ&デザートに。プラには魚、そしてデザートはチェリーのタルト。
いやしかし、ここのサーヴィスって超早いのでちょっとびっくりしました。オーダー入れてあっという間にでてきちゃった。あらかじめ作ってあったんじゃないかと・・・。まぁ、魚はたたきみたいになっていたのでそれほど時間はかからないとは思うけど、それ以外の付け合わせのポレンタとかは作ってあったよな、という感じ。


とはいえ、なかなかおいしかったので二人とも完食。この魚、boniteというんだけど白身の魚だっていうだけで良く分からず。名前がなんとなくブラジルっぽい。
そういえばここのパンが結構おいしかった。特にグリーンオリーブの入ったフォカッチャは中もちもちでぺロりといってしまいました。しかし、またまたこのお皿を下げるのが早いのなんのって、フォークとナイフをそろえた瞬間に横からさっとやってきて持って行かれました。すごいね〜一昔前の日本みたい。別にそんなに回転速くする必要ないんじゃないかと思うんだけど。
そしてデザート。


ここの盛りつけはどれもなかなかきれい。なんだけど、このパイが固くってフォークとスプーンじゃなくてナイフ持ってきてほしかった。まぁ、食べれましたが。このチェリーはおいしかったです。多分たっぷりキルシュに浸してあると思う。ついでにパイもなんかに浸しておいてほしかったなぁ。
そしてまたささっと片づけられて、最後はカフェ。プチフールはフィナンシェとマカロン。


最後のカフェだけはほっといてくれてダラダラとおしゃべりできました。
なんだかんだと食べてる間にぱらぱらとお客さんが入っていたらしく、多少は席が埋まってる様子だったけど、いかんせんテーブル数が多い、というか広すぎて効率悪そうだな〜という印象。夜の方が賑わうのかも?お昼はきっとこのあたりのオフィスの人がビジネスランチに使ったりお買い物しに来たお金持ちが食べにくるんじゃないだろうか。
それを証拠にお会計のときに頼んでもいないのにオフィシャルの領収書が付けられていたので社用族向けだな〜と(普通頼まないと出てこないことが多い)。
さて、お腹も膨れたし、折角だからshopでもみて目の保養をしようとまずは地上階へ。
ば〜ん


広いな〜。まるで倉庫みたい。人がいなくて貸切っぽいんですけど・・・。女性二人連れが2組ばかりプラプラと見て回ってるだけ。商品はなかなか面白いセレクトだったのでもうちょっと人が入ってればいいのにな〜。おしい!
地上階はアクセサリー関係(バッグ、靴も含む)、メンズ、家具、コスメ、そして雑貨ちょろちょろでどうしたわけかMariage Frèresのお茶がちょっと珍しいタイプのばっかり並んでて一瞬買おうかと思ってしまった。
1階へ上がるとレディースの服


ブリュッセルのセレクトショップ(ブリュッセルは結構コンサバ)お決まりのPradaとか普通のブランドはなくて、毛色の違うセレクトで面白い。知らないブランドもあったりして。セレクトはなんとなくL’Eclereurっぽいかも。で、インテリアはバンブー使ったりしてパリの左岸に出来たHermèsを意識してる感じ。欲を言えばメディア関係があればいいのにな、というところ。Coletteとは違うぞっていうことですかね。
時間が来てお店を後にして友人と一言「次はセールに来るかな〜」(笑)。
でも、色々あって楽しいので覗いてみる価値はあり。

Bowery / Smets
650, chausée de Louvain 1030 Bruxelles
tel: 02 325 12 90

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。